上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:上海生活( 20 )

IKEAがやってくる!

上海の公萬の近くといっても地下鉄で3駅くらいなところにショッピングセンターのような建物が建設中で、側を車で通るたびにずっと夫が「あのデザインはIKEAだと思う」と言い張っていました。「ほんとだったらウレシイけど、違うんじゃないのぉ?」と疑っていたけれど、どうやらIKEAの看板が付いたらしい。
わーい!!タクシーでもワンメーターくらいの距離だから買い物したらタクシーでセレブ帰宅だな。

今日、残業中に上海IKEAで買ったクッキーを配っていたら、「IKEAの食品大好き!」「IKEA大好き!」と何人かが言うのでついつい自慢しちゃった。日本だと一番近い店舗が神戸だもの。ああ、上海暮らしのメリット増えたぁ。
c0069036_2313625.jpg
GW上海ではなぜかIKEAでフライパンを買って日本に持ち帰りました。

上海の以前からある漕溪路店は常に混んでいるからなあ。浦東店はそこまで混んでないのかしら。そして新店舗はどうだろ?ここ★ 8月OPENみたいですね。夏休みは7月に取る予定なので、残念~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2013-05-22 23:07 | 上海生活 | Comments(0)

公萬狂想曲、ふたたび

どうやら上海のマンションが売れそうです!

「ヤッター!ヤッター!」と大喜びしていたら、相方がぽつんと「ちょっとさびしいじゃない?」ですって・・・。実際彼は3年弱そこで暮らしているから思い入れはあるでしょうね~。自分で内装工事もしてたし。あの部屋で怒涛の転職人生@上海を送っていたのだから。日本で暮らし始めてからは賃貸で貸し出しているのですが、上海に帰ったら管理人さんのところへ顔出したりしてました。わたしもあそこの管理人のおじちゃんたちとは仲良しだし、いろいろ思い出もありますが、あそこでずっと暮らせるかと言われると自信がない。水周りに不満が・・・。

過去のメールをチェックしていたら、2003年9月、不動産めぐりをしていた彼からメールが来ていて、今の部屋を添付ファイルで紹介してくれていました。
c0069036_2352285.jpg
なかなか上手な紹介文ですね。こうやってみると懐かしいし、いい部屋だったと思います。

マンションの概観と周囲の様子。以前貼り付けていた動画がエキブロの意向(?)でなくなってしまったので、You Tubeであげ直してみました。


何よりうれしいのは、買ったときの1.5倍近くで売れそうなことですね。購入時に築10年くらいだったのに、その5年後にさらにあがるなんて中国経済はまだまだ元気ってことでしょうか。これで喜んでいたら、「妹のところは新築だから3倍になっているよ。だからあのとき一緒に買えばよかったのに」だって・・・。そんなお金いったいどこにあったというの?

そして今回の売却費用の使い道について、夫婦の意見は割れまくりなのでした。ああ、エネルギー使うわ・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-03-02 23:18 | 上海生活 | Comments(10)

半玉はだめでしょ

今夜の電話での相方のテンションがびっくりするぐらい低いので、「ど、どうしたの?体調悪いの?会社で何かあった?」と心配して訊けば、なんと「スイカ食べ過ぎた~」とのこと。こどもか!?

「いったいどれくらい食べたの?」「半玉」!!!

「いい加減にしなさいよ~」と苦しんでいる相方を叱り付けると、「だってスイカ食べたかったんだもん。スイカくらい食べさせて~。」って、まったくこどもだわ。

上海に居たころは10元(150円)にぎりしめて、露天のスイカを買いにひとっ走りというのをよくやっていました。ああ、上海の果物の安さが恋しいです。わたしでそうだから、相方はなおさら。ちなみに今回買ったスイカは1玉580円だったらしいです。それを二晩でひとりで食べちゃうなんて、「贅沢だわ!」と言ったら、また「スイカくらい食べさせて~」と言ってました。

上海恋しいついでに、去年の夏休み、ひとりで福州路をフラフラしていて「小籠包食べよ!」と入ったお店の動画をUPしてみました。



ローカル度100%の店内。おじちゃんと相席でした。ペロリとたいらげたところ。ごちそうさまでした!

