上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

要不要?

午後から半日振替休。「お先に~」とチームメイトにこっそり挨拶してお昼過ぎに会社を出るしあわせ。でもスーパーで買い物して帰って、洗濯して、クローゼットの洋服整理していたらあっという間に夕方。半休は何もしないまま終わってしまいそうです。

しかしわたしには重要な任務が!それは相方の月報の修正です。毎月月末に提出しなければならない報告書(それはわたしもですが)、毎度毎度わたしが添削しています。というか新規作成もしていたりして。絶対上司にばれていると思っていたら、先々月あたり「これ奥さんに書いてもらったの?」と訊かれたらしい。その通りなんだけど、相方は一応「いえ、見直しだけしてもらっています」と答えたそうです。

で、昨夜転送されてきた彼作の月報。いきなり書き出しが「あっという間に4月になりました。この季節には何処でも春の近づく兆しが現れています。緑も生えて花も咲いています。・・・(原文のまま)」となっていて、おいおい、手紙かぁ!と思わずつっこみました。

報告書に季節の挨拶は要りませんから!」と指摘しつつ、あまりにもかわいい月報なのでキャラキャラ笑っていたら、「●ちゃん、笑い過ぎ。」と相方憮然。

「挨拶の文は必要だよ。」と意地になって主張してきました。「要不要?」のせめぎあい。最終的にはわたしの力を借りるしかない相方が折れてきたので、いじらしいからちょっとだけ挨拶文も残しておくことにしましょう。

しかし報告書って箇条書きが基本だと思うんだけれど、相方のところは箇条書きではなく作文のように段落分けで接続詞を使ってつらつら書くパターンです。変なの・・・。

最近、すっかり高橋大輔ラブブログと化していますが、豊橋まではこんなかんじで引っ張ります!
c0069036_17842100.jpg
これ2002年長野Worldのエキシビションに特別参加(ジュニア世界選手権で優勝した後?)した大ちゃん、16歳。こどもだぁー。

この画像をUPしながら、出逢った頃の相方に雰囲気が似ているんじゃない?と気づきました。当時はまだ相方も痩せていたし、ウブなかんじだったし、日本語危うかったし(そこも似てる?)。そこがわたしが大ちゃんに嵌るワケなのでしょうか。てことで、相方ラブが基本なのだ。(おそらく)

とにかく好きなのは皮膚感。もちろん大ちゃんのは触ったことありませんが、ぜったい同じ質感だと思いマス。うふん。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-04-25 17:17 | 戦いの日々 | Comments(0)