上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

内助の功

花より男子2』をひとりで観ながら、「ああ、今週もよくがんばったな」と自分を褒めてみる金曜日の夜。

今朝は準備をしていたら相方からCALL。お、朝から珍しいなと思いながら電話に出たら、「言い忘れましたが、月報を送りましたので・・・。」つまり添削をして返せということ。そこから急いで準備をしていつもより早く会社に到着、相方の月報を添削して返信しておきました。

昨夜の『アメトークガンダム芸人VS越中芸人(越中詩郎って誰だよ!?)があまりにも面白かったのでテレビ話をしながら(かなりいけていないOLだわ、でも本当に面白過ぎでした。)ランチを終え、会社に戻っていたら相方からショートメール。ただ一言。「月報送ってくれましたか?」まったくいつまでもわたし頼みだなあ。「だから添削して返したって。(越中風)」と返信しておきました。

夜の電話で、「月報提出したの?」と訊いたら、「提出しましたぁ」と明るく答えるので、「ん?しました、じゃないでしょ?」とわたしへの感謝の気持ちを求めれば求めるほど、「出しましたぁ、出しましたぁ」と笑いながら軽く繰り返すのでした。来月はないと思え。

6月くらいから撮り溜めていたデジカメ写真をやっとプリントアウトしました。安いところに頼んだので出来上がりは今ひとつ。やっぱり値段だなあ。
c0069036_2374743.jpg
相方が撮ったわたしの写真はやたらとビール片手なんですが・・・。両方の両親に写真をあげるつもりで多めに焼きました。

右下は相方が今月上旬に研修生を迎えに行ったときの写真です。スーツ姿で教壇に立っている写真、なんか別人みたいです。立派に成長して仕事している息子の姿、これは彼ママに見せないわけにはいきませんね。春節カードに同封して中国に送るつもりです。

彼の写真(+わたしの写真)は定期的に彼の実家に手紙を添えて送っています。不肖の嫁としてはこれがたいせつな点数稼ぎなんです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-01-26 23:14 | 戦いの日々 | Comments(0)