上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

2007 プログラム・オブ・ザ・イヤー

Sports@nifty フィギュアスケートアワード2007が発表になりました。わたしは応募しそびれたんだけれど、「もちろん高橋大輔でしょ」と思って結果を見たら、フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤーは安藤美姫ちゃんでした。世界女王パワーですね。

大ちゃんは「2007 プログラム・オブ・ザ・イヤー」を受賞していました。もちろんプログラムは『オペラ座の怪人』。Worldのときのフリーの演技、繰り返して観れば観るほど素晴らしさが増す気がします。4回転はお手つきだし、Slstはよれよれだけど、なんであんなに感動をもらえるんでしょうか。

c0069036_23265765.jpgSlstに入る前、大声援を力に変えているとこ。この場面を会場で体感したかった・・・。テレビでは伝わりきれていないらしい。

会場で流れていた伊藤みどりさんのラジオ解説の入った動画では会場の歓声、声援、拍手がすごい!
c0069036_23271158.jpg演技終えてこの表情。

「自分のことで泣くなんて男の美学に反する」と大ちゃんは言うが(AERA)、この泣き顔美しいんですけどぉ。
c0069036_23272475.jpgモロゾフコーチのもとへ泣きながら向かっているところ。母性本能くすぐられますねえ。

このあとモロゾフの胸で泣きじゃくるシーンもかわゆかったです。
おっと、プログラム自体より大ちゃんの泣き顔にやられているのか?いえいえ、やっぱりこれはフィギュア史に残る名プログラムでしょ。って、他のをあんまり知らないけど。

SPのバイオリン協奏曲も、EXのロクサーヌも最高のプロだと思いますが。

で、大ちゃんのトークショーの応募締め切りが明日となりました。わたしは月曜日に投函済み!うわさではけっこう応募ざくざくらしいですよ。きゃあ、競争率が・・・。大ちゃん人気の盛り上がりは嬉しいような、困ったような・・・。わたしの周りはそうでもないんだけどな。(年上男好きが多い!)
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-06-08 00:06 | 戦いの日々 | Comments(0)