上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:2008寒假上海( 7 )

■12月28日 上海1日目 
■12月29日 上海2日目 
■12月30日 上海3日目 
■12月31日 上海4日目 UP!

お正月休みのあいだでぼちぼち更新していきますしました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-01-04 23:35 | 2008寒假上海 | Comments(0)

続・上海で泊まる

先ほど日本を留守にしていた間に録画していた「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」を観終え、やっと年を越した気がします。明日から仕事だぁ。脳と体がついていけるかしら。

相方も無事帰国しているようで、関空から「着いたよ~」と電話をくれたとき、「■ちゃん、今だったら×時××分の空港バスに間に合うよ、それに乗れたら近くのバス停で降りれるから」とすかさず指示を出すわたし。「わ、わかったよ。乗りま~す。」と応える相方。本当にわたしは重度の段取り病なんです。

上海滞在中、彼からなんども「●ちゃん、なんでそんなにイライラばかりしてるの。」と注意されたけれど、いやあなたのその無計画な行動がわたしの病を悪化させているんですけど。わたしはとにかく時間と体力のロスを避けたくて、コース取りとか時間配分とか決めてから動きたいんだけれど、彼は(義妹も)ほんとうに行き当たりばったりで非常に無駄な動きが多いから、それに振り回されるとストレスがたまってしまうんです。(それがあだになってけっこう遠回りになってしまうこともたまにはあるにしても)常にショートカットの道を選びたいんです。同じふたご座B型なのにどうしてこう性格がちがうのでしょうか。

でも、滞在中「ああ、この国で暮らすのはきついだろうな」と幾度か思った上海の街がすでに恋しいように、あんなにけんかをしていたのに電話の声を聞いただけで彼へのいとおしさが募るのでした。

今回も過去2回連続で利用したホテルに宿泊。彼が直接値段交渉のうえ日本から格安で予約を入れてくれていました。日本人の安めなツアー客もけっこう滞在していましたが、わたしがもし初めての上海ツアーでこのホテルに泊まることになったとしたらちょっと凹むかもしれない。周りの環境がちょっとあれなので。でも今のわたしにとっては、地下鉄1号線駅スグ、周囲に銀行が多い、バスタブありというのが、大きなメリットのホテルです。

今回最初案内された部屋に入ったら、シングルベッド2つのツインルームで、彼が「大きなベッドひとつの部屋で頼んだのに~!部屋替えてもらうよ」とフロントに電話していました。わたしは別によかったんだけれど、「相方ってば、そんなにあたしとくっついていたいのねー」とほほえましく眺めていました。

そして替えてもらった新しい最上階のお部屋がコレ。
c0069036_19315698.jpg
ダブルベッドが2つのツインルーム。「あー、またベッドが2つだ。通じないなあ。また替えてもらおうか。」と言っていましたが、同じ料金でお部屋だけグレードアップされたから「もうこのままでいいじゃん。ベッド1つだけ使えば。」ということにしました。結局ひとりでのびのび寝たんだけどね。この立地と部屋で4000円/室を切っているから文句は言えません。

「●ちゃん、ここもちょっとサービスが悪くなってきたから次回は高級ホテルに泊まろうか。1泊だけ。」と彼。1泊だけ?ほんと小市民だわ、わたしたち。でも上海でホテルライフを楽しむようなスタイルではないから、どうせ高級ホテルに1泊するなら、杭州のフォーチュン・リゾートとかに行きたいんですけど。どうぞよろしく。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-01-04 19:40 | 2008寒假上海 | Comments(2)

新年好!

あけましておめでとうございます

上海から無事帰ってきました。今朝は5時(日本時間)起きでした。「もうちょっと寝てー」と引き留める相方の手を振り払って起き上がり、6時にホテルをチェックアウトして、彼は西(虹橋空港)へ、わたしは東(浦東空港)へ。2009年早々反対方向へと動き出したふたりでありました。

c0069036_1936111.jpg
初日の出はリニアの車窓から、浦東エリアの朝陽を臨む。

c0069036_19365649.jpg
リニアを降りて、ターミナル2へ向かいます。わたしの愛する2代目RIMOWAサルサ

c0069036_19373643.jpg
浦東空港はクリスマスツリーがデン!と居座っていました。街のいたるところもそんなかんじ。

c0069036_19333688.jpg
待合ゲートで搭乗を待つ。タバコは知人から頼まれた相方から2カートン買うよう指示が出ました。新天地のスタバで買ったタンブラーに黒豆茶のティーバッグ(日本から持参)を入れ、空港のサービスの熱湯を注いで、くつろいでいるところ。

