上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

連休最終日はロクサーヌ!

お天気も悪いし、予定通りひきこもり休日。相方が残していった冷蔵庫の中の食材をかたづけたり、洗濯したり。

注文していたDVDがまだ届かないので追跡調査をして(便利な世の中だよね~)、S急便に督促して持ってきてもらいました。

GW最終日の夜は『ムーラン・ルージュ』鑑賞。
c0069036_1955118.jpg
もともと♪ロクサーヌ目当てで購入したのだけれど、ロクサーヌのシーン以外もよかったです。どちらかというとミュージカルが苦手なわたしもかなり楽しめる作品でした。ストーリーは安易ながら(そんな安易なラブストーリーに号泣したんですけれども)、音楽も踊りも舞台も楽しく、美しかった。

c0069036_200577.jpg
コレが『エル・タンゴ・ド・ロクサーヌ』が流れるシーン。愛する娼婦が資産家の公爵に身を売ろうとするとき、主人公の青年が怒りと嘆きを歌いながらタンゴを踊るダンサーたちの間を通り抜けていきます。彼の苦悩の表情とか、そんな感情を表わす歌声とか、もう大泣きしちゃいました。

c0069036_2021831.jpg映画を観た後で、大ちゃんのロクサーヌを観返してみる。これはWorldのときのEX。

「ああいうシーンを演じているわけなのね」という目で見ると、高橋大輔の表現力の高さを再認識できます。しかしこれをよい子のみんなの前で演じちゃって教育的に大丈夫なんだろうか?

ところで、ムーラン・ルージュのなかでは「人生の最高の幸せは、誰かを愛して、そしてその人から愛されること」と何度も歌われています。たしかにそうだな。GW中、相方には何度もキレたけれど、「いや、この人以外にこんなわたしを愛してくれる人は居ない」という想いで乗り越えてきました(!)。で、映画のなかのユアン・マクレガーくんが相方とダブってしまって・・・。もちろんわたしは美しいニコール・キッドマンにはなりえないんですが。ま、相方への愛を再確認したということで、大型連休終了~。うえ~ん!

[PR]
by yu_ppie66 | 2007-05-06 20:43 | まったり休日 | Comments(0)