上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

韓国男子にクラッ・・・なんて場合じゃない

巷はGWというのにモーレツに働いています。

わたし担当の仕事で、某イベントでの中国語と韓国語通訳のスタッフを集めていて、今日は韓国からの留学生3人に会いました。男子1人、女子2人。みんな大ちゃん世代(もういい?)。とにかく、留学生にはめちゃ甘いわたしですが、今日の子たちはピカイチでしたね。

女子のひとりなんて、アイドル顔負けのかわゆさでした。もちろん日本語の会話も問題なし。ゴルフのキャディのアルバイトをたまにしているらしいけれど、おじさんたちはメロメロなんじゃないかしら。彼女はソウル出身でした。

それぞれの出身地の話になって、もうひとりの女子は「南の方、コウシュウです」と言うので、「あ、光と書く光州だよね。」と返したら、「詳しいですね~」と感心されてしまいました。ワタクシ「得意科目は地理」ですから。あとアジアには断然強いです。もちろん。

「彼は『冬のソナタ』の舞台の出身ですよ。」と男子を指して教えてくれたので、「あ、春川(チュンチョン)ね!」と即答えたいところでしたが、ひかれそうなのでやめました。

この男子が本当にナイスガイで、女子の飲んだ紙コップも一緒に片付けてくれたり、女子ふたりが韓国語の会話をし始めたらわたしに気をつかってやめさせたり、22歳でこの気配りができるのかぁ、と感心させられました。彼はずっと日本のテレビドラマが好きで、日本への留学を決意したらしいです。

彼とは今日の時間設定の件等でメールでもやりとりをしていたのですが、メールの文章も素晴らしく、あまりにもスムーズなやり取りができるので驚かされました。ついついうちの相方と比べてしまった・・・。韓国人男子、マメだなあ。こっちだったかなあ・・・、って何が!?

相方も昔は今日の韓国人男子のように初々しく、気遣いもしてくれていたような気もしますが。

本日から彼は5連休。得意先のメーカーが大型連休に突入しているので、振休をもらえたそうです。20時半過ぎに会社を出た頃電話をしてみたら、「今、緑豆を煮ているところ」なんて言ってました。「明日は逢えるね・・・」と言われて、ちょっとほんわか。
c0069036_0433661.jpg

[PR]
by yu_ppie66 | 2008-05-01 23:59 | 戦いの日々 | Comments(0)