上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

*しばしば子ども、時々父親

昨日相方を車でバス停まで送って行っていたら、助手席で仕事用カバン(いつもコレ持って帰ってくる)のなかをゴソゴソし始めました。明らかに何かを探しているようす。

「■ちゃん、今度は何?」とキレ気味というかあきれ気味なわたしの問いかけにも、「・・・、なんでもない。大丈夫だよ」と言いながら探し続ける。妻が怖いので絶対告げられないかんじでした。

後から訊いたら、「探していたのは部屋の鍵で、ちゃんとバッグの中にあった」とのこと。上海で財布を落としたときに、「バッグの中身を整理してどこに何を入れるか決めておきなさい」と指導したのに・・・。そのときは「うん、今度からは絶対気をつける」と言っていたのに・・・。相変わらずカバン(ポケットがやたらと多い)の中は整理されていない。

先々週は車のなかで「あ、会社携帯のストラップがないっ」といい始めました。まあなくても支障がないものの会社から支給されたものだから見つけておかなきゃと思っていたところ、彼を送り届けて部屋に戻りトイレに入ったらそのストラップが落ちていました。な、なぜにここに・・・。

というように本当にうっかりくんな相方なんですが、時々父性本能を発揮してくれます。

今回圧力鍋を初めて使うので恐々接していたら、圧力鍋のプロの相方がいろいろ指南してくれました。「●ちゃん、圧力鍋というのは爆発物にもなるものだよ。危ないと思ったらとりあえず逃げて。」「はーい。」「あと、蓋を開けるときも気をつけて。蒸気が出終わってから開けて。これは裏技があるんだけど、●ちゃんにはお勧めしない。」などなど頼もしかったです。

わたしがつまづいたり、どこかの角に足をぶつけて「イタッ」と声を出したら、どこに居ても飛んできて、撫でてくれるしね~。

彼のおかげでいろいろな料理を作ったり食べたりできるようになったことにも感謝していま~す。
c0069036_2126507.jpg
昨日の豚キムチでキムチ炒飯を作りました。相方がたっぷり作っておいてくれた煮込みも一緒にがっつり晩ごはん!
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-02-25 21:29 | 週末婚生活再び | Comments(0)