関空から高速バスに乗って帰ってきました。バス停から車で帰ってきたのだけれど、なんてすばらしい交通マナーなんでしょう、と感動してしまいました。クラクション鳴りっぱなしのあの上海の喧騒に満ちた道路とは大違いだ~。ああ、JAPANラブ

といっても、アノ喧騒がまた恋しくなってくるんだけれどね。

今回の上海の滞在は意気込んだほど買い物もできず、おなかの調子は相変わらずで、さらに相方とはけっこうケンカも多くて、相当ストレスフルでした。

でも、西へと東へと別れて以降、何度か気にして電話をしてきてくれたから、許そうかな(簡単だな)。彼の実家の夕食の時間(中国時間17:30、日本時間18:30)にこちらから電話をしてみたら、彼ママが「■は今叔父さんところに行っているよ。電話番号を言うから、そこへ連絡してみて。139・・・・・・・。」と教えてくれたので、その番号にSKYPEで国際電話してみました。そしたら無事つながり、叔父さんが取り次いでくれました。「番号見てびっくりしたよ。何時に着いた?もうご飯食べた?まだ?早く食べて。バイバイ、ちゅっ。」電話が無事つながり(実は番号の聞き取りにあまり自信がなかった・・・)、愛のある返しをしてもらったことで、今年も仲良くやっていけそうな気がしたのでした。本当に簡単な女です。2009年もそんな調子で。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-01-01 19:54 | 2008寒假上海 | Comments(0)

上海4日目

【12/31(水) 本日の行程】
いつもの朝食→銀行業務→別行動開始→ひとりランチ→新天地アナベル・リーでお土産買い→天福茗茶でお土産買い→スタバで休憩→ホテルへ戻ってパッキング→義妹が迎えに来てくれて晩ご飯→タクシーで帰宅→紅白観て年越し→就寝


朝「今日の予定は?」と確認すると、「妹が15時半にホテルに迎えに来て、一緒に晩ご飯へ行こう」と言う。「え?そんなに早い時間に?」「うん、明日早いから早めにということらしい。」ということで、15時にホテル集合ということで、当然わたしはそれに合わせて計画を立てました。

いつもの銀行業務を終えてから、地下鉄1号線で黄陂南路へ向かい、久々に自然食レストラン棗子樹でランチをとることにしました。「ビジネスランチ、有没有?」と店員さんに訊いたら、商務套餐のメニューを持ってきてくれました。わーい!ここのやさしい味付けのごはんは過去、わたしの上海生活で弱った心身を幾度も救ってくれたのです。
c0069036_22222053.jpg
c0069036_22223329.jpg
c0069036_22225095.jpg
以前は赤米が選べられたけれど、現在はこれ、涼水有机米です。これもおいしい。

完食!満足の20元(以前は18元だったような・・・)。ほんと毎日食べたいです。

その後、恒例アナベル・リーと天福茗茶でお土産を買い、スタバで休憩。わたしが一番落ち着く中環広場内の店舗です。
c0069036_2228770.jpg
タンブラーは新天地内の店舗で購入。ラテ(いつもこれ)が25元→22元になりました。飲み終えてから、フルーツサラダとジンジャーケーキをテイクアウト。カウントダウンのときにつまみたいな、と思ったから。

ちょっと早いけれど、パッキングもあらかた済ませておきたかったのでホテルへ戻りました。お昼寝したりしてくつろぎながら相方の帰宅を待つがなかなか帰って来ず。約束の時間に遅れること30分、「間に合ったぁ、セーフ!」と帰ってきました。いやいやアウトですからーっ。しかしこの兄を上回るのが妹のマイペースぶり。15:30迎えの約束は結局17:00!1時間半遅れですよー!それなら最初っからその時間を言ってくれていれば、実質上海最終日の過ごし方も変えていたんだけれど。わたしのこれからの一生はこの兄妹に振り回されるのか・・・。

