上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:2007暑假上海・南昌( 12 )

他回来了!

本日は空港まで相方の出迎え。ちょうどこれから搭乗手続きする人たちが居て、「うらやましい・・・」と心から思いました。

到着出口前にはけっこう賑わっていて、なんでも織物組合の人たちが研修生の出迎えに来ているようでした。けっこう大勢の名前の入った名簿を持っていて、うちの地元空港から彼女たちはまた日本各地へ散らばるみたいです。期待と不安が入り混じった気持ちでいるであろう小姐たちのことがちょっと気になりましたが、相方が早々に出てきたので、彼女たちの姿を見ることなく空港を後にしました。

待っているとき、組合の奥さまたちがお菓子を配りあっていて、わたしにもミルキー2つをくださりそうになったので、「ん?」と言ったら、「ああ、他のお客さまだったわ」と引っ込められました。どうやら一緒に出迎えにきた中国人小姐と間違えられたもよう。

c0069036_18233528.jpg確かに今日のいでたちは、ユニクロ&MUJIでトータルコーディネートでしたけどねぇ。

昨夏のユニクロのキャミとTシャツ、今夏のユニクロデニム膝上パンツ、MUJIのかごバッグとサンダル、ついでにアンダーウェアもMUJI。単価でいうと先日大阪で買ったニットの帽子が一番高かった!

キャミは5色買い(グレー、カーキ、マスタード、白、ブルー)、前ボタンつきTシャツは3色買い(グレー、紺、濃いピンク)して(おそらく@790円くらい?)、けっこうよく着ています。着心地がいいし、シルエットも気に入っています。ユニクロではあの値段につられて、ついつい要らないものまで買いがちだけれど、意外とよく考えて買い物しているわ、わたし。


おうちに戻って相方の荷物のアンパッキング&大阪へ持ち帰りのパッキング。器用くんなくせにパッキングがびっくりするほど下手な相方に替わり、妻がせっせと詰めました。
c0069036_18315513.jpg
c0069036_1832730.jpg
日曜品や調味料や薬がたっぷり。なぜかトランプを10箱くらい買ってたけど・・・。これ、荷物開けられたら絶対怪しまれたよね。

会社へのお土産はわたしの教育どおり、天福茗茶のクッキーやケーキを買っていました。

しかし、幾度もの過酷な旅に耐えたわたしのRIMOWAサルサは今回の旅でとうとう半壊。ひっぱる部分が折れてしまいました。何度も一緒に中国に連れていった相棒だったのに・・・。辛苦了!最近はもっぱら相方が使っていたので「新しいRIMOWA買って~」とねだったら、「なんとか直してみる」なんて言っていました。

あと大きな声では言えませんが、ふたりとも買って来たのはDVD。南昌では1枚3元、上海では1枚5元でした。
なぜか3枚もある韓国ドラマ「宮~ラブ・イン・パレス」。わたしも買い、相方も買い(研修生たちのため用)、義妹がさらにくれた!
c0069036_1839486.jpg
今ちょうどBSで毎週観ているんだけれど、おもしろいので先をDVDで観てしまおう、と。しかし、わたしが買った手前のはリージョンALLだからうちのDVDプレーヤーで再生できたものの、残念ながら中国語音声、韓国語字幕というありえないパターンのためギブアップ。相方が買って来たのと替えて、リージョンALLとなっていたけれど再生できなかったので、パソコンで観ることに。韓国語音声、中国語字幕なので、わずかな語学力と想像力を働かせて、6割の理解度で鑑賞中~!

上海・南昌滞在記 
★8/14②UP
★8/14①UP
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-18 18:47 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)

我回来了!

