上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:週末婚生活再び( 237 )

2月12日、相当散々な一日でしたが、その日の晩ご飯は、どうしても行っておきたかった彼の住まいの向かいにあるサイゼリアへ。

オードリーが食べつくしをしている動画を観て、どのメニュウも安くて美味しそうなので、生涯2回目のサイゼリアへgo!相方はお初です。わたしとじゃないと洋食系は行かないもので。

なんたってリーズナブルなので店内、若い子多し。禁煙席なのでさらに学生度高し。そのなかでおとななわたしたちはおとなな注文ぶりをみせつけてやりました!
c0069036_2329591.jpg
フレッシュチーズとトマトのサラダ。トマトがかたいのが残念っ。赤ワインをデキャンタで。250ml入りでガマン。だってこの後相方は新地まで鍵を取りに行くという業務が残っているから。ふつう取り戻してからゆっくり食事しない?「食べてから行くよ~」と譲らない男なんです・・・。
c0069036_23301219.jpg
プロシュートとフォカッチャ。生ハム旨い!
c0069036_23302372.jpg
生ハム、生ハム~ この場面を思い出しながらはしゃいでいただきました。

c0069036_23353021.jpg
ムール貝のなんとか
c0069036_23355796.jpg
カット肉のステーキ。このあたりは相方のリクエストです。

c0069036_23364755.jpg
一番人気、ミラノ風ドリア
c0069036_23371741.jpg
きのこと野菜のピザ

プチ食べつくし状態になっています。相方に後の業務が控えていなかったらもっとがっつりいっていたはず!

相方が地下鉄の駅に向かうため先にお店を出てひとり残されたので、この勢いでもっと食べ続けちゃおうかと考えたのだけれど、お昼ご飯のあと、カフェでスフレチーズケーキも食べていたので、ウエイト的なことを考えて思いとどまり、お勘定を済ませてお部屋に戻りました。
c0069036_17371917.jpg
相方が用事を済ませるのをひとり待っていたこのカフェ、そうです、ここのガラス扉に正面衝突したんです。まったくどんな一日だよ!!
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-15 21:12 | 週末婚生活再び | Comments(0)

新年快楽!

旧暦の元日でございます。

家族ラブ!な相方から昨夜のうちに指令を受け、朝8時(現地は7時)に義理ママに電話を入れました。「あけましておめでとう。今年は会いにいきますね。身体に気をつけて」くらいなかんじ。義理パパにも電話を代わられたので同じことを言っておきました。無事任務完了~。

わたしの後に実家に連絡したらしい相方から「●ちゃん、電話してくれたんだね」とお褒めの電話もあり。って、これくらいで褒められるってどんだけ不肖の嫁なんだ!

義両親への電話を終えて、急いでわが実家に向かい、母を拾って父のお見舞いへ。入院が決まったとき大阪に居てまったく何もしてあげられなかった後ろめたさも感じつつ、病室のドアを空けたら、痛みでうずくまっている父の姿が・・・。おさまらない痛みですっかりやつれて、いっきに老け込んだその姿に衝撃を受けました。それでもお昼頃には、髭を剃って、蒸しタオルで顔をふいてさっぱりしたのか、いくぶんか復活して、お昼ご飯も食べていたからほっとしました。

痛みで余裕がないものだから、看病している母に対してきつい言い方をずっとしていた父ですが、ちょっと気分がよくなったとき、「おとーさん、いつも家で見ている姿に戻ったかんじ」と言ったら、「この人のおかげです」と母の方を指してました。おお、夫婦愛。

父と同室の男性(60代・けっこう重い症状?)も、励ましている妻に対して「おまえはいいよな、口だけでそんなことを言えばいいんだから」と言い放ってました。自分がしんどいと一番甘えられる相手にそうなっちゃうんでしょうね。奥さまは「なんでそんなこと言うん?」と怒ってましたが、その後もかいがいしくお世話をしてました。

それにしても田舎の公立病院、入院患者も付き添いも高齢者が多くて、せつなくなりました。まさに老老介護の世界でしたね。

2010年春節、高齢者社会の現実を憂う。
c0069036_17273120.jpg
今日はバレンタインデーでもありました。当日会えないし、うちの身内女性陣からチョコはもらうので、わたしはデザート詰め合わせを木曜日に持って行きました。そして金曜日の朝食となりました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-14 17:33 | 週末婚生活再び | Comments(0)
いよいよバンクーバーオリンピックが開幕ですね。