気を取り直してみんなで晩ご飯。車でなにやら相当北の方までやってきました。大きなショッピングセンター内のレストラン街へ足を踏み入れると、目当ての火鍋のお店はなんと30組待ち!不況はどこへやら・・・といったかんじですね~。いろいろ他の店舗を廻って、待ち時間の少ないレストランに決め、30分ほど待って入りました(男たちに待たせて義妹とふたり地下の食品コーナーをウロウロしていたんだけどね)。

テーブルに戻ると、すでに男たちがオーダー済み。やってきた料理を見て、「これ湖南料理?」と尋ねたら、「いいや、江西省(彼らの故郷)の料理だよ」ときっぱり返されました。でも唐辛子を使った『辣』の料理でやっぱり湖南料理と近いらしいです。※地図で確認したらお隣の省だった!
c0069036_22384490.jpg
青島ビールはわたしが後から頼みました。ちょっとぉ、あたしが居るんだから最初っからビール頼んどいてよね!料理はどれも好み。枝豆は紹興酒に漬けているらしい。大根を甘酢に漬けたのがめちゃ気に入ってポリポリずっと食べていました。豚肉を唐辛子で炒めたのもおいしい。
c0069036_2239631.jpg
さやいんげんの炒め物も好み。びっくりするくらいわたし好みのラインアップでした。でかした男組!
c0069036_22392235.jpg
これは豆腐できのこの形を作っているらしいです。相方が自慢げに教えてくれました。
c0069036_22393595.jpg
このあたりからおなかがいっぱいでギブアップ気味。
c0069036_22403820.jpg
籠の下は焼き魚(奥の壷のなかみは蓮根とお肉のスープ、これも美味)でした。「おねえちゃん、写真撮った?」と義妹が気を遣ってくれ、店員の小姐にまた籠をかぶせさせたりしてました。
c0069036_22411378.jpg
お皿に魚を取り分けて骨をほぐしてくれる相方。愛だなあ。それにもかかわらず小骨を喉にかけ(しょっちゅう魚の骨をかけてる・・・)トイレに吐きにダッシュしました。
c0069036_22421781.jpg
かぼちゃ餅です。
c0069036_22424560.jpg
おいし~♪
c0069036_2243169.jpg
もうおなかパンパンだけれどたべちゃいました。蒸しパンと揚げパンにカスタードクリームをつけて食べる。

c0069036_2348857.jpg
一緒に食事に参加した旦旦はおとなしくいい子にしていました。本当に可愛いのだ!

食事を終えて店を出たら、まだまだたくさんの人が待っていました。わたしたちはホテルまでタクシーで帰ることになり、みんなにお別れ。しかし、タクシーがまったくつかまらない!車で送迎と思っていた薄着のわたしは凍死寸前。30分後くらいにやっとタクシーに乗り込んだときは震えが止まらず、「なんで2008年最後にこんな目に・・・」と涙。

ホテルに着いてから相方は義妹宅へ実家へ持っていく荷物を受け取りにまた行くという。食事のときに持ってきてもらったらいいのに、なんて段取りの悪い兄妹なんだ、とあきれるが、とにかく年越しの時間までにはホテルに戻ってくるようにと言い聞かせて送り出し、わたしは部屋で映りのひどく悪いBS2で紅白歌合戦を観ました。テレビをつけたときには終わりに近く、SMAPが各自よくわからんコメントをした後、歌ってました。わたし的には大トリの氷川きよしくんさえ観られればよかったのです。

結局日本時間の年越しは上海のホテルでひとり。なんてこった。でも中国時間の年越しはきっと相方と一緒に過ごせるはず、と思いつつも、日ごろの彼の行動を考えると不安は隠せません。そして予感は的中。彼は0:30(中国時間)に「ごめん、ごめん。新年好!」と帰宅。どうやら大渋滞だったらしいですが、そんなの予想できたはず。朝まで「新年好」と返すことなく妻はふて寝。そんな2009年の幕開けでした。
c0069036_18571226.jpg
結局カウントダウンの頃つまもうと思ってスタバで買っていたフルーツサラダとジンジャーケーキは翌朝の朝食になりました。久光の地下のYAMAZAKIで買ったマフィンも一緒に。よく考えたら旅行者のわたしがあえてYAMAZAKIでパン買う必要はなかったかな。
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-12-31 23:06 | 2008寒假上海 | Comments(0)

