上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:2006*暑假上海( 14 )

我愛福州路!

さっき相方とボイスチャットしていたら義母が乱入してきましたよー。かわいいなあ。「星期四、我回去・・・」なんて言っていたので、木曜日には南昌に帰っちゃうようです。2週間弱、息子と娘の暮らす上海で久しぶりに下界の空気に触れていい気分転換ができたんじゃないかな。

春節には南昌に来るよね」と何度も言われたので、「はい、はい。」と応えていたけれど、相方が日本で働いていたら当然春節休みなんてないわけで、相方から「春節には行けないでしょ、なんで『行く』って言うの」と叱られちゃいました。でもまた逢いに行きたいなあ。相方は来日前に一度南昌に帰るつもりでいるようだし。

このたびの上海滞在で自分へのご褒美は、この写真集。
c0069036_0331690.jpg
c0069036_0333028.jpg
胡 杨 (HU Yang) 『上海人家(Shanghai Living)』(上海人民美術出版社,2004)。上海で暮らす人々の部屋を撮影した写真集です。

福州路をブラブラして買いました。本屋、文具屋が並ぶ福州路の存在をはじめて知ったのは『ハッピー上海』(双葉社)という読み物として楽しいガイドブックのなかでです。
c0069036_041496.jpg
上海最大手の書店「上海書城」とともに、「外文書店」という外国の書籍を扱う本屋さんがおすすめとして紹介されていて、わたしもここで切り絵を買ったりしたけれど、店員の対応がサイアクで嫌い!

その点、この写真集を購入した「上海古籍書店」の店員さんたちはかんじよかったし、品揃えもわたし好みです。このほかに北京と上海の昔の地図も買いました。

ともかく、こじゃれたショッピングモール来福士広場でひと息入れたり、今回焼き小籠包を食べた老半斎で腹ごしらえしたり・・・、福州路は余裕で一日が過ごせる通りなのです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-17 00:59 | 2006*暑假上海 | Comments(0)

こんなもの買ってきた

昨日から義母と叔父さんは相方の公萬に移動してきたようです。義妹のところは狭いし、ダンナも居るので叔父さんは近くのホテルに泊まっていたのですが、これで血族三人一緒の生活となり、義母も気を遣わなくていいかもしれません。それにしても義妹のダンナが本当によく義母の世話をしてくれて、相方も感謝していました。車を持っているから、久々に義母を外出させることもできたし。

c0069036_20165386.jpgわたしはお土産持って実家へ。お菓子の他に父に扇子、母と姉にポーチ。襄陽(シャンヤン)市場が閉まったので中華なお土産探しには意外と苦労しました。このポーチは七宝古鎮で買ったんだけど、相方から散々「趣味が悪い!」とけなされました。

でも母も姉もけっこう喜んでくれましたよ。ポーチの中からまたポーチ、そしてまたポーチ!というのもウケてくれました。母娘3人で10個を分け合うのも楽しかったです。

七宝でもうひとつ買ったのが、ヴィトン・ダミエ風(!)サンダル。10元(150円)でっせ。

c0069036_20272071.jpg今日実家にもって帰るお菓子類をまとめていたら、一部持ち帰り忘れたものがあることに気づきました。胡桃、ピスタチオといったわたしの愛する木の実系のお菓子。ガーン・・・。ショックだけど、もうアレ以上の荷物は持てなかったからしかたない。

これは忘れずに持ち帰った好物、麦芽粉ビスケット。素朴な味で美味しいです。

上海に行っていた間に録り溜めたDVDを観ながら食べています。情けないことにチャンネル指定を間違えていたりしてかなりボロボロの予約状態。楽しみにしていた番組(長瀬くん登場の「ゴチになります!」など)を録り損ねていましたが、ハングル講座のピはしっかり録れてました。

かわいいピくんが「ガンバッテクダサイ」と言っています!アジャアジャ、ファイティ~ン!