相方よりひと足先に帰ってきました。よく歩いたし、後半おなか壊していたし、激ヤセしたに違いないと体重計に乗ったら、0.1kgたりとも減っていない。体脂肪率は2%減っていたけど。为什么?

c0069036_1634298.jpg
搭乗手続きを済ませ、バスに揺られて滑走路まで移動していると、こんなPOPにペイントされた機体が。「ふざけたペイントだなあ。」と思っていたら、なんとわたしが乗る飛行機でしたー。

そしてふざけたことに「現在混雑していますので管制塔からの指示待ちのため1時間半ほどお待ちください」とアナウンスがあり、機内で待機させれらました。飛び立つ前に機内食終わるし。まあ、いろんなことがあるさ。

とりあえず無事帰ってきたので、中国滞在の日々はぼちぼちUPしていきます。
★8/12②UP
★8/12①UP
★8/11②UP
★8/11①UP

ああ、夏休みが終わってしまった~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-16 16:38 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)
力を振り絞って5時半起き。帰りの飛行機の便が早いのでいつも早起きしないといけないのが辛いところ。でも帰ってからアンパッキングしたり、洗濯したりゆっくりできるという利点もあるけど。

今回3泊お世話になったホテルをチェックアウト。バスタブはなかったけれど、没問題の部屋でした。

けっこうな荷物(そりゃ、靴3足買えばね。)を抱えて、地下鉄2号線に乗りこみました。実はお見送りなしで上海を去るのは初めて。ちょっと寂しいけれど、きりりとした感じで行動してみました。

そして、リニアに乗り換え。リニアに乗るのはこれが2度目。

今日の最高速度は301kmで控えめ。でも安全第一ですからね。
c0069036_23482256.jpg

あっという間に空港に到着。再見、上海。おなかは壊すし、荷物は重くなるし、クタクタになるまで歩くし、相変わらず苦行っぽいことになってしまいましたが、楽しい夏休みでした。本当はもうちょっとちがったセレブな滞在を予定していたんだけれど、まあいいや。

c0069036_23525113.jpg
上海ではこんな派手なチュニックも着れちゃう。例のZARAのです。完全ブラ見せ。外出時はこの下にキャミを着たし、カーディガンも羽織っていたんですよ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-16 13:55 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)
実質上海最終日。韓国ドラマ『フルハウス(浪漫満屋)』が放映されていて、ついつい見入ってしまっていたが、「いかん、いかん。外に出なくっちゃ!」と渇を入れてお出かけ。

この期間の上海、思いのほか、過ごしやすかったです。

今日は何が何でもこれを食べなきゃ・・・、と、地下鉄で新天地へ向かい、まずは「翡翠酒家」の四川坦坦面。30元(+お茶代?5元)
c0069036_22214572.jpg
大行列になるというのでオープン一番乗りで駆けつけ、店員たちの慇懃な対応ぶりに恐縮しながら「坦坦面1つ!」と注文。

芝麻醤(練りゴマ)と花生醤(ピーナツペースト)がきいてたいへんまろやか。かなり好みの味でした。でも量が多くて1/3くらい残してしまった。
c0069036_22245567.jpg
天井が鏡になっていたので撮影してみた。隣りのカップルは飲茶を楽しんでいました。会話は英語!かっこいいなあ。

かなりおなかがパンパンだったけれど、次にどうしても食べたかったのが、
c0069036_22263647.jpg
鹿港小鎮」の芒果冰沙(マンゴースムージー)。28元。これまた巨大で、ひとりだと1/3くらいしか食べられないかもと思っていたのに、あまりの美味しさに根性でたいらげました。

しかし、ガラスの胃腸がこの荒行に耐えられるわけもなく、その後たいへんなことになってしまった。天福でお菓子を買ったり、お土産のパンダTシャツを買っているうちにおなかが痛くなって、トイレに駆け込み、しばらく出られず!(そしていまだもってゆるくおなか壊しています・・・。)

しかしおなか壊すことには慣れているので、そのまま淮海路を西へ向かい、買い物を続けました。
c0069036_22321095.jpg
H&M(人生初)で、ニットとワンピ、伊勢丹でストロベリーフィールズのパンプス2足

その後花園飯店のロビーで一休みしてから、北上。水を飲みながらヨロヨロと歩いて、大沽路へ。数あるマッサージ店のなかから、「Dragon fly」を選んで全身マッサージ60分135元を受けました。予約なしで飛び込んだので「男性でもいい?」と訊かれる。「没問題」ですよ~。相方とふたりでマッサージを受けにいくと、相方担当は女性、わたし担当が男性になることが多いし、強めが好きなのでむしろ男性にしてもらえるほうがよい。

