上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

乙女の集い

おいしいご飯をときどき食べさせてくれるKさん宅へ友人Aとともにおじゃま。「今日は手抜きだから、焼肉よ」とのことだったけど、あいかわらず美味しい料理の数々でもてなしてくれました。ああ、しあわせ。
c0069036_0114842.jpg
ビール、赤ワイン、蛸とブロッコリのサラダ、肉じゃが、焼肉、おむすび、レッドグレープ、チーズスフレ(わたしの手土産)、フルーツケーキ(Aちゃんの手土産)、さくらんぼ緑茶。

Kさんの夫であるドクターを「先生、明日もゴルフでしょ?」と早々に寝室に引き上げさせて女三人でいつものごとく過激トーク。Aちゃんが「今まで生きてきてやっと悟ったことがある。『あたしの人生って最低』」と語り始めて、みんなで喰いつく。10数年ぶりに再会した元彼と年末に上海デートを楽しんだはずの彼女、帰ってきてから虚しさを感じて、激しく落ち込んでいるよう。Aちゃんと別れたときに「惜しいことをした」と思わせたいという一心でその後事業も成功させた元彼、きっと再会した時点で自己完結できたのでしょう。「それが彼のことを今まで気にしていなかったあたしの方が今度は完結できなくなってしまったの・・・。」男と女の物語は深い・・・。

「この期間で彼は新しい家庭を持ち、事業も成功させて形を残してきたのに、あたしはいろいろなことを中途半端にやってきて何も形に残していない」と凹むAちゃんだけれど、彼女は本当によく働くし、趣味も多いし、楽しいお酒を飲めるし、むしろAちゃんの生き方を羨ましいと思っている人は多いはず。
c0069036_0295828.jpg
JENGAのバーでドミノ倒し。「ハートにギザギザ」という古典的な形を作成したAちゃん。途中でバタバタ倒れるし、「じゃあ、倒しまーす!」と言ったときには途中で止まるしで、「やっぱりあたしって恋愛もダメなのよ」と嘆いているのでうけてしまいました。

チャット予定開始時間が迫ってきたのでおいとま。2夜連続でチャットできなかったので、「今夜は絶対しようね」と約束していたからなんだけれど、帰宅して電話したら相方も飲み会中でした。「元上司と飲んでいて、今盛り上がっているところなんだけど。」と冷たくあしらわれました。わたしは盛り上がっているなか切り上げて帰ってきたのに・・・。「男って」という会話で盛り上がっているときでも決して相方の悪口は言わなかったのに、この仕打ち・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-04-15 23:58 | まったり休日 | Comments(0)