上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

年度末だ~っ 

席替えでバタバタしているうちに今期も終わってしまいました。明日から新しいチームでやっていく実感はまったくない・・・。

でもでも今年もいただきました、決算賞与!売上が厳しくて今期は出ない、という噂だったから、もらえただけでウレシイ、たとえ数年前の1/3の額でもね。

これはGWの小旅行できっちり使いきっちゃおうかな。

ところで、わたしが必死でデスクの引き出しを運び、パソコンの設定をし直していた頃、高橋大輔くんはお隣りの市の思い出のリンクで滑っていました。(さすがに年度末の18時に会社を抜けて観には行けないよ。)3Aも成功したみたいだし(ちょっと、ワールドぉ!!)、すっかりリフレッシュして調子も戻ってきたのでしょうね。来期も応援するよん。仕事は来期もストレスフルなはずだから、大ちゃんを応援するという楽しみで乗り切らねば。

「きっと4月から愚痴をきいてもらうよ」と相方にも宣言しています。ちょっと今は彼の方が、会社のやり方や上司の考え方についていけずダメダメになっているので、今回の大阪もえんえん聞き役でした。「でも妹に話を聞いてもらったらスッキリしたぁ」と昨夜言われて、「ちょっとぉ、妻は役に立たないってことなの?」と憤慨。「愛より血なのかぁ!!」と叫んだのでした。

日本企業のなかで働いていくことに限界を感じているみたいだから、ずっと日系企業で働いている妹の意見は説得力があるんでしょう。2年後には上海に帰っちゃうかもね。そうしたらわたしはどうしよう・・・。付いて行くべきか。
c0069036_22532490.jpg
わたしの滞在中も相変わらず相方のところには、「ピンポーン」とひっきりなしに研修生たちがやって来ました。手づくりの餃子やマントウを作ったら、おすそ分けを持ってきてくれるんです。餃子やマントウの具は「安いからニラ」が多いので、飽きそうだけど。わたしは葱餅とカボチャ餅がとても気に入って、ひとりで食べていました。謝謝!
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-03-31 23:03 | 戦いの日々 | Comments(0)