上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

滞在時間19時間弱

・・・で、相方は大阪へと帰っていきました。

一緒に居られる時間が限られているというのに、お昼前にわたしひとりで実家へびゅんと行ってきました。用事を済ませてお米や料理をもらって帰ろうとしたところ、車のタイヤがパンクしていることが発覚。スペアタイヤを父につけ替えてもらいました。「おとーさんってすごいな・・・。」とおだてながら隣りで娘は見ていたわけです。わが実家は、頭を使うことは母が、手先を使うことは父が、という分担で、ずっとそういうのが普通だと思って育ったわたしも結局そういう夫婦関係になっているような気がします。

12時半にマンションに戻っていそいでお昼ごはん。
c0069036_14465723.jpg
青梗菜と椎茸の炒めもの(相方作)、サヨリのフライとたらの芽天ぷら(実家から)、えんどうの卵とじ(実家から)、トマト、きゅうり、マッシュルーム、セロリのサラダ(わたし作)にこれまた実家からもらってきた炊き立てごはん。これだけで十分だと思うんだけれど、お子ちゃまくんが「ウィンナー食べたい!」とうるさいので、シャウエッセンとマッシュルームを焼きました。

日本のウィンナーソーセージは本当に美味しいと思います。彼のとこの研修生ちゃんたちもみんな大好きらしい。中国のはつなぎの味しかしないし、いろんな添加物がはいっていそうで怖いからあまり食べませんね。
c0069036_1447880.jpg
デザート。モロゾフの抹茶プリン(小豆入り)。おなかパンパンだったのでこれくらいのサイズをふたりで分け合っていいかんじ。

なんと今回の滞在中はケンカなし!でした。今朝の夢の中では、ふたりでディズニーランドに行っていて相方が全然アトラクションにも乗らず帰ろうとばかり言って、「だったら来なきゃよかったのに!」とわたしがきれていましたが。(あり得る!)

同じ業界で働くのでふたりでいると仕事の話も多いです。外国人研修生の制度が変わる話とか、それに会社としてどう対応していくのかとか。うちの製造部門の得意先だったA社が移転して、相方の会社が今そこを責めている話とか。わたしはそういうノウハウもちょっと得ていて相方に教えてあげられることもできるのだけれど、そこはやっぱり会社機密を守らなきゃという意識が働いてストップがかかっています。お、仕事のことを書いているとだんだん休日が終わってくる実感・・・。

次の週末はわたしが大阪へ行く予定なので、それを励みに頑張ろうっと。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-05-20 15:15 | 週末婚生活再び | Comments(0)