そんななかワタクシは大荷物を抱えて大阪から帰ってきました。
c0069036_19593973.jpg
見よ、この量。電気製品(閉店セールをやっている家電量販店で思わず買ってしまいましたスチームモップ!)や、相方んちにあった中国のショッピングバック(赤)を抱えているので、大荷物をものともしない人民女子と思われたかもしれません。本当は荷物が多いのが大嫌いな大和撫子ですのに。

全部持ったら吐きそうなくらいダメージがあり、とても交通機関の乗り継ぎは不可能と思われ、大阪モノレールで伊丹空港、そこから高速バス、車という手段を取りました。そしてなんとか無事に帰宅。

それにしても今回の滞在中もケンカしまくり、何度「リコン」という3文字が頭をよぎったことでしょう。それでも隣りで健やかな寝息をたてる寝顔や、美味しいごはんを作ってくれたときの「どや顔」をみると許せてしまうんですね~。

まあ、ずっとわたしのテンションは低く、その低いレベルのなかでも気分がジェットコースターのように上下した3日間でした。滞在中に「父入院」の知らせがはいって、動揺もしたし。

今回の滞在の目的のひとつは大阪のビジネス街のランチタイム偵察。昨日のフライデーランチタイム、梅田に向かい、新地・堂島エリアをうろうろ。彼としては地下街の外にサンプルが並ぶような、洋服に油のニオイが染み込むような(!)、お店体験をしたかったみたいですが、わたしはそれはイヤ。せっかくだからランチならお気軽に食べられる割烹、和食のお店でごはんを食べたくて、それで意見が衝突。結局わたしの行きたいところに連れて行ったら、食事中ずっと相方不機嫌。「美味しい?」と訊いても「フツウ」だと!

1軒目は「ごはんの炊き上がりまでに20分かかる」と言われてパス、2軒目に選んだのが「割烹 ひな膳」さん。お昼の定食は
c0069036_20104065.jpg
わたしがえらんだ天婦羅
c0069036_201154.jpg
相方が選んだ鯖の幽庵焼き
c0069036_20132051.jpg
デザートの黒糖シャーベット生姜がきいていておいしかったです。

ずっと態度の悪い相方の機嫌を取るのもあほらしいので、「■ちゃん、何その態度?まったくちっちゃい男。あなたの器はこのシャーベットのお皿くらいの大きさだわ!」と叱りとばしました。このせりふがどうやら彼のツボだったらしくそこで笑っていったん気分はおさまったもよう。まったく・・・。

お店のおねえさんがすごくカジュアルで想像していた割烹料理のお店とはちがいましたが、800円というお値段は魅力的です。

そしてここで相方がダウンジャケットを脱いだとき自転車&部屋の鍵を落としていました。そのとき「なんか無造作に脱いでるなあ」と思ったので、地下鉄で戻ってきて自転車に乗ろうとした彼が「あれ、鍵がない。」と騒いだときにピンと来ました!で、お店に電話をしてみたらやっぱり・・・。滞在中いろんな点にダメだしをされていた妻ですが、こういうところはしっかりしているんですよ。感謝せよ!
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-13 21:11 | 週末婚生活再び | Comments(0)
大阪に来ています。相方が暮らす大阪に来るのはきっとこれが最後なので、楽しい思い出を作りたかったのですが・・・、けっこう散々なかんじになっています。

相方が用事を済ませる間、ひとり日本橋のカフェに居たんだけれど、戻ってきた彼から「いったいどこのお店に居るの?」と連絡がはいり、迎えに出ようとしてカフェのガラス扉に激突した。店内、ざわつく・・・。「いたた・・・。ちょっとぉ、ちゃんと迎えに来てよ~。」

そして、現在相方はお出かけ中。部屋の鍵と自転車の鍵をおひるご飯を食べた新地のお店に落としてきたので、取りに行っています。わたしが引き連れて行ったので、ひとりで無事たどりつけるのでしょうか?