上海3日目

【12/30(火) 本日の行程】
銀行業務→別行動・IKEAへ→ホテルへ荷物を置いて南京西路へ→M&S→久光→虹橋国際珍珠城→待ち合わせて韓国料理を食べに→足裏マッサージ→就寝


朝一は今日も銀行業務。毎日通っているから「銀行の人に怪しまれているかもしれない」と気にする相方。たしかにホテルや銀行の前には「両替しないか」と誘ってくる怪しい男たちがウロウロしていて、お札を数えるときに1-2枚をマジックのように隠して「足りない」などと言ってくるらしい(実際相方の友人は被害にあっているとか。「友人って自分のことじゃないの?」とつっこんではみたが)。今日はわたしが4年前上海浦東発展銀行で預けた定期を解約して、メインバンクに預けかえる。「●ちゃん、なんでこんな銀行に預けてたの?」と言われたけれど、いやいやあなたが「どうせなら雰囲気のいい銀行で預けよう」と勧めたのでは?証拠の滞在記録。やっぱり記録って大事だなあ・・・。

無事銀行業務を終えて、別行動開始。わたしはIKEAへ。地下鉄1号線上海体育館駅でおりて歩く。
c0069036_16111074.jpg
昨夜の事件のお詫びに彼から買い与えられた焼き栗で満足しているわたし。簡単な女。

IKEAで買ったもの。
c0069036_1611459.jpg
ファイルボックスや、カンテラ、紙ナフキンなど。
c0069036_1612563.jpg
食品も買いました。今回の狙いはチューブ入り魚の卵のクリーム。これを持ち帰るために保冷剤も持ってきていたのだ。

お約束のホットドック&ドリンク5元セットを頼んだが、びっくりするくらいまずかった。夏食べたときは美味しかったのに・・・。

ホテルに荷物を置いて、今度は地下鉄2号線で南京西路へ。
c0069036_161854.jpg
c0069036_16181611.jpg


楽しみにしていたMARKS & SPENCERでは心惹かれるものなし。あまりに疲れたので久光の地下のYAMAZAKIでマフィンを買って、喫茶コーナーでラテを頼んで休息。

その後さらに2号線を西へ進み、タクシーを乗り継いで、虹橋国際珍珠城へ到着しました。前回時間がなくてじっくり選べなかったので、今回はじっくりお買い物。
c0069036_16203790.jpg
上から2番目・3番目・4番目の3本を最初に購入。待ち合わせていた相方が到着してから、上の黄色の飴玉のようなやつと下のロングパール2本をセミオーダー。今年流行というロングパールは絶対ほしかったのです。満足♪

晩ごはんはチェックしていた 「本家」呉中路店 呉中路1339号1楼(×金汇路)電話:021-5118-2777 へ。この時間の古北エリアの道路の渋滞は半端なく、タクシーがまったく進まない。途中降りて歩いてタクシーを乗り換えたりしながらやっとの思いで到着。
c0069036_16244482.jpg
ドンッ!噂にきく大盤振るいの野菜たち。野菜好きカップルにはたまりません。感動するわたしに「上海は野菜がただみたいに安いからね」と返す相方。
c0069036_16245950.jpg
これも無料のサラダやキムチ
c0069036_1625189.jpg
ビールはもちろんHITEだ!
c0069036_16254638.jpg
お肉は五花肉などを。お店の人が焼いてくれて取り分けてくれます。
c0069036_1626098.jpg
海鮮チヂミは感涙のおいしさ。
c0069036_16261668.jpg
やさしいお味のチャプチェ。どれもこれも大満足でした。苦労してたどり着いたかいがありました。

タクシーでいっきにホテルまで戻り、また近所のマッサージのお店を探して、足裏マッサージを受けました。初日に行ったお店よりだんぜんいいかんじ。肩や首もちゃんともんでくれました。38元/人。75点。
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-12-30 23:55 | 2008寒假上海 | Comments(0)

上海2日目

【12/29(月) 本日の行程】
銀行業務→眼鏡市場へ→別行動開始(相方は手続き諸々)→地下鉄1号線で陝西南路へ→ひとりランチ→H&M、ZARAでお買い物→ネイル→相方と18:30に待ち合わせて一緒に晩ごはん→大沽路で全身マッサージ→シャンプー→就寝(1:00AM)


起床は9時頃。相方が買ってきてくれた朝ごはん。合計3元(40円)也。
c0069036_0454551.jpg
この薄いパイみたいなのが好物です。中にざらめが入っていてほのかに甘い。ところどころすごく甘い!

