上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

我也太累了~

「わたしもぐったり~」そう言い合ってます。ふたり揃って残業も多いし、会議も多い。そして飲み会も。昨日はわたしがチームの歓迎会で、今日は相方がイギリス人の同僚の送別会だそう。

「最近何とか会議の内容がわかるようになってきた」らしい。彼が「日本で働くッ!」と宣言するのは上海での仕事がうまく行っていないときなので、最近そんなことを言わないということはまずまず仕事も順調なのだろう。

そりゃあ、日本で一緒に暮らしたいけれど、どっちに暮らしたら彼が生き生きといられるかと考えると、無理やり呼び寄せるわけにはいかない。そこがわたしのジレンマ。
c0069036_2214519.jpg
そんなことや、ローン返済のことや、あれこれ考えながらアイスクリームを食べる週末の夜。
[PR]
Commented by xiaozhuzhu at 2005-09-17 22:51
ご主人、イギリス人の同僚って・・・なんだか国際的な職場ですね。そのイギリス人が白人かどうか分かりませんが、私の夫は白人を見ると「外人!」と騒ぎます。日本人や韓国人は「外人」ではなく、「日本人」「韓国人」で、黒人さんは「外人」ではなく「黒人」なんです。数十年前の日本人みたいです。
ところで、yu_ppie66さんのホームページ、リンクさせていただきました。なぜなら「満月にみる夢は・・・。」ってタイトル、とっても気に入ってるんです。私も夫と国境を隔てていたころはこんな心境でした。しみじみしちゃいます。
Commented by yu_ppie66 at 2005-09-17 23:24
★xiaozhuzhuさん
リンクありがとうございます!HPの方は最近ほとんど更新してなくて縮小傾向なんですけど、わたし自身も思い入れがあります。
夫の会社は日系メーカーで従業員は日本人と中国人だけ。イギリス人は研修に来ていたらしいです。夫はびっくりするくらい英語ができないので、中国の大学の英語教育に疑問を抱いていたのですが、英語ペラペラの中国人同僚は多いみたいなので、教育というより夫個人の問題でした。
by yu_ppie66 | 2005-09-16 22:28 | 戦いの日々 | Comments(2)