上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

ブリキのおもちゃで癒される人、大ちゃんで癒される人

相方をなぐさめるための大阪遠征だったのに、自分のものばかり買ってちゃいけない、と反省。MUJIでブリキのプロペラ機のおもちゃを見つけて、「お、これダーリン好きそうだな」とお土産にしました。

予想通り、喜んじゃってました。
c0069036_23401340.jpg
置き場所はテレビデオ(ちょうど早稲田大学の斉藤君初先発初勝利のニュースしていたところ)の上。

「このシリーズで他にもあったからまた買ってくるね。」
「サンキュー。でも置き場所作らないと・・・。」
「テレビの上に並べればいいじゃん。」
地震がきたら、落ちちゃうよ。」

なーんて話をしていたら、日曜日のお昼、例の三重地震が起きて、おそらく震度2~3の揺れに遭遇してしまいました。畳の上でぼーっとしていたわたしは即揺れに反応(三半規管が弱いので揺れには敏感というのもある?)しましたが、せっせと料理中の相方は気づいていませんでした。わたしの「きゃあ、地震~」という叫び声と、電灯や掛けていた洋服がゆらゆらと揺れているのを教えてあげてやっと・・・ってかんじ。

相方は同じマンションに暮らす研修生たちに電話していたけれど、みんな気が付いていなかったという・・・。地震の経験がないから鈍感なのかしら。わたしは神戸淡路(震度4)も、鳥取沖(おなじく震度4)も、ついでに台湾地震(これまた震度4)も体験しているから、本当に地震は怖い。

c0069036_23522199.jpg高橋大輔くんのおフランスでのショー、"El Tango de Roxanne" 版。

ライティングがやっぱりおフランス!

それにしてもEXでロクサーヌはよいです。
c0069036_23524371.jpg得意の3Aでお手つきはしていたけれど、なんか風格のあるロクサーヌでした。

週末の大阪、「あれ、あたし今大ちゃんと近いところにいる?」なんて思っていたけれど、実は彼ははるか遠いおフランスの空の下なのでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-04-18 23:37 | 戦いの日々 | Comments(0)