ついでに今回仕入れてきたDVD紹介。

c0069036_2038378.jpgまず近所のDVD屋さんで、陶喆(デビット・タオ)にいさんのコンサートDVDと、大好きな韓国映画「ラブストーリー」を。1枚8元(120円)。

その後路上のDVD売りの箱から見つけたのが、「M:i:III」と、ピのドラマ「この人でなしの愛(ロクデナシの恋)」。ドラマは全話が2枚のDVDに収まっている(はず)らしい。こっちはなんと1枚4元(60円)。「最近ますますDVDが安くなってきている」と相方が言っていました。海賊版に対する規制がどんどん厳しくなっているから、売れるうちに売っておけ、ということでしょうか。

M:i:IIIを既にDVDで観ちゃった、というのはけっこう自慢できました。今回の舞台が上海、西塘だったのでより楽しめました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-16 20:55 | 2006*暑假上海 | Comments(0)
実質最終日。今朝はきちんと相方に朝食を用意して(先日スーパーで買った冷凍の湯圓をゆでました)、見送りました。わたし自身は10時くらいから活動開始。↓公萬のエレベーターの中。
c0069036_12372041.jpg

人民公園迄出て、書店や文具屋さんが並ぶ通り、福州路をぶらぶら。自分のために写真集を購入したり、父のお土産に扇子を買ったり、おじちゃんたちと同じテーブルで焼き小籠包(4個、3元)を食べたり。
c0069036_12393962.jpg

その後バスに乗って淮海路で降り、午後からマッサージを予約していたので新天地へ向かいました。
c0069036_12422197.jpg
暑さにやられたのでカキ氷をかきこみました。30元。「小籠包の10倍かあ」と思ってしまいました。小豆たっぷりで美味しかったですけどね。

アナベルリーで最後のお土産買いをしてから、14時半に予約をしていたグリーンマッサージへ。近所の1時間30元のマッサージもいいけれど、やっぱり最後はここで。ネイルカラーはあちこち浮気しまくっているわあたしですが、マッサージだけはここひと筋。足と全身、2時間198元。今回の担当は男性で力が強くて、ハードな方が好きなわたしはよかったです!ときどき「ぐうぇーっ」とうなってしまいましたが。

至福の時間を終えて、義妹が予約しているレストランへ。広州薫葉(バナナリーフ)というタイ料理のお店です。入り口にはスターの写真がずらり。雰囲気もよくて期待できそうだなあと待っていたら、義母、叔父、義妹、その旦那もやって来ました。その後遅れて相方登場。六人でワイワイといただきました。隣りの義母にそれなりに気を遣いながらも、料理や店員の歌と踊りをわたしものびのびと楽しみました。
c0069036_12531215.jpg

c0069036_12555574.jpg
内緒話中の義妹夫婦。新婚ラブラブです。この姿に「みんな家族なのにこの中で内緒をするなんて!」と相方が怒っていたのが意外でおかしかったです。

ここは義妹が支払ってくれました。750元(11,000円)くらいだったかな?ゴールドカードにサインする姿がかっこよかったです。

駐車場に彼らを見送って、ふたりで地下鉄で公萬に帰りました。パッキングを終え、西瓜を食べながら今後のライフプランを語り合う上海最後の夜。これで当分上海に来ることはないかもしれないなあ、と思ったら寂しくてたまりません。そういう想いからか今回の滞在は上海の景色、人、食べ物、全てが「好き」と思えたので、本当に楽しい滞在でした。

「そんな寂しいばかり言ってるけど、また何度も来るでしょう?」と相方に言われ、「うん、絶対来るよね」と答えました。我愛上海
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-15 13:08 | 2006*暑假上海 | Comments(0)
この日は深夜2時、世界杯決勝戦で始まりました。それまで仮眠を取って1:55のアラームでヨロヨロと起き上がり、意太利VS法国の戦いを観ました。
c0069036_1051595.jpg
どっちのチームに対してもたいした思い入れのないわたし、ワインを飲んで気持ちよくなって後半終了間際にうとうとしてしまい、目覚めたらイタリアの選手たちが優勝カップにキスをしているところでした!当然しっかり起きて観続けていた相方から、「PK戦で決まったよ。ジダンは途中で退場になっちゃったよ」と教えてもらいました。ジダンの頭突き退場シーンも優勝決定の瞬間も見逃してしまった~。(中国の中継アナウンサー、解説者がジダンのことを「ジダネ~」と呼ぶのが耳について離れなくなりました。)