腹ごしらえが済んだらホテル近くの銀行へ。中国の口座に送金していた大金(?)が円のままだったので、RMBに両替。VIVA!円高ってことで、5年前くらいのレートになっていました。

その後今回の目的のひとつ、眼鏡を作りに上海駅の北広場の地下にある上海三叶眼鏡批発市場へタクシーで向かいました。最初に入ったお店でそれぞれ購入。揃ってド近眼のためレンズを超超薄型にしたので予算よりちょっと高めになったけれどそれでも2つで600元(8400円)というのはお得です。買ったあとで「あれ、もっと品揃えの豊富なお店がいっぱいあるじゃん」と後悔したけれど、対応もよかったしまあいいか。半年に1個ずつ買い足したいかんじです。
c0069036_15124065.jpg
出来上がりまで1時間、と言われたので翌朝相方にひとっぱしり受け取りにいってもらいました。「あ、どんなケースをもらってくるんだろう?」と彼のセンスを信用していないわたしは心配しましたが、ケースもかわいい。お店の人がもともとこれをつけてくれていたらしいです。

眼鏡を無事買った後は別行動に。1年前の貴重品紛失事件の後処理をいまだ引き摺っている相方は、いろんなお役所関係廻りをしなくてはなりません。

「じゃ、晩ごはん時に集合ってことで。場所は大上海時代広場のZARAの1階でね!」と解散。「そ、それどこ!?」と戸惑う相方、そりゃ当然か。(夏も待ち合わせたんだけどな。)

c0069036_0452085.jpg
ひとりランチは襄陽南路のクレープのお店1年ぶりの『BLUE CHAIR』。65RMBのToday’sそば粉のガレットとドリンクのセットにしました。ガレットはポテト、ハム、きのこ、卵、チーズなどがはいっている。ボリュームたっぷりで1/3ほど残してしまいました。ドリンクはパイナップルジュースをセレクト。

その後H&Mを覗くが、それほど心惹かれるものもなく、予約していた(相方がしてくれたんだけど)ネイルのお店へ。夏に行って、大満足だったHelen Nail Spa (南昌路店) で、またハンドとフットのケアをお願いしました。出来は今回も満足~。今日はフランス系のお客様で大賑わいでした。

その後彼との待ち合わせの大上海時代広場へ向かいました。
c0069036_1534249.jpg
淮海路の風景
c0069036_153551.jpg
大上海時代広場のツリー

ZARAでウロウロしていたら、意外なことにちゃんと相方が約束の時間に登場したので、晩ごはんを食べに香港広場地下の翡翠酒家へ移動しました。
c0069036_154545.jpg
c0069036_154156.jpg
c0069036_1542739.jpg
どれもおいしかったです。ふたりで170元。

食後は「今日は全身マッサージへ行こう」ということで、タクシーで大沽路へ。
c0069036_1543936.jpg
康駿マッサージにて全身マッサージを頼みました。これは効いた~。パジャマのようなのに着替えるのでぎゅうぎゅうもまれても「セーターが伸びるぅ」とか気にしなくていいです。清潔だし、いい香りに満ちているし、満足のひとり80元。85点!

