上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:上海公寓狂想曲( 7 )

7号線でGO!

冬季ボーナス支給日でした。額面はドドンと下がっていたけれど、このご時勢、いただけるだけで感謝!でございます。

会社の30代既婚男子たちはこぞって数年前にマイホームを35年ローンで買い、ボーナス払いが相当きつくなっているもよう。賢明なわたしはボーナス払いにはしていませんのよ。その分毎月の支払額が厳しいけれど。

にしても、この厳しい状況下、我が家は、わたしが日本のマンションのローン、相方が上海のマンションのローンをそれぞれ負っています。そして、今回の上海行きの大きな目的は新マンションの鍵を受け取ることでした。

日曜日の午後、義妹んちに向かい、義妹オットくんの車でマンションの販売センターまで連れて行ってもらいました。到着した時点で、なんと相方、財布とカメラしか持ってきていなくて、本人を証明するものが何ひとつないということに気づく!ええーっ!ひょいひょいと手ぶらで行って、「鍵くださいな♪ みなさん、本物の■■ですよ(身分証明するものはありませんが)。」で済ませるつもりだったのか!!

交渉を試みるも当然拒否される。義妹に確認したときに彼女も何も要らないといったらしいが、常識で考えてみてよ~。せっかくはるばるやって来たのに最大の目的もかなえられないまま翌朝には日本に帰ることになるのか・・・。その時点で16時前、販売センターは17時までの営業とのこと。身分証は義妹のマンション、パスポートと印鑑はホテルに置いてきた彼のビジネスバッグのなか。この3点を取りに戻っていては無理なので、とりあえず身分証だけを取りに戻って「なんとか交渉する」ということに。

「本当に間に合うの?」とやきもきするわたしをよそに、車中は相方、義妹とそのオットくんはなにやら別の話題でケラケラ笑いあっているし!国民性なのか、一族の気質なのか。わたしも呆れ過ぎて、笑えてきました。

そして身分証だけでなんとか鍵を受け取るための書類をゲット。この際、領収証が1枚足らずに担当のおにいちゃんと揉めたけれど、相方と義妹の交渉力が上まわりました。けっこう言い合いになって、わたしはヒヤヒヤしたんだけれど、その後義妹はさりげなく彼をフォローし、最後には彼が鍵を渡す場所の人たちに「これから行く人がいるからもうちょっと待ってあげて」と電話までしてくれました。

鍵渡しをする事務所はすっかり帰り支度が整っていたけれど、担当以外の人がいろいろ探して準備をしてくれ、なんとか受け取り成功。「ほらね、なんとかなるでしょ!」と得意げな相方。あなたという男はまたもや反省ナシですか・・・。

で、マンションの敷地内にはいったときには雨天ということもあってすっかりあたりは暗く、最上階からの眺めもこんなかんじ。
c0069036_21564267.jpg
湖があったり、グリーンがたくさん植えられたり、美しく整えられています(多分)。うーん、わかりません。

部屋もスケルトン状態で買っているので、「きゃあ、新居!」という感動もなく・・・。もちろん相方は興奮して写真を撮りまくっていたけど。

ちなみにマンションの近くに新しく開通する地下鉄の駅があります。12月からテスト運転されている地下鉄7号線
c0069036_2201174.jpg
この日、ホテルのある静安寺から義妹のところまで行くのに乗ってみた(彼女のマンションも7号線沿い)。ホームも車両も新しいからきれい!そして1-2号線のように混んでないから楽チン。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-12-15 21:14 | 上海公寓狂想曲 | Comments(0)

聞いていない!

ぃやっほーっ!!シルバーウィークに突入です。

ちょっとまでは「もうすぐ連休♪」とウカレ気分で居たのですが、現在なんとなく気分はモヤモヤしてますの。その理由ひとつは・・・、上海のマンションの件。昨夜相方と話していたら、「パパが内装を楽しみにしていて、材料の調達とかもしてくれるらしいよ。」と言われ、ちょっと唖然。

「え?パパのセンスの内装になるわけ?」
「デザインは●ちゃんだよ。でも誰かが内装しているとき居ないといけないでしょ?パパが居てくれるって。」
「パパが上海に来たら、ママの面倒は誰が看るの?」
「ママも一緒に来るよ。」

・・・えっ?・・・

「ふ、ふたりはいつまで上海に居るの?」
「ずっと居るよ。」

・・・え、えーっ!?・・・

「そんな話きいてないっ。」とそこからは激怒モードにはいる妻。
「待って、●ちゃん、落ち着いて~」とあわてる夫。
妻に頭金出させておいて、自分の両親をとっとと住ませるってどういうことよ?

