上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

願いは叶ったのか

午後から外は吹雪で、仕事中窓の外ばかり気にしていたら、「なんだ、これくらいの雪が気になるのか?」と社長にあきれたように言われたので、「雪が積もってスタッフさんが出勤できないと売上げが減っちゃうのが心配なんです。」ときっぱり答えました。「よろしい!」と褒められちゃいました。もちろん自分の通勤の足が心配だっただけなんですけどね。

夜帰宅する頃には雪もやんでいました。晩ご飯は安い白ワインと湯豆腐とピタパンサンド(チキン、トマト、レタス)。自分の好きなものを好きな組み合わせで食べられるのが一人暮らしのいいところ。
c0069036_2120029.jpg


引越しの際のダンボールの大半を占めていたのは雑誌と書籍類。せっかく苦労して新居まで運んだので、最近お風呂のなかで昔買った本を読み返したりしています。
c0069036_2124572.jpg
イラストレーター霜田恵美子の『ライブ!ニューヨークから』(日本交通公社出版事務局,1992)

10年以上前のものなのに文章も文体も全然古臭くありません。これを読んでいた当時、霜田さんがチャイナタウンの郵便局で知り合ったビルマ出身のチャイニーズ、ジョンさんと結婚したのがとても羨ましかったのを思い出しました。わたし自身は彼が居ないか、空しい恋愛をしていた頃だと思うのですが、「NYに行ったらこういう出逢いもあるのかも」と空想をめぐらせていました。

『ジョンは母親のようにご飯を作ってくれるし、爪を切ってくれるし、父親のように大工をやったり、虫を殺したり、ゴミを出したりしてくれる・・・』というくだりには「おお、だんなにするなら絶対チャイニーズだ!」と決心したものです。

もちろん10数年後に自分がまさにそういうタイプのチャイニーズと結ばれるとは思いもよらなかったのですが、久しぶりにこの本を読み返して、「ああ、あたしってば夢を叶えたのね」と、シアワセな気持ちになったのでした。
[PR]
Commented by wpz2007 at 2006-02-07 01:28
幸せになれる瞬間をお持ちなのが。。。羨ましい。。。。ホントいいですね。。
Commented by yu_ppie66 at 2006-02-07 21:20
★wpz2007さん
一応「楽しい別居婚生活」が一応ブログのテーマなので、たまにはノロケさせてくださいませ。
by yu_ppie66 | 2006-02-06 21:34 | 国際別居婚ライフ | Comments(2)