苦しんでいる相方に「■ちゃん、お塩舐めたらいいよ。うちのおばあちゃんが子供のころ『西瓜食べた後塩を舐めたらおなかいたくならない』って言ってたもん」とおばあちゃんの知恵袋を披露してみた。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-06-04 23:44 | 上海生活 | Comments(2)

上海恋しや

相方実家に電話したとき、珍しくパパが出たので「媽媽在嗎?(ママは居ませんか?)」と訊いたら「現在不在(今居ないよ)」とパパが答えたのは解りました。その後多分「どこどこへ行っている」と教えてくれたのだろうけど理解できず・・・。後から相方に確認すると帰省中の義妹夫婦がママをママの里へ連れて行っていたらしい。ママのおかあさんは90歳でまだ健在なのです。

「ママは夜には帰ってくるから」とさりげなく「ママが居るときにもう1回電話しろよ」指令を出されたので、夜に改めて電話をかけました。そうしたらママは帰っていたので、お昼にパパに言ったあいさつを繰り返しておきました。

一応「疲れていませんか?」と訊いたら、「疲れてないよ」と答えてくれたんだけれど、これまた後から相方に訊くと「ママは車に酔ったみたい」とのことでした。ああ、いっこうに上達しない(というか上達しようという気がない)わたしの中国語力。嫁としての勤め果たせず・・・。こんなつたない電話の新年挨拶だけで許してくれる義父母に感謝です。

久々に中国語を使ったせいか、なんだか上海が恋しくなりました。だってもう半年以上行ってないんですもの!

なものでGoogle Earthを開いて、自分んちから上海の公萬までひとっとびしてみました。楽しい~っ!
c0069036_0444954.jpg
上海在住の方ならココわかるかも?

ああでもこの公萬に暮らすことはおそらくもう二度とないんでしょうね。(※現在日系不動産会社に貸し出し中、いずれ売却予定。)実際わたしが滞在した日数はトータルでひと月半くらいなんだけれど、それでも思い出はぎっしり・・・。フロントのおじちゃんたちも恋しいです。

話変わって、韓国ドラマ『フルハウス』が中国で放映されるということで、主役のピとソン・ヘギョちゃんが訪中していたらしいです。あれ?2005年のクリスマス@上海で『フルハウス』の海賊版DVD買ったんだけどな。わたしがピにはまるきっかけになったこのドラマ、大好きです。第1話の舞台は上海です。
c0069036_057673.jpg
中国のテレビの芸能ニュースかな?ふたりが「大家,好!(みなさん、こんにちは)」とあいさつしているところです。

相方が居るときはパソコンでずっと中国のテレビを流しているので、なんだか上海の公萬のリビングに居る錯覚をおこしてしまいます。そしてその中国語の響きにきゅん・・・。なぜか上海ラブモード、春節ですから。
[PR]
by yu_ppie66 | 2007-02-19 01:03 | 上海生活 | Comments(0)

公萬狂想曲 【番外編】

いったん凍結中の新公萬取得計画ですが、今住んでいる公萬貸し出し準備は着々と進んでいるようです。

c0069036_23254479.jpg築10年・80㎡(多分それくらい)の2LDK。賃貸の相場は1,500元~2,000元(22,500円~30,000円)/月くらいらしいです。借りたい人がぼちぼち観にやって来ているようで、「この前日本人も来た」とのこと。

現在はリフォームも進めています。相方は昨夜も内装屋さんと一緒に焼き鳥食べに行っていました!今週中にはリフォームも終え、店子も決めてしまいたいものです。って、明日一日しか残っていませんが。

でも、もしかしたらわたしがあの公萬を訪れることは二度とないかも・・・、そう思ったらちょっとセンチメンタル。いずれ新しい公萬を購入してそこが完成したら相方の戸籍を移すので、今の公萬は売ることになります。機能的にダメダメな棲家ではありましたが、やっぱり思い入れはあります。フロントのおじちゃんたちにはとてもよくしてもらったし、もう逢えないと思うと寂しい!そんなことを相方に話したら、「今度のマンションのフロントの人たちもいいよ。日本語も話せるお嬢さんだよ!」と言うんです。「お嬢さんなんて要らん。あたしはおじちゃんがいいんだってば。」とごねてみたのでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-08-11 23:28 | 上海生活 | Comments(0)
結局頭金を入れなければならない期日までに手続きを終えるのは到底無理なことが判明し、今回の公萬購入はお預けに!昨夜の時点で、ローン手続きのあまりの面倒さに「今回はやめとこうかな」という気持ちに傾いていた相方でした。

今朝、彼の中国工商銀行の口座に大金を振り込み終えていたわたしのこの数日間の苦労はいったい?でも年末には今回買おうとしたものよりひとまわり狭いタイプが売り出されるらしく、そっちを義妹名義で購入しようか、なんて計画しています。

とりあえず元の計画どおり、頭金をもう少し貯めてから購入することになりました。ふたりで月20万円以上(!)のローンを負う生活からは当面免れたわけです。

昨夜「そんなにローンの支払いに追われていたら旅行もできないよ。」とわたしがつぶやいたら、「旅行は行けるよ、国内とか、上海とか南昌とか・・・。」ですって。それって旅行じゃなくて帰省ですから!
c0069036_20565024.jpg
わたしは行くよ、旅行!ベトナムに決めてるわけじゃないけど。相方と一緒だと、彼のビザの関係でフラッと海外旅行とかできないのよね・・・。