相方は興奮冷めやらず「寝られなーい!」状態だったようで、1時間ちょっとだけ寝て出勤していきました。今日は月曜日ですからね。彼が起き上がって準備している気配は感じたけれど、「■ちゃん、あたし起きなくていい?」と訊いて「いいよー。」と許してもらい、そのまま寝続けた愚妻です。

9時くらいにやっと起き上がり、お出掛け、地下鉄で常熱路駅迄。まずは復興中路(fu xing zhong lu) あたりをウロウロしてみました。今日はかなり暑くて、早々にバテ、早めのランチを取りました。BOONNA2という通りがかりカフェにて。
c0069036_1132497.jpg
スープ、サラダ、パンで40元。ゆっくりできました。それにしてもお客さんの西洋人率が高い!続々とおしゃれな西洋人が入ってきます。女性の「Tunasand without cucumber」というオーダーを訊いたこのお店で一番英語が話せると思われる店員の男の子、cucumberがわからなくて戸惑っていました。「キュウリだよ!」と教えてあげたかったけれど、中国語でキュウリがわからないわたしは助けてあげられず。中英辞書を持参していた他のお客さんに教えてもらっていました。

その後ラピスラズリで50%offになっていた食器を買い、そのまま復興中路を東へ東へと歩き続けて陜西南路迄たどり着きました。(わたしは地図と足に合う靴さえあればいくらでも歩き続けることができるんです。先日陜西南路の靴屋さんで180元で買ったミュールがとても歩きやすくて助かりました。アスファルトが足に響くのである程度ヒールがある方がよい。ウエッジソールだったのでさらに楽でした。いい買い物だったわー。)
茂名南路のチャイナドレスのお店を覗きながら北上、花園飯店の中にあるアナベルリーで頼まれものを買ってからまた地下鉄で帰ったのでした。

そのまま部屋に帰るには時間が早かったので(19時に相方が帰宅予定。全然夕食作って待っておこうという気持ちなし!)、ひと駅先の駅で降りてカルフールへ。
c0069036_11323293.jpg

c0069036_11325089.jpg
さすがに歩き疲れたので、スタバで休憩。ここの男子店員は素晴らしい英語対応ができました。アイスラテとココナッツケーキを買って2階の席に着くと、喧騒のカルフールにおいてここだけ別世界でした。癒されポイント高し!!

部屋に戻ってそろそろ荷物の整理をしていたら、「今、会社を出たよ」という相方からのかえるコールあり。「●ちゃん、今日はいい報告があるかもしれないよ。」と言うので、先日受けた仕事が決定したことを知りました。お祝いに外食しようと思ったけど、彼も家で食べたいというので「じゃあ■ちゃん、晩ごはん何か買ってきて。お酒は準備するから。」ということに。
c0069036_1133999.jpg
わたしが食べられるようにと野菜中心セレクトのお惣菜。お祝いなのにけっこう質素。でも美味しかったです。ビールは一応日本での就職決定というので、Asahi スーパードライです!
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-15 11:39 | 2006*暑假上海 | Comments(0)
ワタクシ、相方から「バス博士」という称号を与えられています。そういえば初めての北京でもガンガン乗るバスを見つけて乗りまくり相方を驚かせていました。地図さえあればどこにだって行けます。

日曜日の夕方、「せっかくだからお出かけしようか」ということになり、「七宝古鎮」に行くことにしました。タクシーでも3-40元(5-600円)で行けるんだけれど、ここはもちろん2元を握り締めて公共汽車でしょう!最寄のバス停に着いたら803のバスが停まっていて、バス停の看板見て即「ああ、■ちゃん、これで行けるよ」と乗り込みました。相方はまだぐずぐず路線図を確認しているので、「いいんだってば、これで。あたしはバス博士だよ。」と引っ張って・・・。空調バスなので涼しいし、席にも座れたし、「ああ、あたしってすごい」と自己満足。
c0069036_23313618.jpg
30分ちょっとで七宝古鎮に到着。七宝は彼が上海へ赴任してすぐ半年暮らした街です。今の公萬に引っ越してからもときどき一緒に来ています。
c0069036_2332538.jpg
c0069036_23333612.jpg
c0069036_2333219.jpg
晩ご飯は九州ラーメンにしました。わたしは煮卵入り、相方はチャーシュー入り、それにビールとバイコーの唐揚げ。麺は「堅め」、スープは「あっさり」を選びました。お味はまあまあかな。(個人的には南京東路の菊水の方が好きかも。)
c0069036_2336048.jpg
食べ終えて外に出たら、日が暮れていてライトアップが美しい風景が広がっていました。

