上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

日中嫁小姑戦争

c0069036_21151295.jpgややブルー度がUPしてきた日曜日の夜、チームメイトから借りた『プラダを着た悪魔』のDVDを、「きゃー、この服かわいいっー。でもスタイルよくないとだめだな」とか、「やっぱりNew Yorkはいいなあ」とか、ワクワク気分で観ていたら・・・。

相方からの電話。「●ちゃん、妹がものすごく怒っているよ。」

義妹はしょっちゅう日本でお世話になった人へのお土産をわたしたちにことづけるのだけれど、その人に連絡して渡す係はいつもわたし。これってけっこう面倒くさくて、ついつい先延ばしにしていたら、とうとう義妹が激怒したらしい。「いくら忙しくてもおねーちゃん、電話くらいできるでしょっ。もう1ヶ月経つのに!」

だったら自分で連絡しておけよ、とわたしは思うわけで。今回ふたりに渡すよう頼まれたうちのひとりに、昨朝しぶしぶ電話したら、名前が違っていて「す、すみません、間違えました」と切ったのだけれど、実は義妹が伝えてくれた名前が違っていたっぽい。もう、いい加減にしてー。

「早く渡してくれないともう着れなくなる、と怒っているけど。」(子供用のニットの服がお土産でした)「あんな冬物、まだまだ着れるわけないじゃん。日本はまだまだ残暑だよ。」

それにしても、お互いキレる妻と妹の間で相方はたいへんだっただろうな。

結局相方がその人にもう1回電話をして話をつけたらしい。「ああ、この前の電話が奥さんだったんですね」と言われたとか。「でしょ、あたしはちゃんと電話したもん。妹に伝えてくれた?」「伝えたけど、妹は反省しないよ。でも●ちゃんも反省してね、すぐに連絡しなかったこと。」きーっ!となったけれど、そこは一応「ごめんなさい」と謝っておきました。

義妹とはたまにしか逢わないから逢った時は「おねーちゃん、おねーちゃん」となついてきてかわいいんだけれど、性格は兄とは正反対、前へ前へ出るタイプ、頭の中はビジネス一色。「早く上海に来て。近所で暮らそうよ」と誘われても、躊躇してしまいます。義父母がわたしに遠慮して言えないこともさらりと言ってくる。将来的には彼女と助け合わないとわたしの中華生活はきついので、これからまた関係を築いていかないといけませんね。
c0069036_21152759.jpg
この前義妹からプレゼントされました。今回の件で「なんで、あたしがそんな役しないといけないの?」と相方に言ったら、「だって●ちゃん、ネックレスもらってたじゃん」と言われたので、「じゃ、返してやる!」と叫んだのでした。

わたしも相当おとなげない。
[PR]
Commented by じゃあず at 2007-09-11 23:47 x
こんにちは、はじめまして。
同じく国際結婚している、上海在住女性です。

楽しくブログ拝見してます。
私もとうとうブログ始めたので、マイリストに是非
載せさせて頂きたいなぁ~と思い、ご連絡しました。

ご検討ください。

http://blog.livedoor.jp/shanghailaopo/?blog_id=2504693
Commented by yu_ppie66 at 2007-09-12 20:57
★じゃあずさん
はじめまして。マイリストに載せていただけるなんて光栄です!
じゃあずさんのブログも拝見しました。
国際結婚、週末婚、管理職・・・いろいろな共通点があって、共感させられました。
将来の上海生活(おそらく)の参考にもさせてもらえそうです。

今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by じゃあず at 2007-09-15 23:18 x
こちらにお返事いただいていたなんて、ごめんなさい!
(かなり素人です。。。)
ブログ、見ていただいたのですね。
是非、マイリストに乗せていただきます!

これからも「働く老婆」で行きたいと思います。
よろしくお願いいたします。
by yu_ppie66 | 2007-09-10 21:38 | 国際別居婚ライフ | Comments(3)