もう、まったく・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-12 21:21 | 週末婚生活再び | Comments(0)
相方をバス停まで送り届けてきました。時間ギリギリになって毎度毎度ぐだぐだし始めるのやめてほしいんですけど。ストレス指数計の針がいっきに振り切れました。しかし慣れというものはすごくて、いちど振り切ったらけっこう早めに通常状態に戻ることができるようになりました。

駐車場に下りてから「あ、ニンテンドー(!)忘れた」とDSを部屋に取りに戻っていましたが、その時点で気づいただけでもよし、としましょう。

本当に「ひろい心で!」で臨まないと・・・。

【昨日の夜ごはん】
c0069036_15472491.jpg
わたしが準備していました。定番、キムチ鍋/大根と人参のスティックサラダ/前菜辛口キムチを使ったうえにソウルで買って来ていたコチジャンをたっぷりと絞りこんだので、かなりの辛さでした。〆めはさぬきうどんを投入。
c0069036_15503920.jpg
デザートのアイスクリームとりんご。「太るね。でも今日はいいとしよう」と自分に甘いダイエッターカップルでした。

【本日のお昼ごはん】
c0069036_15515580.jpg
キムチ雑炊/スティックサラダ/ほうれん草とマッシュルームのにんにく炒め/ねぎま
c0069036_1552371.jpg
プロが作ったねぎま。見栄えも焼き具合もお味もGOOD!ほうれん草炒めは塩入れ過ぎ!
c0069036_15521136.jpg
相方が3膳おかわりしたキムチ雑炊。これがソウルで買って来たコチジャンです。今日も追加で入れてみました。韓国めし、ラブ!

姉と会うたびに「ソウルいつ行く~?」と盛り上がっていますが、義兄からは「南九州、いつ行く~?」と誘われまくりです。娘に逢いたくてたまらないみたいですが、母親(姉)は「あたしは全然。それよりソウルでしょ!」って調子。女は強し、ですね。

ソウルで美味しいもの食べたり、買い物したりしたいし、宮崎の姪っ子にも逢いにいきたいけれど、わたしの場合は、ソウルよりも南九州よりも上海通いをしないといけないんですよーっ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-07 16:00 | 週末婚生活再び | Comments(0)

今週も食べた

父の体調はやや上向きのようです。宮崎の姪っ子(父にとっては孫娘)から電話があり、それ以降すっかり元気になったとか。やっぱり気の持ちようですね。って、ちょっとぉ、昨日の次女の訪問は効果なし、ですかー?ま、とりあえずひと安心、ということで、相方とおだやかに週末同居婚ライフを送りました。

ずっと「おいしいね~」「満腹~」と言い合っていただけ、という気もする・・・。たしかに相方が2006年夏に日本に戻ってきて以来、わたしの体重は着実に増加中。

【昨夜の晩ご飯】ルクルーゼで煮込んでいたミルフィーユ鍋は・・・、
c0069036_2002262.jpg
こんなかんじにくたっとなりました。白菜と豚(わたしはしゃぶしゃぶ用のロース使用)を重ねて切って並べて、昆布茶をふりかけ、お酒で煮込んだだけ。それがめちゃくちゃ美味しい!柚子胡椒、ポン酢を用意しましたが、何もつけなくて美味しかったです。〆めには相方のリクエストで中華麺を投入。にんべんつゆ、胡椒をいれて、これまた激うま!

あとはオードブルを準備していました。(食べかけで失礼)
c0069036_203224.jpg
サーモン、カマンベールチーズ、ピクルス、ザワークラウト。IKEAのビスコットに乗ってけていただきます。このビスコットがお気に入り。でも先日鶴浜店に寄ったとき買いそびれたので、ストックがなくなっちゃいました。

【本日の朝ごはん】相方が走りに出て行ってなかなか帰ってこないから待ちきれず、先にカフェオレ、デニッシュパンで済ませる。彼が戻ってきてから、ホットミルク(はちみつ入り)としょうゆ餅を出しました。

【お昼ごはん】
c0069036_20899.jpg
ほうれん草とえのきのにんにく炒め(彼作)、サラダ(わたし作)、やきとり(県北のブロイラー屋さん作。チームメイトが県北に出掛けるたびに頼んで買ってもらってます。@60!)

どこにも出掛けず、ほんとうにおうちでゆっくりしていました。もうすぐこういう時間もなくなっちゃうのかな。

ところでずっと大ちゃんラブを前面に打ち出していたので、わたしの若林くんへの思いは気づかれていないかと思いきや、さすがにばればれでした。
c0069036_2024280.jpg
パソコンに向かっていてもテレビからラクティスのCMが流れるたびに(昨夜から今日、やけにこのCM流れていたのだ)ガバッとテレビの方をみて熱視線を送っていたら、「こら、いい加減にしなさい!」と叱られました。

昨夜も「今日は早めに寝るよ。11時にはベッドに入ります。」宣言をして、「いいことだね。」と褒めてもらったけれど、実は深夜1時からのオードリーのオールナイトニッポンを聴きたいからアラームを1時にセットしてましたの。ついつい「でも1時には起きるからね。」と告げたら、すかさず「ラジオでしょ?」というつっこみが!「さすがあたしのことよくわかってるねえ」と持ち上げたけれど、笑ってはくれませんでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-01-31 20:33 | 週末婚生活再び | Comments(0)