店内の雰囲気もいいし、担当の少年もなかなかうまかったんだけれど、後半はおなかがやばくなって集中できず、癒されきれませんでした。自分自身のせいです。残念。

南京西路駅からおそるおそる地下鉄に乗ってホテルに帰り、ひとり晩ごはんに出掛けました。ここは無難に一茶一座のセット。
c0069036_22434887.jpg
蟹味噌と豆腐の鍋、ごはん、肉そぼろ、小皿、スイカ。43元。どうしても白いごはんが食べたかったです。鍋はふつうだったけれど、ごはんと肉そぼろがめちゃ好み。小皿のセロリのサラダがこれまた好みで正解でした。

満足してホテルに戻り、死ぬ気でパッキング(RIMOWAを相方に貸したので、自分は機内持ち込み用サイズのピギーだったので、全然入りきらず手荷物が増えまくり~)を済ませ、「私叫金三順(私の名前はキム・サムスン)」の最終回を観てから眠りにつきました。   

わたしらしい上海の過ごし方だったのではないかしら。                                                                                                    
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-15 23:54 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(2)
上海南駅に定刻に列車は到着。いろいろあったけれど無事初ひとり列車旅を終えました。

ここから地下鉄でまた中山公園に向かい、初日に泊まったホテルに再びチェックイン。さあ、いよいよ上海ひとり歩きの始まりです。

地下鉄で静安寺へ。このエリアはけっこう詳しいです、わたし。お昼はビールとおかきだったので、おなかもすいてきたところで、バーガーキングへGO!
c0069036_21464225.jpg
c0069036_21465637.jpg
う、うまいんですけど!中華から開放されて涙が出るくらいおいしくて幸せでした。コーヒーはびっくりするくらいまずかったですが。
c0069036_2147564.jpg
c0069036_21472048.jpg

市場でペディキュア塗ってもらったり(30元!一度目気に入らず塗りなおしてもらった・・・)、チーム女子への中華なお土産を買ったり、アクセサリーを買ったりした後、銀行のATM機で現金を入金して身軽になってから、南京西路をブラブラ。途中ZARAに掴まる・・・。

伊勢丹でイベントをしていたので人民たちと一緒に観てみる。
c0069036_21541021.jpg
c0069036_21542118.jpg
c0069036_21543117.jpg
c0069036_21544328.jpg
後から調べてみたら映画「合約情人」のプロモーションだったらしい。これってけっこうなイベントじゃない?任賢齊(リッチー・レン)、范冰冰(ファン・ビンビン)らがデパートのイベント広場に・・・。

インタビュー聞いてもわからないので早々に去って、地下のBread Talkでパンを買ってからまた地下鉄で中山公園に帰りました。そのままカルフールに寄って、今晩のお酒やお土産のお菓子をどっさり買い込んで帰宅。

ホテルの部屋で晩ごはん。
c0069036_221342.jpg
c0069036_22131729.jpg
スパークリングワイン、カレー入りナン、スタバのチキンサラダセット。No more 中華料理!って気分だったのです。アルコールもほどよくまわっていいかんじ。相方からの電話で「何も困ったことなかった?」と訊かれ、「没問題!」

c0069036_22165956.jpg
本日のお買い物。静安寺の市場でネックレス(30元)、ZARAで仕事用パンプスとなぜかこんなふざけたTシャツを買ってみました(お酒飲んで首とか赤い!)。ああ、楽しいな、上海。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-14 23:59 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)
今朝はさすがに早起きして、でもやっぱりパパの作ってくれた朝ごはんをいただいて出発。義父母たち、息子はまだ残るからか見送りはけっこうあっさりでした。そりゃそうか。

タクシーで南昌駅へ。
c0069036_21162933.jpg
構内にはタクシーが入れないのでちょっと離れたところから歩きます。

「見送りの入場券買ってくるよ」と相方があちこち走ったけれど、そういうものは見当たらず、結局改札口でしばしのお別れ。何度振り返っても手を振ってくれていたのがかわいかったです。

