上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

押しかける!

昨日のお昼休み、相方から電話。
「土日そっちへ帰れそうだから、今日来なくていいよ。」
「え?拒否ですか?」
「拒否じゃないけど・・・。」
そんな会話があったので、本当にどうしようか迷っていたのだけれど、某プロジェクト初日であまりにもいろいろなトラブルが発生。このまま居たら何時まで残業になるかわからないし、若い者に任せるためにも新幹線に飛び乗ることにしよう!と決意しました。

19:30 会議を途中退出したあとチームの残務を片付けて、瀕死状態のプロジェクト担当者に許しを請いながら会社を出たのでした。

新幹線に乗る前に「やっぱり行くよ。」と連絡したら、「ええーっ」という反応をされてカチンと来たけれどとりあえず行く!

結局わたしが最寄り駅に着いたときには相方はまだ残業中で、いつものようにショッピングセンターで待ち合わせることになりました。

21:00過ぎ、「おなかペコペコ。もう帰る力もないよぉ」と相方よろよろ登場。本当に空腹時のこの男はダメダメだなあ。自転車の彼に荷物を預けてわたしは徒歩でマンションまで帰りました。

お土産の明太子や辛子高菜で晩ごはんを食べ、お風呂に入って、わたしはテレビ、相方はネット。眠くなったので11:30には寝ちゃいました。たいした会話もしなかったかも・・・。で、今朝は、相変わらず途中までグズグズ準備して、時間がないのにいっぱい朝ごはん食べて、結局「わぁ、遅刻だあ」と出て行く相方でした。。もうこのパターン、飽き飽きなんですけどー!

ところで相方が来阪を拒否するのは「何か悪いことをしているからだ」という周囲の意見もありますが、実はわたしが夜遅く着いて「疲れた~」とか言うのがイヤだからみたいです。晩ごはんも夜遅くなるし。本当に妻の健康を気にしてくれているからなんですよ!

実際、今朝もわたしが梅が枝餅とアイスラテの朝食をとっていたら、「これも絶対食べるように!」と配給されました。
c0069036_22124964.jpg
みかんとヤクルトと煮卵。「ちょっと迷惑なんだけど」と思ったけれど、今日この煮卵をバッグに入れているとちょっと幸せな気分になれました。結局共有できた時間はわずか(夜寝るまでの2時間と朝のバタバタ1時間)だったけれど、それでも「行ってよかった」と思えました。

で、本日は10:00~16:00まで研修。講師が吉本の女ベテラン芸人みたいでした。研修時のわたしはリアクションも大きくて、講師にとっては協力的ないい生徒なので、けっこうよく当てられました。終了後は寄り道もせず、新大阪でお土産だけ買ってびゅんと帰り、終業定時前には余裕で帰社。

結局20時まで報告書を書いたりしてから帰りました。晩ごはんは新大阪駅でみつけて即買いの衣笠「とん蝶」愛の煮卵
c0069036_2213020.jpg
c0069036_22131346.jpg
「煮卵美味しかった~」と夜電話してきた相方に伝えました。「たくさん持って帰ればよかったのに!」たしかに圧力鍋にはまだたくさんの煮卵が残っていました。彼の食べ過ぎ防止のためにも奪って帰ればよかったかも。ちなみに鶏スープの素、砂肝の出汁、高麗人参、醤油、茶葉が入ったスープに漬け込んでいるとか。凄過ぎる!
[PR]
Commented by えっか at 2007-10-26 18:34 x
すごーい!煮卵って、殻のまんま煮るんですね?私はいつも一度茹でて、殻をむいてから煮てました;
ご主人の愛情ご飯、いつも羨ましいです☆
上海の物件交換もまたさせて下さいね!
Commented by yu_ppie66 at 2007-10-26 23:04
★えっかさん
わたしもいつも殻を剥いてからですが、夫はゆで卵の殻にひびを入れてから煮ています。
まさかこうゆう風な愛情を男性から受けるとは想像していなかったですね。高価なアクセサリーにもまけないものをもらっていると思っています。(思うようにしています。)
上海の物件・・・、またメールしますね。
by yu_ppie66 | 2007-10-25 22:26 | 戦いの日々 | Comments(2)