当然、勝訴だ

業務処理のため休日出勤。わたしがリーダーをしているユニットメンバーのほとんどに出てきてもらいました。

食事時間も惜しんでサンマルクカフェの卵サンド(お気に入り)をつまみながらさっくり6時間働いて退社。以前だったら休日出勤した日は「手当てを使い切りま~す♪」なんて、そのままお買い物して帰っていたけれど、いまやそんな恐ろしいことできません。直帰ですわ。(ちなみに先月は残業時間ゼロで、給与明細みたときは心を冷たい風が吹きぬけました!)

社員定着率の高いわが社も最近はポロポロ退職者が出ていて、あと産休・育休を取る人も増えています。経営者としては「出産で休まれたり辞められたりしたらかなわない」という気持ちがあるのは当然だと思うけれど、今の時代それを口にしちゃあダメでしょう。しかしうちの社長は本当に無邪気くんでして、先日、取締役2人、部長3人が打ち合わせをしている部屋に業務の確認で呼ばれた際、「ところできみ子作りはするんか?」と直球をいただきました。「えっと子作りは・・・、って、ここで答えるんですかぁ?」と叫んだら、部長クラスは苦笑してました。訴えたら確実に勝てるね

休日出勤を終えて相方に電話。例によって「今日は早めに帰るね」とは言っていたけれど、16時時点で「今どこ?」と訊ねたら、ケラケラ笑いながら「これから出ます」って。彼が帰ってくるまでじゅうぶん時間があるので、京都土産の定番「およべ」冬季限定(栗きんとん&黒豆)を持って実家に父のお見舞いに行きました。まだ痛みが続いているらしく、2w振りに逢ったらずいぶん老け込んでいて娘はショックを受けたのでした。

父を母に委ねてマンションへ戻って、晩ご飯の準備。今日は白菜と豚のミルフィーユ鍋にします。
c0069036_2053353.jpg
ルクルーゼで煮込んでいたら、相方から「あと15分で着きます」連絡がはいったので、迎えに行ってきま~す。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-01-30 19:16 | 週末婚生活再び | Comments(0)

王将のワザを盗むのだ

京都でおしゃれランチを済ませた夜は、相方の住まいの近所の王将へ行きました。日曜日の19時くらいだったのですごい待ちになっていましたが、「カウンターでOK」と告げたらすぐ通してもらえました。

相方は厨房の見える場所(餃子を焼く係の人が目の前)に座れて大喜び。「餃子の焼き方を盗むから、●ちゃんもよく見ていて!」と指令を受けたけれど、別にフツウに焼いているだけだと思うんだけど。
c0069036_2252476.jpg
c0069036_2323633.jpg
写真も撮ってみた・・・。

オーダーしたのは、
c0069036_22532139.jpg
焼き餃子3人前(+持ち帰り生餃子2人前)、レバニラ炒め、炒飯、生ビール。合計額はランチと同じくらいでした!

やっぱり王将は旨いなあ、と、満足して徒歩3分の相方んちに帰りました。そして当日のブログにUPしたように、即おうちで焼いてみました。油を敷かなくてもタネから油が出てきます。お店と同じようにおいしく焼きあがりました。できる男なんですよー。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-01-29 23:03 | 週末婚生活再び | Comments(0)

週末京都のご報告

本日は飲み会もなく、とっとと帰宅したので、日曜日の京都デートのUPがやっとできます♪

やっと予約が取れたフレンチのお店、ガスパールザンザンでランチ。
c0069036_2152178.jpg
六角堂の近くにあります。

ランチは3時間帯の入れ替え制。わたしたちは14:30~の部。お店に到着したら何組かがテーブルセッティング待ち。前の組の片付けをバタバタとやっている間、けっこう待たされて、待つのキライなわたしは若干「ん?」となってました。広い心で~!(←自分に言い聞かせてます)

やっとテーブルに案内されました。
c0069036_2159031.jpg
名前カードが置かれているのはちょっとうれしいです。

頼んだのは、大人のお子様ランチ・1,150円です。

ワンプレートランチで、オニオングラタンスープ/キャロットラペとインゲンのサラダ/貝殻の形をしたパスタのクリームソース/メイン料理(選択)/パン/グレープフルーツプリン/エスプレッソ(わたし)・グレープフルーツのフレーバーティー(相方)
c0069036_2221973.jpg
わたしはメインを「期間限定! ハンバーグステーキ トマトソース」にしました。