さてさて、中国での初の列車ひとり旅の始まりです。当初、「●ちゃんはひとりで5時間も中国世界のなかに居られないよ」と相方は心配していたのだけれど、行きの環境をみてなんとかいけるかなと決断。3,000円という運賃も魅力だし(それもパパが出してくれたんだけど)。

乗り込んでみたらふたり掛けの席でとなりは30代の良識ありげなビジネスマンでちょっと安心。しかし、悲劇はここから始まりました。

・・・以下、昨日の朝礼のスピーチで話した内容。

そのビジネスマンがノートパソコンを閉じたあと、取り出したのはミニラジオ。なんとイヤホンもつけず普通にラジオを聴き始めました。流れてくるのは中国の古典音楽がえんえんと・・・。「車窓の風景とあいまって旅情がさらにかきたてられるわん」なあんて思うことはできず、こういう公共の場で普通にラジオを聴く神経が信じられず、10分ほどは我慢したものの、とうとう訴えることにしました。

残念ながらジェスチャーと日本語で。「ちょっと、あたしそんな音楽聴きたくないんだけど!」しかし、彼は「はーっ?」というかんじで、わたしがしつこく訴えてやっとラジオを自分の方に向けるという行動を起こしました。

それくらいじゃ事態は変わらず、こうなったらつげ口みたいでいやだけどしかたない、と、通りがかった乗務員に今度は英語とジェスチャーで訴えました。「この音楽耐えられないんだけど、彼になんとか言ってくれない?」

しかし彼女は英語がわからないというより、わたしの怒りの意味がわからないという風で、頼みの綱の周囲の乗客も「この日本人、何言ってんの?」という目で見ています。それでも頑張って訴え続け、やっとボリュームをちょっと下げてもらうことになりました。

それからわたしもビールを飲んでちょっとどうでもよくなっていたら、しばらくしてラジオに飽きたのか彼が音楽を止めました。すると今度は遠くからファンキーな音楽が聴こえてくるではありませんか。

そこでやっとわたしは、この国では列車の中でも自分が聴きたいものを普通に聴いていいんだ、ということを理解しました。携帯の着信音はガンガン鳴るし、それに大声で対応しているし、「まったくこんな公共性のない国でオリンピック開催なんて無理無理」と心のなかで叫び続けました。

さて、こんなことがあって気まずいかなと思ったお隣さんですが、さして気にも留めてないようです。降りるときには荷物を降ろすのを手伝ってくれたり、本当にわたしの理解をはるかに超えるよ、人民・・・。

(朝礼ではこんなにまとまったかんじでしゃべれず、ややぐだぐだになってしまったけれど、後で社長をはじめ、何人からか「おもしろいなー!」という反響がありました。)

c0069036_21335393.jpg
飲まずにはいられません!昨日南昌のスーパーで買っておいて冷凍庫で凍らせて持参した青島ビール。パパに見つからないようにこそっと入れて、こっそり持ち出そうと思っていたのに、「忘れないように!」と、水と一緒にスーパーの袋に入れてテーブルの上に置かれていました。アイヤー。最初から最後までトホホな嫁でした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-14 23:55 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(2)
そんな居心地のいい義両親のアパートではありますが、相方がひとり外出するとなってはひとりおうちに居るのもちょっとつらいので、すぐ側にある喫茶店で時間つぶし。

コーヒーが飲みたくなってもきたので・・・。
c0069036_21594643.jpg
窓際の席を陣取ってアイスカプチーノをいただきながら、持参した文庫本を読みました。浅田次郎でまじ泣きしながら(!)、2時間くらい居たかしら。お昼の時間になってどんどん家族連れが食事を取りにやって来て、おいしそうなご飯を頼んだりしていました。

やっと相方が戻ってきたので、アイスカプチーノ22元がサービスで半額になり、でも最低消費料金が12元/人に決められているので12元払ってお店を出ました。

実家でまたパパの作ったお昼ご飯をいただいて、またまた片付けは免除され、相方が外出するので今度は部屋でお昼寝。どこまでもぐうたら嫁ですみません。で、すぐ戻ると言ったはずの相方はなかなか帰って来なくてイライラ。なんと歯医者に行って3本も治療をしてきたようです。なんでわたしが居る日に歯医者に行こうとする!

