上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

四十八の瞳

小学校の同窓会でした。田舎出身なもので、小学校は1学年1クラス、6年間ずっと同じ24人で過ごしました。みなそれぞれよき父、母であり、地域活動でも重要な役割をこなす年齢になっているのだけれど、前回から8年ぶりに逢っても即あの頃に戻れるのでした。大半が中高とそのまま一緒だったし、この24人(本日出席は半数)の繋がりは濃いです。

今日お招きしたS先生は、3年生のとき新卒で赴任してこられ、本当に情熱と愛を持ってわたしたちに接してくれました。ソフトボールの練習に明け暮れたり、視聴覚教室でこっそりプロ野球日本シリーズの試合をみたり、今ならすぐ新聞沙汰になっちゃうようなことばかりやってましたね~。当然体罰もあり、で。S先生に教えてもらった3年生、5年生の2年間は輝いていました。「ボクにとってもきみたちは最高の生徒たちだった。こんなボクに付いてくれたし、それを認めてくれた父兄が素晴らしかった。」と先生が挨拶されたんだけれど、誇りに思える小学校時代を過ごさせてくれた、S先生、仲間、親たちに感謝!です。
c0069036_0221910.jpg
これは2次会の様子。胃の手術をした先生以外は全員参加。5時間じゃあ思い出は語りつくせませんね。

で、ワタクシ結婚報告をしたらみんなにびっくりされちゃいました。いつも同窓会のたびに「ずっと理想の女性だった」と持ち上げてくれる男子が「なんでよその国の男に取られちゃうんだ~」と悔しがっているフリしてました。フリでも気分がいい!
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-08-12 23:59 | まったり休日 | Comments(0)