古鎮を出て、お気に入りのスーパー楽購にパンを買いに寄りました。(ここのパン売り場のパンはかなり好き。今日買った4元くらいのでっかいチョコチップ入りのパン、中にカスタードも入っていて美味しかった。)

帰りもバスで、相方と「マンションどうする~?」とか言い合いながら帰りました。16時に部屋を出て21時過ぎに帰宅。ちょっとした小旅行をして来たみたいで楽しかったです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-13 23:44 | 2006*暑假上海 | Comments(2)
昨日無事上海に到着した義母と叔父さんに会うために、義妹の公萬へ向かいました。相方がふたりとの再会を懐かしんでいる間、わたしは妹に海南島で撮影したという婚紗写真を見せてもらいました。それはそれはこっ恥ずかしくなるような写真の数々。義妹だんななんて胸をはだけて上半身裸写真まで海をバックに撮られてましたからね。それも本人ご満悦の表情だからすごい!

「海南島だと安いよ。おねえちゃん、また記念日に撮りに行ったらいいよ」と勧められたけれど、きっと相方がのってくれないと思います。わたしはやっぱり撮ってみたいかな。彼女が着ていたドレスもどれもステキでした。みなさん、お勧めです!
c0069036_22463142.jpg
みんなでお昼ご飯を食べた後、あっさり(びっくりするくらいあっさり)立ち去って、義妹たちとマンションのモデルルームに出掛けました。義妹はどうやら新しいマンションを買おうとしているようです。
c0069036_22484114.jpg
「おねえちゃんも一緒に買おうよ、老後楽しく暮らそうよ~」とかわいいことを言って誘ってくれます。わたしは義妹一緒だと一緒にエステやネイルに行けるのが楽しそうだなあと想像をめぐらせました。
彼女は週1回全身エステに通い、最近はゴルフも習い始めたそうです。プチセレブです。

彼女の狙っている棟は9月に売り出されるらしいので、わたしもそれまで考えてみることにしました。相方なんて「今回の就職が決まったら買う!」とノリノリです。しかしあなた、頭金はどうするの!?さすがに日本のマンションのローンを背負っているわたしが2軒目を買うというのは決心がつきません。

でも場所もいいし、デザインもいいし、間取りもまずまずだし・・・。何より義妹がついているのが心強い(はず)。
c0069036_22535226.jpg
c0069036_2254542.jpg
パンフレットをもらって帰りました。中国のマンションのパンフってイメージとか謳い文句ばかりで具体的な内容がちっとも書かれていないのが不満ですが。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-13 22:56 | 2006*暑假上海 | Comments(0)

▲1キロ!

しっかり歩いたし、汗もかいたし、相変わらず小食だったし、2kgくらい痩せたかなあと思って今朝体重計に乗ったら、旅立ちの朝より1kgだけマイナスでした。履いていったパンツがゆるゆるになっていたんだけどな。後半、義母に会ってから「●、痩せすぎ!しっかり食べてもうちょっと太らなきゃ」とガンガン食べ物を勧められていたのと、深夜のアルコールが減量を抑えたのかもしれません。

「●ちゃん、自転車通勤を始めてからすごく元気になったね」と相方が言うとおり、けっこう元気な日々で、例年よりはしっかり食事を取っていました。

本日より仕事復帰。チームメイトはやさしく迎えてくれました。やっぱり仕事、同僚には恵まれているかも!で、今回はいつになくお土産を会社にどっさり持っていきました。天福茗茶の抹茶クッキーや上海蟹味プリッツ。子持ちの男子チームメイトたちにはIKEAで買った指人形、女子にはANNABEL LEEのコースターやジャスミン茶など。

食器類などをがんがん買ったので、帰りはスーツケースに手提げ袋大2個という姿。相方の荷物を少しは持ち帰る予定だったのに、むしろ自分の荷物さえも持ちきれず置いて帰ってしまったという・・・、彼からは「この役立たず!」とののしられました。わはは。
c0069036_2158013.jpg
パーティバッグ×2。ピンクのはもうすぐお誕生日のチームメイトに。感激してくれました。
c0069036_21581462.jpg
景徳鎮です。桃柄が好きなもので。一部は別の同僚のお誕生日プレゼントに!
c0069036_21583128.jpg
ラピス・ラズリがセールになっていて思わず購入。ブルーとグリーンが美しいでしょ?
c0069036_21585031.jpg
これはカルフールで買いました。全部で100円もしなかった(!)