その後近くの美容院でシャンプーをしてもらって帰ることに。わたし担当のオサレ男子に「カットはしないの?」と訊かれ、「なんでそんな冒険ができようか」と思って「不要」と断ったものの、鏡に映る自分の髪が「ちょっとうっとおしいなあ、この彼なら期待できるかも」とついつい「切っちゃおうかな」と思い立ってしまいました。そうしたら実際カット担当は彼とは別のおじさんがやって来て、「ありゃりゃ」なことになってしまいました~!帰りのタクシーのなかで「●ちゃん、それは失敗だったね~」と相方からも評され、「ちょっとぉ、なんで止めてくれなかったのーっ!!」これ、日本に帰ったら担当のカリスマ美容師に絶対叱られると思う。彼も散髪したので、二人分のカット&パーマで80元。この値段で冒険ができたからよしとします(涙)。

c0069036_1545870.jpg
晩ごはん前に彼が太平洋百貨店で買った靴。わたしセレクト。1300元(18000円)→800元(11000円)とセールになっていました。300元ごとに150元引きというシステムです。上海のデパートではこういう値引きがよくされているようです。わたしはZARAもちょうどセール前のため戦意喪失気味で、それほど買い物はしていませんが、戦利品の紹介はまたあらためて!
今回も夏と同じペディキュアで。
c0069036_1553272.jpg


今夜も就寝は1時となりました。もうぐったりのわたしは爆睡だったのですが・・・。この後ちょっとした事件が起こりました。話せば長いのでその話はまた後日に!!
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-12-29 23:11 | 2008寒假上海 | Comments(4)

上海1日目

【12/28(日)本日の行程】
関空で待ち合わせ→上海航空にて上海へ→義妹家族の出迎え→彼女の新居へ→一緒に晩御飯→ホテル近くで足マッサージ→就寝(1:00AM ※日本時間2:00AM)


関空へはわたしのバスの方が20分ほど早く到着したので、玄関先で彼のバスの到着を待つ。「あ、来た、来た~。ちゃんと乗ってた、よかったあ」とガラスドア越しに降りる姿を見て安心していたら、なかなか荷物を取ってやって来ない。仕方ないので迎えに行くと、焦って荷物の半券を探す男の姿が。「財布・・・、バスの中に置いちゃったかな。あ、あのバス(乗ってきたバスは回送に)止められないかな!・・・あ、あったぁ!」はい、病気です。

という、スタートでした。

c0069036_21364687.jpg
ずっと飛行機を眺めている30代も半ばの男。
c0069036_21365671.jpg
機内にて、日経新聞とビール、って完全オヤジなわたし。
c0069036_213795.jpg
去年のANAとは大違い。それはしょぼい機内食でしたが、意外と口に合ったりして。

浦東空港には義妹夫婦が迎えに来てくれました。相方が粉ミルク20缶運んでいるから当然っちゃあ当然なんだけれど。

まずは彼女たちの新居へ。
c0069036_21371816.jpg
1歳児が居たらインテリアがどうのこうのなんて言っていられませんね~。旦旦はとてもかわゆい男の子になっていました!ラブ。

晩ごはんは恒例の海鮮料理のお店へ。いつもは男組が買出し班なんだけれど、パパ大好きな旦旦がパパが居なくなると泣いてしまうので相方兄妹が買出しへ。
c0069036_2137266.jpg
その間、日本語ダメな義妹ダーリンと一緒の時間はきつかったっす。彼が注文した料理をちびちび食べながら待つ。

やっと兄妹が帰ってきて買ってきた海鮮類を調理してもらいました。
c0069036_21373414.jpg
いきなりドンと出てきたシャコ。えっと、わたしの数少ない食べられない食材です。何度も相方には伝えていたはずなのに・・・。
c0069036_21374212.jpg
これはお気に入りのホタテ貝のニンニク炒め。相方がいつか「この味を再現する」と言って作ってくれた方のが美味しかったかも?
c0069036_21375149.jpg
上海蟹。ミソがまったりとおいしゅうございました。

この他にも貝の料理やスープを食べて、おなかいっぱいになってあまった料理を打包して帰りました。

夜はホテル近くのめちゃローカルな足マッサージのお店へ。
c0069036_2138337.jpg
男たちがタバコふかしながらカードゲームに興じ、マッサージをする小姐はあまりやる気なし。朝起きてからこの時点で18時間が経過しており、眠気はピークに。でも男たちが「没有!」を連発して(カードの手がない、という意味でしょうか?)うるさくて寝られないし・・・。100点満点中30点といったところかな。20元(280円)/人という値段だけが魅力でしょうか。

お店を出てホテルまで歩いて帰り、長い1日が終了。
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-12-28 23:00 | 2008寒假上海 | Comments(2)