晩ごはん前にふたりで美容院へ髪を洗ってもらいにお出かけ。いつも行くところが改装中だったので、別のところ。(中国の街ではいたるところに美容院があります。ちゃんと採算取れているんでしょうか?)「洗頭」と頼んでひとり10元。シャンプー、ブロー、マッサージ、耳掃除付きです。ま、わたし担当の男子のマッサージは本当に手抜きでしたがね。10元ですから、いいとしよう。

晩ごはんを食べたらまたお散歩。
c0069036_2281962.jpg
近所の薬局へ入りました。黄色のは体重計。思わず乗ってみたり。
c0069036_228288.jpg
彼はタコ・魚の目取りテープ、わたしは虫さされ薬とか、かゆみ止めを購入。

c0069036_2285728.jpg
それから街の中心、八一広場へ出掛けてみました。夏は毎晩20:30~噴水ショーが開催されています。
c0069036_2293924.jpg
すごい水の量で、子どもたちは裸で泳いでいます。お子ちゃまなわたしたちも水しぶきのかかる場所に行って、かなり水を浴びちゃいました。

「ね、●ちゃん。南昌は子どもを育てるのにもいい環境でしょ?」と得意気な相方。しかし相変わらず交通マナーの悪さは健在で、「こんなとこじゃ無理です」ときっぱり返しておきました。

タクシーでまた足マッサージへ。南昌だと相方はすぐタクシーに乗ります。上海よりは断然つかまえやすいし、初乗り6元ですから、気軽に使えます。

本日は漢方マッサージ。悪くはないけれど、わたし的には昨日の方がよかったかな。こうしてマッサージ三昧の中国夏休みはどんどん過ぎていくのでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-13 23:59 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)
実家泊の朝、一番最後に起きる。「●ちゃん、そろそろ朝ごはん食べて」と相方に起こされちゃいました。ぐうたら嫁で申し訳ありません。
c0069036_2124274.jpg
パパが用意してくれていた朝ごはん。コーンや豆類を煮込んだもの。栄養満点!

後片付けくらいはしよう、と思ったら、「座ってなさい、休憩しておきなさい」と台所に立たせてもらえません。「そんなあ、申し訳ないわぁ」という顔をしながら、「やった!」と心のなかでガッツポーズ。ほんとサイテーの嫁だな、わたし。

パパの大切な場所、台所。ゴミひとつ落ちていなくて、いつもピカピカで気持ちいいです。義母が脚が不自由なので相方が高校生の頃から家事いっさいをパパがしています。
c0069036_21264294.jpg
c0069036_2127314.jpg
この調味料を使って、パパ渾身の料理の数々が出来上がります。
c0069036_21273980.jpg
この保温ポット、キッチュでかわいいでしょ?沸かしたお湯をやかんからこの赤いポットに移す作業をしているパパの姿を見るのが好き・・・。
c0069036_21274974.jpg
この前掛け、昨年酒蔵見学したときに購入して、パパへのお土産にしました。気に入ってくれたみたいでウレシイ。
c0069036_21275917.jpg
わたしたちのベッドサイドにはいつもフルーツがいっぱい。こういうおもてなしの心にやられますねー。
c0069036_2128820.jpg
義両親の住むアパートの外観。雰囲気があって好きです。

実は初めて相方の実家を訪ねるときはかなり不安だったのですが、清潔感あふれるこの空間を知ってホッとしました。彼らのきっぱりとした暮らしぶりをうかがい知ることができるし、ここで相方が愛情をいっぱい受けて育ったことが想像できます。

パパ、ママ、相方を産んで育ててくれて、わたしにめぐり合わせてくれてありがとう、という殊勝な気持ちにさえなれるのでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-13 23:55 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)
上海南駅まで送ってもらい、いよいよ実家へと向かいます。

それにしても上海南站、まるで空港かと思うくらい立派な建物です。
c0069036_21391387.jpg
私たちの公萬が隣りの駅なので、ずっと工事のときから様子を見ているだけに感慨深い・・・。