信じられない安さで買えたり、日本の雑貨屋さんで買う値段と変わらなかったり、上海での買い物は深いです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-13 22:02 | 2006*暑假上海 | Comments(0)
お昼前に部屋を出て雨がポツポツと降る中、IKEAに向かいました。目的のひとつがカフェテリアでランチを取ることだったのですが、とにかくすごい人で、空いている席を探すのがたいへんな状態。やっと席を確保して、相方が料理を選びに行ってくれました。
c0069036_2012563.jpg
スウェーデン風ミートボール、彼は牛肉ご飯(ごはんが美味しかった!)、チョコレートケーキにドリンクバー×2で61元(約900円)。相変わらず美味しいし、コーヒー3杯も飲んじゃったし、満足、満足。もうちょっと静かだったらいいんだけど、週末のお昼時だからしかたないかな。

買ったものは・・・
c0069036_2085017.jpg
c0069036_209325.jpg

ついでにモデルルームで撮影。こんなロマンティックな部屋で暮らすことはまずありませんねー。
c0069036_20101151.jpg

荷物を相方に託してわたしは引き続きお買い物。(彼もわたしの買い物につき合わされるのはたまったものじゃないらしく、こういうときは「ゆっくりしてきてー。」と快く送り出してくれます。)
c0069036_20223347.jpg
c0069036_2022503.jpg地下鉄・陜西南路駅で降り、パークソンデパートでサンダルを1足、さらに陜西南路を北上して小さな靴屋さんをいろいろみてもう1足買い上げました。
パークソンの地下で食料調達しようと思ったらすごい人なので即立ち去り、向かいのプランタンンの地下で彼の好物手羽先とわたしの好物ドイツビールを買って帰りました。

今夜もおうちご飯で満腹後、近所に足マッサージへ出掛けました。近所にはいたるところにマッサージ屋があります。みんなやっていけてるのでしょうか。最初「ここは初めてのところ」と相方がドアを開けたお店は紫のライトが怪しく、小姐たちがやる気なさそうに座っていて、そのまま出ました。

結局入ったのはここ。
c0069036_20301262.jpg
足楽園」って!ドアを開けたら5-6人くらいの小姐がみんなアイスバーをくわえていたので笑えました。しかし腕はなかなかのもの。60分30元(約450円)という値段からしたら大満足でしょう。

その後さらにシャンプーをしてもらうことに。ここは今までに何度か通っている美容院(撮影は昼間)。
c0069036_20294076.jpg
シャンプー液の品質によって値段が違います。相方は10元コース、わたしは奮発して(!)15元コース。さらに「修眉(眉を整えてもらう)」も10元プラスしてお願いしました。担当小姐がおしゃれでかわいいから「大丈夫かな」と思いつつちょっと心配だったけれど出来上がりはナチュラルでした。

お手頃価格でこうゆうひとときが体験できるのは中国生活の大きな楽しみのひとつです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-12 20:36 | 2006*暑假上海 | Comments(2)
実は家楽福のパン売り場のパンはあまり美味しくないので、専門店で買って帰ろうと思ったらパウンドケーキしか残っていなかった。で、今朝の朝ごはんはこれ。これもそれほど美味しくはない。
c0069036_17293560.jpg

本日は相方が静安寺の方で1社面接を受けるのでわたしも地下鉄でそっち方面に出掛け、面接が終わる頃まで別行動を取りました。久光をブラブラしたり、近くの市場でバッグを購入したり。ここの市場は商売っ気がないのでのんびり買い物ができます。このバック屋さん、以前は襄陽に居たけれど閉まってしまったのでこっちへ移動してきたらしいです。おじちゃんも以前は吹っかけまくっていたのかもしれないのに、ここでは最初から妥当な金額が提示されます。ちょっとだけまけてもらいました。
c0069036_1729076.jpg

