上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

おにいちゃん焦る!

昨夜、野菜のピッツァ、オニオンスライスを食べながらそしてビールを飲みながら相方とのチャット開始を待っていました。
c0069036_18472598.jpg
定刻より15分遅れで「今帰ってきたばかり」とサインイン。妹と一緒に晩ご飯を食べてきたらしい。

妹は春節明けに入籍を済ませ、先週海南島へハネムーン&結婚写真撮影に行ってきたとのことです。

ウィークディは日系企業で経理のお仕事をしている彼女、結婚相手と共同経営しているパン屋さんの売上げが好調でしっかり稼いでいるようです。(最初はカフェを経営していたけれど採算が合わずすっぱりやめた。)

1歳違いのこの兄妹。断然妹の方が積極性、社交性、情報収集能力があり、やり手なんです。日本の大学への留学の話も妹が先に情報を得て、「あたし受けてみるけど、■■どうする?」と兄にも教えてあげたらしい。

留学を終えたらとっとと上海で就職した妹、その10ヶ月後に兄も上海へ渡りました。どうも常に妹が一歩先を行っているんですねー。

そりゃあ兄としたら面子もあるから(ほら、人民は特に面子が大事な国民ですからね)、妹には負けたくないんでしょうけど、現時点では完全に遅れを取っています。最近、「妹のお店は今ひとつき×万元儲かってるよ~。ボクたちも早く起業しようよー。」とうるさいので閉口気味です。

日系企業への転職に関してはわたしも何か力になれるかもしれないんだけど、ビジネスは・・・。だって本当に商才ないんですもん。ちなみに妹のダンナの一族は中国全土に展開しているカフェチェーンを経営しているんです。義父母はふたりとも公務員だったので、妹はダンナの影響を受けているんだろうと思います。

ああ、今夜のチャットもビジネス話に終始するんだろうなあ。相方もサラリーマンの方が向いていると思うんだけど。本人に伝えると怒るのでココだけの話。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-05-28 19:12 | 戦いの日々 | Comments(0)