上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

いくつになっても女の子扱いはウレシイ

元上司と飲み会。入社当初のリーダーだったTさん(現在親会社に戻ってしまった)とは定期的に飲んでいるのだけれど、彼と一緒に居ると、入社当初のピチピチ20代だった頃に戻れる気がします。

「●さんは自由に何でもやっていいよ、それでもしなにかあったらボクが責任を取るから」と言ってもらったこと、そして実際そうしてもらったことを今でも感謝しています。

Tさん的には、わたしがこんなに長く働いてリーダーとかやるようになるとは予想外だったでしょうが。

実はわたしが今のポジションに上がれたのは、Tさんの次の上司の力によるところが大きいのだけれど、原点はTさんに育てられたところにあると思います。
c0069036_2347282.jpg
同じくTさんの元部下だった同僚男性も一緒だったんだけれど、彼は飲んで寝てました。おい、こら!
c0069036_23471620.jpg
2次会はカフェで。仕事のこと、男女のこと、家庭のこと、いろいろ話せて楽しかったです。

どうしてこんなに居心地がよいのか、と考えたら、Tさんの父性愛に包まれているからにちがいない、という結論に達しました。女の子で居られるって本当に楽ですね。

解散して自転車で帰りながら不在着信のあった相方にCB。

「誰と飲んでいたの?」とけっこう気にしてくれるのが嬉しかったりして。結局マンションに到着するまでしゃべっていました。「今どのあたり?もうすぐ着く?大丈夫かな?コケていない?」ここにも父性愛の強い男が居ました!いつまでも女の子扱い、本当にありがとう。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-09-14 23:57 | 戦いの日々 | Comments(0)