上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

幼馴染とパスタランチデート

シルバーウィーク2日目。

実家へ向かう途中の風景、彼岸花が咲き乱れてます。
c0069036_15405846.jpg
本日は幼馴染Iちゃんとランチデート。ふたりのそれぞれの実家から車で5分もかからないところにある人気のイタリアンのお店を予約してました。

パスタランチ。@1,500円にひとり分のデザート400円を追加。パスタは2種を頼んで仲良くシェア。
c0069036_15405851.jpg
c0069036_15405887.jpg
c0069036_15405869.jpg
c0069036_15405909.jpg
c0069036_15405912.jpg
デザートは、シェフがトリノでよく食べていたという(お店のFB情報)、ヘーゼルナッツとチョコレートのトルタ。これも分け合う。わたしはホットコーヒー、Iちゃんはジンジャーエール。

「久しぶり~」な再会(おそらく2年ぶりくらい?)だったのだけれど、一緒にあちこち行してたころのままの空気に即戻ることができるるのが幼馴染のよいところ。話題の一番はお互いの家族の近況、なのも幼馴染ならでは、ですね~。

Iちゃんは仕事をやめてただいま長い休憩中。前職の最後のあたりは駅に着いて職場に向かおうと思ったら苦しくなるくらい精神的にやられていて、やめたとたんすっかり治まったという。かつて「おそらくわたしの方が元気で長生きしそうだから老後はしっかり面倒みるよ」なんて宣言していたけれど、「いや、現在進行形で日々精神的にやられているわたしの方が多分早死にするから、その約束は果たせない」と告げる。Iちゃんはそれくらいストレスフリーな表情でした。「でもそろそろ仕事に就いた方がいいかもね」とも伝えました。

1時間半くらいお店に滞在(外には待っているお客さんも!)。前回ふたりでイタリアンチェーン店でパスタコースを頼んだときは全然食べきれなかったけれど、今日はきれいにたいらげる。「素材とか油がちがうのかしら?」ごちそうさまでした。

しかし歳を重ねるにしたがって、女友達との約束は実現しにくくなるよね。生活環境が異なってくると、悩みの種類もちがって共通の話題がなくなるから。

実は、今回Iちゃんに会う前は「どんな話題になるのかしら?こういう話はしないほうがいいのかな」なんて考えてもいて、でも実際会ったらそんな心配はご無用、でした。やっぱり根っこの部分が合うからずっと付き合ってきたし、お互いの性格も知り尽くしているしで、安心感が大きい。わたしの仕事の悩みなんてきっと細かくはわかってもらえないだろうけれど、それでも「今仕事がつらくて」とは言えるし、ただただ聴いてもらえるだけでありがたい。

次回再就職祝いかな?







[PR]
by yu_ppie66 | 2015-09-20 17:37 | まったり休日 | Comments(0)