相方とおち合って、伊勢丹の地下「大食代」でお昼ご飯。最初にカードを購入して、それで好きなものを注文していきます。お昼時なのでそりゃあもう大賑わい。
c0069036_17322879.jpg

ご飯の後はまたまた別行動。お休みを取っている相方が晩ご飯を作ってくれるというので夜に部屋で待ち合わせとなりました。

景徳鎮の食器を買ったり、ネイルケア(久光1F、手と足で218元。今回はオフィス向きにおとなしくしてもらいました)をしたり、バーゲンを見て廻ったり。
c0069036_17351819.jpg
疲れたので静安公園内のカフェでラテを飲む。
c0069036_17362186.jpg
公園内をお散歩。女の子がペットボトルでお母さんの背中やお尻をたたき続けていて最後には叱られていました。

その後バス停を探して徐家匯へ向かい(2元)、港匯広場の地下のスーパーで今夜のワイン用にサンドイッチとバゲットを買って、地下鉄で家路へと向かいました。

ジャン!おうちご飯は楽しいなあ。今回もまたカルフールで仕入れてきたPIEROTHの白ワインでご機嫌です。
c0069036_17422432.jpg
食後に相方が「西瓜を買いに行って来るね」と言うので、「じゃあこれで。」と10元(150円)を握らせました。ああ、こういうのをしあわせというのでしょうか。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-12 17:47 | 2006*暑假上海 | Comments(2)
うちの地元の空港には無料の駐車場があるのがなんといってもありがたいところなんだけれど、たいていは遠く離れた第4駐車場しか空いていなくてマイクロバスで駐車場から送迎されることになるんです。ところが今回は珍しく、玄関前の第1駐車場に空きがありました!なんかラッキーなことが起こりそうな予感・・・。
c0069036_16141318.jpg
わたしが停めた車の向かいで猫がだれていました。この日はそれほど暑くなかったですが。

浦東国際空港に到着したらなにやら騒々しい。オレンジの風船を手にしたオレンジのシャツの小姐がわんさか溢れていました。韓国の人気グループ、神話来中のようです。
c0069036_16142633.jpg
これはわたしも待たなければなりません。4EVERのRのあたりで1時間到着を待ちました。この間に、母と相方に無事到着の電話を入れ、「でもまだ空港に居るの。韓国スターが出てくるのを女の子たちと一緒に待ってる。」と報告。ふたりとも「どうせ暇なんだからいいじゃない。」「わー、写真撮れる?」という反応なので嬉しかったです。「いい歳してやめろ」とか「さっさと帰れ」とか言われなくて幸せ。

結局1時間経っても姿が見えないので、「特にファンじゃないし(なら待ったね、3時間でも)そろそろ公萬に向かおー」とあきらめてバスに乗ったら、バスのすぐ前方に神話が乗る車があって、ファンにもみくちゃにされながらメンバーが乗り込んでました。その姿を、隣りの席のキュートな小姐(おそらく20歳くらい)と一緒にバスの中で「きゃあきゃあ」言いながら立ち上がって見てました。一応「神話に逢えた」というネタにしてもいいよね?

空港バスを徐家匯で降り、タクシーに乗って「■■××路」と伝えたら運転手さんが「××路」を知らなくて、電話を掛けて訊いてくれながら無事公萬に辿り着きました。そしてフロントのおじちゃんにお土産渡して愛想して17階に上がったけれど、またもや鍵が開かない!今回はきちんと予復習をしてきたのに!2回仕事中の相方に連絡をするが、「なぜ開かないの?」という反応。結局19時に家楽福 蓮花店に集合となり、荷物をフロントに預けてそのまま出掛けました。

実はこの鍵、わたしが年末に帰った後、一度ロックインしてしまったため作り変えたことが判明。わたしの持っている古い方の合鍵では開くはずもない。わたしが2度も「開かない!」と連絡しているにもかかわらず気づかない相方よ、しっかりしてくれ。

19時に相方とGW以来の再会を果たし、避風塘で晩ご飯。
c0069036_16144157.jpg
焼きソバとかぼちゃ餅がお気に入り。
c0069036_16145596.jpg
これは相方の好物、アヒルの顎(?)。

家楽福でワイン、ビール、牛乳、パンを買って仲良く公萬に帰りました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-12 16:53 | 2006*暑假上海 | Comments(2)