上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カレーうどんモードだったのに

不肖な妻のために、相方が作ってくれた料理。ドン!
c0069036_14305784.jpg
豚ナンコツと人参、栗、エノキ茸を圧力鍋で煮込んだもの。これ3日は持ちそうです。

ちなみに栗の皮は、「指が痛い~」「ぎゃ、虫がいるーっ」と騒ぎながらわたしが剥きました。

彼の帰りのバスの前にお昼ご飯を食べにお出かけ。昨日から「アノうどんが食べたい」とふたりで言い合っていて、ひと月前に食べた彼は煮豚野菜あんかけうどん、わたしはカレーうどんが食べたくてたまらなくなっていました。

今日も滑り込みで駐車場に入れて(店内では少し待った、12時前なのに大人気!)、彼は予定通り、前回同様煮豚野菜あんかけうどん(1.5玉)と茄子餃子と白ごはんのセットを注文。わたしもカレーうどん♪と思っていたら、「喉が痛いときにカレーはだめ!」とドクターストップ(主治医は相方)がかかり、しばらく「いやだ、昨夜からカレーうどんの気持ちなのに~」と訴えたけれど、「体が大事でしょ。ずっと咳ばかりしているのに!」と叱られて、しぶしぶ別のものを注文。
c0069036_1440174.jpg
梅おろしうどん(温)揚げたてのちくわ天や卵焼きも入っていてこれはこれでおいしい。でもちょっとダシのお味が濃かった。相方のセットの白ごはんをもらおうとして「お替り」を頼んだら、「ごはんのお替りはダメ」とのこと。うどんは無料で2玉まで食べられるのに!!

わたしがあっという間に食べ終えたら、「●ちゃん、食べるの速いな。まんまとジャズの罠にはまったね」と言われました。彼によると、お店にジャズが流れるとお客の回転が速くなるんだって。

バスの時間まで近所のニ○リをうろうろ。テレビCMで流れている電動式ソファを試してみたりしましたが、自分の部屋に欲しいとは思いませんね~。

そしてバス停で彼をおろしてお見送り業務終了。来週は別々に過ごす予定なのでしばらく逢えません。
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-10-13 14:56 | 週末婚生活再び | Comments(0)