相方のメインは「鳥もも肉のコンフィ粒マスタード添え」。
c0069036_223938.jpg

なんと相方は人生初の「オニオングラタンスープ」体験だった(あまりふたりでフレンチは行かないからね)みたいで、いちいち「これ何?」と訊きながら「おいしいなあ」と感動しているのはたいそうかわいかったです。

そして楽しみにしていたデザート、グレープフルーツプリン。このプリンを買いにお客さんがけっこうやって来てました。
c0069036_2254456.jpg
わたしは300円をプラスして、プリンのうえにカンパリ味のジュレとグレープフルーツシャーベットを乗っけてもらいました。あれ?・・・。プリンだけのが好みかも。
c0069036_22142751.jpg
ふたりでごはん食べに行っても、毎度毎度ブロガーの妻が写真を撮り終えるまでじっと待つことに慣れてしまった相方です。こんな風にスプーンを持ってくれたりします。感謝。

と、ラブリーにランチを済ませたのですが、実は今回の京都では、上海のお店に飾る手ぬぐい(上海で額装予定)を買うというのが大きな目的でして・・・。これがふたりの絵柄の好みがまったく合わなくてたいへんでした。お店のひとも苦笑してましたから・・・。本当はわたしがプレゼントしてあげるはずだったのに、あまりにもわたしの趣味と異なるものを選んで譲らず、「じゃあ、もう自分で買うよ!」と勝手に彼が買っていました。

会社で女性上司にその話をしたら「手ぬぐいなんて何枚でも買って入れ替えたらいいじゃない」と言われたんだけれど、これからの出費を考えたら、手ぬぐい1枚も無駄買いはしませんよ。
c0069036_0301084.jpg
・・・そんなケチ根性を隠して、セレブミセス風の1枚。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-01-28 22:25 | 週末婚生活再び | Comments(0)
相方の退職日も決定し、大阪の住まいの荷物を徐々に運ばないといけません。今回も「●ちゃん、少し荷物を持ち帰ってね」と頼まれていたのに、ワタクシ、なんばに到着するやいなや、大阪のデパートの販売員のレベルの高さにはまって気がつけばブーツ1足、パンプス2足を手にしていました。そのほかにもワンピース、セーター・・・と買い物魂に火がつき、彼のもとに到着したときには大荷物を抱えてました!

当然、彼の荷物まで持って帰る余裕はなし。でも、毎回自分が買ったものを「■ちゃんが帰ってくるときに持って来て」と相方に託して帰っていたけれど、今回はさすがにちゃんと自分で持って帰りました。当たり前か・・・。

(それにしてもバーゲンにもかかわらず、販売員の対応は素晴らしかった。笑顔うんぬんじゃなくて、物を売るプロ意識というか・・・。ジーンズの下は着圧ハイソックスだったので、ショートストッキングに履き替えさせられ、その場を歩かされ、で、中敷でサイズ調整をしてもらい・・・。どうやらわたし太ったのに足のサイズは小さくなっていたみたいです。)

大阪初日は買い物しまくり、そして、昨日はお昼前から京都に行ってきました(午前中2時間くらい彼は仕事だったので)。

最寄の京阪電車の駅までふたりで自転車で向かったのですが、住宅街を疾走するのが楽しかったです。帰りはすっかり日も暮れた商店街を突っ切る。
c0069036_21101646.jpg
通り過ぎてから、「■ちゃん、ちょっと待ってて。写真撮っておきたいから」と戻って撮影。

だって、おそらくここを通るのはこれが最後だと思うもん。相方が大阪生活をひきはらったら、この街に来ることはもうないでしょう。もともと土地への執着がないわたしなのに、「なんだかこういう、もう二度と訪れることがないであろう場所が増える」ことに対して、センチメンタルな気持ちになりました。歳のせいかしら。

あと住宅街というのにやられる!「じゃあね」とあいさつをしあっている自転車の学生や、立ち話をしている近所の人たちの姿に、「ああ、ここにもちゃんと生活があるよね」としみじみしてしまうのです。そして、わたしは何かたいせつなことをすっ飛ばして生きている気がいつもしている。子育てをしていないことも大きいと思うけれど、その土地にしっかり根付いて暮らしていない感をずっと抱いています。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-01-25 21:24 | 週末婚生活再び | Comments(0)