上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

三連休2日目、東へ

昨夜バスの到着時間が予定より10分早くなったので、最終電車にギリギリ間に合い、「ほらね、すごいでしょ?」と自力で帰ってきた相方は得意気でした。

本日は珍しくふたりで午前中からお出掛け。東方面に車を走らせました。

まずは日本最古の庶民のための学校、閑谷学校へ。ここ、小学校5年生のときに人生初の林間学校(って今も言う?)を体験した地でもあります。講堂を雑巾がけしたことや、キャンプファイヤーに感動したことが懐かしく蘇るのでした。
c0069036_16272220.jpg
c0069036_1627790.jpg
瓦は備前焼です。
c0069036_16273592.jpg
抹茶ソフトクリーム、おいしー!でも400円は高すぎるよ。

閑谷学校を後にして、向かった先は神社。実は本日の一番の目的でもありました。
c0069036_16313998.jpg
山のような備前焼の牛から「1体を借りて帰り、願い事がかなったらもう1体新しいのと一緒に返す」らしいです。会社の人も何人か参拝して、ふたりは結婚が決まったんですのよ。わたしの願い事は内緒ですが。
c0069036_16315978.jpg
たくさんの牛のなかからどこか惹かれるヤツ、小ぶりで、備前焼らしい色をしていて、瞳がかわいいのを数個選び出し、悩みに悩んで1つをいただいて帰りました。候補にだけあげて、置いて帰ってきた牛くんたち、ごめんなさい。それにしても相方が「こいつがいい!」というのと、好みが全然合いませんでした。

無事目的を果たし、「さあ、おひるごはんをどこで食べる?」となったとき、相方が「海鮮が食べたいっ」と言ったので、急遽、日生方面に向かうことにしました。実はこの東エリアは、ワタクシけっこう庭だったりします。

水餃子が有名で、関西方面からもお客さんがやって来るお店に入ったら満席。海鮮食べようとやって来たわけだし、そういえば、明日から相方は餃子の本場の国へ行くんだった!と気づいて、すぐお店を出て、市場へ向かいました。

市場はもう店じまいの時間らしく、賑わってはいなかったけれど、晩御飯用に「アジの南蛮づけ」や「新物さんまの塩焼き」を買いました。

お昼ごはんは市場の近くのレストランへ。これが大ヒット!
c0069036_16471877.jpg
相方がどうしても食べたかった小エビのから揚げ。感動的に美味しい!550円
c0069036_16473654.jpg
わたしのシーフードコロッケ定食は普通かな。でもごはんもお味噌汁も大根なますも美味しかった。相方の穴子丼、これまたうまい。各850円。ごく普通の観光スポットのレストランで、近所の高校生や主婦がアルバイトしているようなところなんだけれど、なんといっても素材がいいからどれも美味しそう。「絶対、また来ようね」と言い合いました。ちなみにわたしの定食の半分は相方が食べちゃいました。男はそうでないと!

そして、「満腹したし、さあ帰るとするか」ということで、途中産地直送マーケットに立ち寄って、いちじくとシシトウを買ったりしながら(なぜか相方はそこで栃の木のまな板を買っていました)戻ってきたのでした。
c0069036_1659428.jpg
c0069036_16595989.jpg
c0069036_1701690.jpg
なかなか充実した三連休2日目でした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-09-16 17:05 | 週末婚生活再び | Comments(0)