「あたし、だまされた気がする!」と言い放ってやりました。

義両親の楽しみを奪う気もないし、マンションにはいつでも遊びに来てくれたらいいんだけれど、そこに暮らすなんて聞いていないんですけどぉ。

それも内装もできていないマンションに暮らすなんて高齢のふたりには厳しいと思うし・・・。

そんなことを言ったら、「うん、それは●ちゃんの言う通りだと思う。」と珍しくものわかりがいいことをいう相方も裏がありそうで怖いんですけど。「今は本当に楽しみにしているから、徐々に言ってきかせるよ。」と妻をたてていましたが・・・。

ほんとうにどうなることやら、です。

画像は先日の大阪遠征中のIKEAレストランにて。
c0069036_22315175.jpg
その日スペシャル価格だったフレッシュトマトソースパスタ。まずまずのお味。
c0069036_2232914.jpg
プリンセスタルトとドリンクバーのセット。ドリンクバーでは、ジンジャーエール、カフェラテ、カプチーノとたっぷりお替り。週刊文春を熟読。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-09-18 22:39 | 上海公寓狂想曲 | Comments(2)
昨夜予定通り23時前に帰宅した相方。ローンの手続きも順調に進み、上海株も堅調ということでご機嫌でした。

「●ちゃんのお土産買ってるよ~。月餅と頼まれた雑誌!」わーい、ウレシイな。貴金属やブランド化粧品をリクエストしないできた妻に感謝してくれ。

マンションは11/30にが受け取れるらしい。そして11月上旬に地下鉄開通!きゃあ、なんだか楽しみになってきた。といっても鍵をもらってもまだマンションは外箱だけなので、内装がモンダイなのだ~。
c0069036_0213025.jpg
というわけで、最近はインテリア関係の本ばかり買っています。これは先々週末の大阪遠征で購入した分。彼の住まいの近所のショッピングセンター内にセレクト雑貨店(?)があって、そこはけっこうわたしのツボを刺激する文房具や書籍が置かれてあるのでよく利用しています。BRUTUSの2008年のバックナンバーと文庫本『間取りの手帖』

広さと物の量のバランスが取れていない現在のマンション(でもこのうえなく愛している住まいなの)で実現できなかったインテリアを上海のマンションで実現したいと思ってはいるのだけれど、いろいろな面でくじけそうな気がする。金銭面とか工員とのコミュニケーションとか・・・。しかしそんな経験はだれでも出来るものじゃないからチャレンジする価値はありそうだよね!
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-09-14 23:59 | 上海公寓狂想曲 | Comments(0)
本日有休を取って相方は上海へ。朝一で中国領事館に先日わたしが申請した書類を受け取ってからそのまま関空に向かうスケジュール。
c0069036_2364964.jpg
昨夜相方に送ったショートメール。領事館から難波に出て空港行きのバスに乗るまでの道案内、です。どんだけ過保護なの!

彼はああみえて「最終的には帳尻を合わせる男」なので、放っておいてもなんとか自力でたどり着くのだろうけれど、途中で「●ちゃん、どこからバスに乗るんだっけ?」なんていう電話が掛かってきて、そのとき情報が得られない場所に居たりしたらパニックになりそうだから、そういうのを避けるためにもあらかじめ案内しておきたいんです。なんせ、彼はわたしに「え?そんなことあたしが知ってるわけないじゃん。」みたいな質問を投げかけることがあるので。(しょっちゅう、「わたしはソフトバンクショップの店員ではありませんからわかりません!」とか、「わたしは入管の職員じゃありません!」とか返してます・・・。)

結局「住居の最寄り駅まで戻ってそこから空港バスに乗る」、というので、再度そのパターンの道案内をメールしました。そのメールの最後にはお土産のリクエストもしておきましたけどね。

これからローンを負う彼はますます貧乏になるので、高価なお土産は頼めません。雑誌と月餅をリクエスト。
もうすぐ中秋節だもんね~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-09-11 23:27 | 上海公寓狂想曲 | Comments(2)

新カテゴリで

カテゴリを追加しました『上海公萬狂想曲』。

本当にたいへん。だいたい日本で住宅ローンを組むときも相当のパワーを要したのに、それがあの国でローンを組むとなるとますますたいへん!

今日は出勤時間をずらして、朝、公証役場と法務局、その書類を相方に書留速達で送るために郵便局と廻ってきました。そのまま仕事に出るので車を使うわけにもいかず、路面電車で出てあとはひたすら歩き!

まず、公証役場のおばちゃんがわたしのことを「あなた」と呼びまくるのに違和感を抱きました。そして私文書1枚の署名を公証するのに11,000円って!!まさかそんなに高いとは思わず、持ち合わせがなくて、「お恥ずかしながら、ちょっと三菱UFJでおろしてきます」と退座してしまったわ。で、銀行に行く道々ふつふつと怒りが沸き、相方に電話して、「ちょっとぉ、11,000円も取られるんだけどぉ。このあと歩いて法務局まで行くんだけどぉ。やっぱり上海にマンションなんて買わなきゃよかったのよーっ」とキレまくりました。

たまたま仕事で外出していた彼は電話に出て、「いまさらそんなこと言われても・・・。」とオロオロ。

その後の法務局、日本郵便の担当者の対応がすごくよくて、折れた心はなんとか持ちこたえましたが。

にしても、「自分の力だけで買えもしないのになんで買う?」という相方への怒りがおさまりません。今の、そして今後の彼の収入でローンが払っていけるとはとても思えないんですが。