今日乗るのは「はやて型」新幹線CRH2型電車の「和諧号」です。今まで飛行機か寝台列車で移動していたのが、上海-南昌を5時間で結ぶという。意外と鉄子なわたしはけっこうこれに乗るのを楽しみにしていました。特に行きはふたり一緒だし。

c0069036_21421786.jpg
「ちょっと、見てくるね」とお子ちゃまな相方が出発前に撮影して来ました。
c0069036_21422811.jpg
c0069036_21424713.jpg
ひとり一本お水がもらえます。
c0069036_21425630.jpg
相方が売店で買って来たポテトチップスをかじりながら車窓を楽しむ。

車内もきれいだし、「これなら帰りひとりでも大丈夫かも」と帰りも列車の旅を選ぶ決意をしました。(ところがそう甘くはなかったのですが、この話はまた後日。)

「世界の車窓から」さながらの時間を過ごして定刻通り、列車は南昌に到着。タクシーで実家のアパートへ向かい、パパママからの歓迎を受けたのでした。

シャワーを浴びてから夜のお散歩。こんな夜の外出ができるのも南昌ならでは。彼お勧めの足マッサージのお店へ行って、足裏マッサージ(よく考えたら本日2回目!)と角質取りまでやってもらいました。担当の男性、わたしが施術してもらった今までのマッサージ師の3本の指に入るうまさでした!気分がよくて相方のもおごってあげました。90分45元×2人分。コストパフォーマンス高し、大満足。南昌の夜はふける・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-12 23:59 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(0)
なんと今日のランチも義妹夫婦と一緒に食べるらしい。普段ケンカばかりしているのになー。

15時半の列車で実家に向かうので、荷物を持ってチェックアウト。タクシーで義妹宅へ向かいました。着いたら、まだふたりは寝起きだったので荷物だけ預けて、相方は銀行へ、わたしは近所で脚マッサージ。「●ちゃん、一緒にウロウロしていたらきっと機嫌が悪くなるから涼しいマッサージ屋さんで待っていて」というので。わたしとしては今回行きたいマッサージのお店はチェックしていたんだけれど、しかたないのできれいとは言いがたいそのお店にしぶしぶ入りました。足マッサージ60分、30元。担当小姐、上手とは言えないけれどかわいくて性格がよく、中国語がダメなわたしに「You are beautiful!」を連発してくれるのでまあお世辞料と冷房料と思えば安いかな。

1時間後、相方、義妹夫婦と合流して、まず出掛けたのはマンションの展示場!昨年も行ったな、そういえば。そこで彼女は1軒購入したのだけれど、「あれは投資用だからもう1件買おうと思っている」らしい!どんだけぇ~!!「おねえちゃんも買おうよ、近くで一緒に住もう!」
c0069036_20201327.jpg

展示場の看板の前であれこれ話し合う兄と妹。モデルルームができるのは8月下旬とのことで、建物の模型図しか見えなかったこともあり、昨年ほどわたしの心は惹かれませんでした。ていうか、お金ないよ~。おにいちゃんの心はかなり揺れているみたいだけど。「買おうよぉ」とわたしに手を差し出すので、その手を叩いて払っておく。

上海料理のレストラン(義弟が連れて行ってくれたガイドブックとかには載っていないとこ。かなり広くて披露宴会場にもなるらしい)でランチ。
c0069036_20244148.jpg

c0069036_20245371.jpg
c0069036_20251976.jpg
わたしはとにかく「炒飯、炒飯!」とリクエスト。ものすごい山盛りの楊州炒飯がやってきました。パラパラごはんがおいしかったです。
c0069036_20253423.jpg
c0069036_20254438.jpg
卵白で作ったマントウ、餡入り。けっこう好みでした。冷たいぜんざいみないなのも○。
c0069036_20255737.jpg
義弟リクエストの肉入りパン。わたしは既に満腹で食べていません。
c0069036_2026720.jpg
えっと、これお昼ごはんです。はい、今日は最初っから「啤酒、青島啤酒!」と頼んでおきました。

全部で270元(4,300円)くらい。義弟におごってもらいました。謝謝。列車で食べる用に打包。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-08-12 23:55 | 2007暑假上海・南昌 | Comments(2)