上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

対夫フォロー

「もう続けられません、やめます!」契約期間内にそうスタッフさんに告げられることが珍しくもない今日この頃・・・。わたしの場合プライベートでもそんなセリフを相方からしょっちゅう聞かされています。上海時代にも転職を繰り返してましたから。まあ、あちらではそれがステップアップだったりするのだけれど・・・。

たしかに今の彼の業務は心身ともにきついし、相方の性格・能力からしたらプロのわたしからみて(!)も厳しいかもと思うし、異国のそれも地場企業での人間関係はたいへんそうだし、そんななかで頑張っているとは思います。しかし時々限界がやってきて、「もうやめる!」となるんですね。今夜もそう・・・。

そういうときはかなり弱っているんだろうけれど、鬼嫁は「やめてどうするの?マンション買うんでしょ?」と冷たく言い放っています。派遣元の鉄則、「共感しながらフォロー」なんてプライベートでまでできませんって!

はあ、また扶養に入れるかぁ、でも旅行には行きやすくなるかな、なんて考えていたら連絡があって、結局どうしても納得がいかなかったことを上司に電話して訊いて、自分の中で少し解決できたみたいです。

なんてことを入力していたら、「まだインターネットしてるの?いったい何時に寝るの?あと何分?絶対寝てよ。約束守ってよ」という電話が・・・。「もう、うるさいなあ・・・」と答えながらも、相方にいつもの調子が戻ってきたのでちょっと安心。

この週末はわたしが大阪へ行く予定。土日ともお昼は彼はお花見なので「夜は一緒にゆっくりテレビを観よう」なんて言うから、「なんで大阪までテレビ観に行かないといけないのよ。夜桜、夜桜!」とリクエスト。「えーっ、土日で3回も花見だよぉ。疲れる~。一緒に居るだけでいいじゃん。」なんて言うので、「一緒に居るだけじゃだめ。一緒にいるときの環境が大事」と答えておきました。目標は京都で夜桜
c0069036_0341663.jpg
これは去年の桜も終わりの季節のうちの近所の風景。どちらかというと散り際の頃が好き。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-03-28 23:59 | 戦いの日々 | Comments(0)