昨夜も「もしローンを払い続けるつもりなら今の仕事をやめられないよ。」と諭しましたが、「でも夢を追いかけたいもん。」とわたしがきゅんとなるところをついてきます。しかしそんな発言も同僚のTちゃんから言わせると、「人のお金で夢を語るな」ということでして。

このせりふにものすごくウケたわたしは「夜、絶対相方に言ってやろう」と思って、実際使ってみたんだけど、「人のお金じゃないもん!ふたりのお金でしょ。」と返ってきました。

下の写真は、在マンション、ではなく、先日滞在した上海のホテルの部屋の風景です。
c0069036_23391724.jpg
c0069036_23393163.jpg
c0069036_23402463.jpg
お部屋に洗濯機がついていたので、滞在中4回くらい洗濯機を廻しました。というのも、彼が着替えのトランクスを2枚、Tシャツを2枚しか持ってきていなかったので、まめに洗わないと足らなくなってしまうから。「ポロシャツとか短パン、サンダルはわたしが持っていってあげるから、■ちゃんはトランクスとTシャツだけ持ってくればいいからね」と伝えていたのに、なぜか短パン、シャツをさらに自分も持ってきて、下着が2枚って。まったく~。

途中で彼のためにカルバンクラインもどきのトランクスを2枚購入。
c0069036_23525046.jpg
結局は洗濯が間に合って未使用のままです。

今回のホテルは地下鉄中山公園駅のソバで。カルフールもあるし、上海書城(本屋さん)、コンビニ、スタバもすぐソバで、暮らし易かった~。室内の清掃とか設備は60点だけど、レンジも洗濯機もあって便利♪ 次回もここにしようかな。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-08-31 23:57 | 上海公寓狂想曲 | Comments(2)

2009上海公寓物語

マンション@上海の件、長野くんのがんばりのおかげでなんとか購入権を得ました。丸2日並んでくれた長野くん、どうもありがとう。今夜は義妹が接待してくれたもよう。本人は「とにかく家で寝たい!」だけだったらしいけど。

それにしても今回の売り出しに関しては、先日販売センターを訪問した際、営業の子たちがまったくヤル気なさげで、「放っておいても売れるからあんな態度だよ」と相方が言っていたのですが、まさにそのとおり。整理券を求めてダフ屋も出ていたらしい(長野くん情報)! 若い番号が1万5千元(22万円!)で売られていたんだって。本当にこのマンション、値上がり必至とみて大丈夫なんでしょうか。

長野くんが商談に入れたときには、狙っていた中層階は売り切れ。1階、2階と最上階しか残っていなかったというので、相方から「●ちゃん、どうする?」と仕事中に相談の電話がはいりました。どうせ買うなら最上階でしょ。おかげで予算オーバーです・・・。

中国のマンションは基本箱だけ売るので、内装はこれからです。面倒くさ!でも楽しみでもあるかな。ずーっと「新しいマンション早く買わなきゃ」といい続けて妻に拒否されていた相方は、念願かなって本当に嬉しそうでした。

しかしこれからローンの手続きとかがあるので、国を越えるとその準備がひたすらタイヘンなんです。

ほんとうに

面倒くさい!!

とにかく無事購入が最終決定し、ローンが組めて、12月に鍵をもらってから内装等についてはじっくり考えたいと思っています。インテリアのテーマは『ハノイのカフェ』かな。(ベトナムはホーチミンしか行ったことないけど。)
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-08-28 23:59 | 上海公寓狂想曲 | Comments(2)

決戦は金曜日

仕事もプライベートも何かとせわしい・・・。相方の永住ビザ申請もあったが、今週末に売り出されるマンション@上海が買えた場合を想定していろいろな書類を準備しなければなりません。

ほんとうに

面倒くさいんですけど。

マンション購入時にわたしは上海へ飛べないので、委任状を用意して、それを公証役場→法務局→外務省→中国領事館と認証してもらうのです。同僚からは「そういうのフツウなかなかできない経験だよね~」なんていわれるけれど、当人にとっては

ほんとうに

面倒くさいだけです。

実は中国での結婚手続きのための書類準備もそんなルートでいろいろたいへんだったけれど、あの頃は若さも情熱も体力もあった・・・。今回は「あたし別に上海にマンション必要ないもん」という思いが根底にあるのでいまひとつがんばれないのだ。

毎晩の相方との連絡もここのところ書類関係の話ばかりでいやになってしまう。「もう少しラブリーな会話しよーよ!」と妻は吼えています。

いっそのことマンションが買えなければいいのに・・・、と思ったりもして。(買おうとしているマンションは今後絶対値上がりが見込まれていて大人気らしい。競争率が高そうでひょっとしたら買えない可能性もあり。)
c0069036_2250997.jpg
絶賛工事中。果たしてわたしたちはここに住めるのでしょうか?決戦の日は金曜日!といってもがんばってくれるのは不動産屋の長野くんなんだけどね。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-08-26 22:52 | 上海公寓狂想曲 | Comments(0)