上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

力尽き

やり残したこと、気掛かりなことはいろいろあれど、思いきって午後から代休。実はローンの申請をしないとそろそろやばいんです。

メインバンクである東京×菱のローンコーナーに相談に出掛け、「今週中に申請しないと日程的に厳しい」と言われて、焦る。いったん部屋に戻って車を出し、実家のある市役所に印鑑証明と住民票を取りに行き、実家に顔を出し、看病疲れしてそうな姉の陣中見舞いに立ち寄り、思いたって髪を切りに行った。さすがに力尽き、義兄のお見舞いは省かせてもらう。(しかしここ数年わたしは住民票をいったい何通取っていることか・・・。)

c0069036_2015411.jpg当然晩ご飯は作る気力なく、野菜ジュースとパン。気がつけばお昼も抜いていた。

「マンション、マンション、るんるん」と浮かれていたけど、実際試算された毎月の支払い額を目の当たりにして現実を思い知る。10年、ボーナス月加算なしの予定なので月々の負担は今の2倍。さすがにきつい。「10年で払いきるの?男前~!」なんて言われるけれど、同僚の男の子たち(妻子あり)が35年ローンを組むなんて言っているのを聞くと気が遠くなる。あと10年は絶対働かなきゃならないのね、と覚悟決めるだけでもかなりブルーなのに・・・。

c0069036_20195254.jpg同世代の担当美容師K氏(わたしのなかのカリスマ美容師)ともずっとマンション購入の話で盛り上がる。
カットの技術はもちろん、会話の中身がきちんとある点が彼を指名する理由。よく働き、よく遊び、そしてよく学ぶ。本当にステキ。
[PR]
Commented by emi at 2005-09-15 23:10 x
お疲れ様です!!
先輩にも「カリスマ」がいらっしゃるんですね!
私の「カリスマ」は中国人なのでお話ができません・・・。
いつも、美容室の前を通るとき、旦那ちゃんには申し訳ないんですが「カリスマ」姿を探してしまいます・・・。まるで中学生のよう><
中国語が話せるようになったら是非「カリスマ」に髪を切ってもらいたいです^^
Commented by yu_ppie66 at 2005-09-15 23:25
★emiさん
美容師さんとの会話は疲れることもありますよね。中身のない会話されると本当にぐったり。「お願い、黙って切って」と言いたくなります。
その点、ウチのカリスマはいいかんじなんです。
中国の美容院での洗頭はいつも適当なあいづちとあいまいな笑顔で乗り切っています。
by yu_ppie66 | 2005-09-14 20:29 | 戦いの日々 | Comments(2)