上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

ケンカなし

夕方のバスで帰って来ました。途中まではウトウトしていて、また買ってしまった551蓬莱の空弁を半分くらい食べてからはずっと車窓を眺めていました。散り際の桜の木だったり、紫や黄色の花々だったり、若葉が美しい山々だったりをぼんやりと眺めていたのだけれど、ちっとも飽きません。viva!日本の四季。

日曜というのに相方はけっこう早起きで「に行ってくるよ」とひとりで出掛けました。自転車で20分くらいのところに中国人がやっているマーケットがあるらしいんです。こういう情報網すごいよな、あの国の人たちは。「お客さんも100%中国人だよ。」と相方が言うとおり、途中で電話を掛けてきたとき、後ろで中国語が飛び交っていました。「いつも警察がずっと見張っていて、何かおきたらすぐやって来そうなかんじだよ。」って、どんな危ない市場だよ。

1時間半後、羊肉、ニラ、香菜、大根、台湾バナナとともに相方が帰って来ました。「あれ、マントウ買って来てくれるんじゃなかったの?」「マントウは●ちゃんの好きそうなのじゃなかったよ。」残念、でもわたしの嗜好を把握しているはずの相方がそういうんだからしかたない。

で、相方が作ってくれたお昼ご飯。
c0069036_21503164.jpg

c0069036_2151610.jpg
羊肉は苦手なんだけれど、美味しく出来ていました。

そういえば今回相方に対して怒らなかったな。まあ、励ましに行って、怒ってちゃだめですね。

それにしても日曜日なのに、研修生がひんぱんに訪ねてくる。わたしは出ないけど。「パソコン使わせて」だったり、「ドライバー貸して」だったり、「これ作ったけれどどうぞ」と料理を持ってきてくれたり。「休みも関係ないよ。やっぱりこんな会社やめてやる~」なんて言っていたけれど、「でも研修生とはいい関係が出来ているよ」というのはよく判りました。しかし生活面と仕事面の両方をフォローするというのはたいへんだよね、やっぱり。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-04-15 21:58 | 週末婚生活再び | Comments(0)