そして本日無事相方に配偶者ビザがおりました~!!うれしい!これでいつでも思い立ったときに日本を行き来できまーす。
c0069036_21364784.jpg
祝い膳、というわけではないけれど、本日の晩ご飯。ALLデパ地下調達!鰹のたたき、鶏肝煮込み、茄子のイタリアンマリネ、ちりめん山椒おにぎり、ビール、赤ワイン。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-08-10 21:00 | 上海生活 | Comments(0)

公萬狂想曲 つづく

月に2回のチームミーティングの日。うちのチーム、みんな仲良くて穏やかな雰囲気のなかミーティングは進みます。定時過ぎたら、誰かが買ってきたケーキを食べたりしながら・・・。
c0069036_2239056.jpg実は9月以降、売上は計画達成にほど遠く、そんな余裕はないんですけど。

でもこのセレブな(?)ケーキたちの美しさったら!じゃんけんで順番に好きなのを選ぶんだけど、わたしが選んだのは一番上のホワイトチョコムース。なかにまん丸のホワイトチョコレートが入っていてその中にはラズベリーソースが!おいしかったー。

ところで例の公萬購入計画なんですが、今の上海の公萬を担保にお金が借り入れられるかも、というのでわたしの用意する頭金ノルマが減り、今日お昼休みに銀行で外貨預金を崩して(EURはいいかんじだった!)なんとかその目標金額を作りあげました。明日、相方の口座に送金する予定で、いよいよ購入!と思いきや、相方のお金がおりるにはしばらく時間がかかりそうなんです。1週間以内に頭金を振り込むのは難しく、現在黄信号がともっている状態です。アイヤー。

しかし頭金作るのにこんなに四苦八苦しているあたしたちが3件目のマンションに手を出したりなんかしていていいのでしょうか。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-08-09 22:52 | 上海生活 | Comments(0)

公萬狂想曲

会議の後、女3人でさっくり飲んでいたら相方から連絡がはいりました。「今、妹とマンションの展示場に来てるんだけど・・・。」先月一緒に見に行ったマンションがいよいよ売り出しになり、妹は予定通りお買い上げ!「大人気で残りはもう2棟だよ。23階の2LDKを抑えてもらってるけどどうする?」どうするって、500万円の頭金を捻出することは今は到底不可能だからいったんやめておこう、という結論に達していたはずではないのでしょうか。

「でも妹は買っちゃった。」
「地下鉄が3路線通っている駅に隣接、蘇州河のほとりという立地」
「外国人にかなり高額で貸し出せる。」
・・・てことで、相方は買う気満々。でもお金が払えなければ買えませんことよ。「●ちゃん、真剣に考えて。頭金なんとかならない?」おっと、わたし頼みになってるんですけど!さすがにマンション3個も払っていけませんよ。買うなら自分の甲斐性でどうぞ、と言いたいけれど、心優しい妻はそこまで突き放せず、証券会社の明細などをじっとみてみる。でもない袖はふれません。
c0069036_22134061.jpg
模型を真剣に眺める相方と義妹夫婦。たしかに魅力的な物件なんだけどな~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-08-08 22:16 | 上海生活 | Comments(0)

引き留めるもの

明日が休日出勤なので、貴重な休日。予定より早く7:30に目覚め、洗濯をしてひさびさにベランダに干しました。

今回の上海では、食事風景とか、むこうの親族とか、街の風景とか、動画をたくさん録ったので、それをうちの母に見せようとデータをノートパソコンに移して実家へ帰りました。

「■ちゃん、いっつも食べてるなあ~」「お義母さん、やさしそうなだねえ」と感想を口にしながら母も楽しんでくれました。街の風景は、公萬の外観や静安公園内といった整備された景色中心だったので、親として娘が将来暮らすかもしれない環境に安心したみたいです。

昼寝をして(実家の畳の上って、本当によく寝られる!)、新しい西瓜をもらって実家を後にしました。
c0069036_19213265.jpg
これは初日の夜、避風塘での晩ご飯風景。わたしのお気に入り炒麺をむしゃむしゃ。

避風塘は香港点心料理のチェーン店で上海にも数店舗あります。1回の滞在に1度は行ってるかも!実は相方が上海赴任となり遠距離となって初めてわたしが上海に行ったとき、実家から戻ってくる彼の飛行機が遅れ、ものすごく心細い気持ちで彼を待ち続けました。やっと逢えて遅い晩ご飯を食べに出たのが、避風塘、長楽路店でした。何を食べても美味しくて、それまでの凹み気分がいっきに消えたのを今でも覚えています。てことで、けっこう思い入れのあるお店なんです。(最近は最寄のカルフール内の店舗に行きます。)

そういえば、彼を待つ間、ホテルの部屋でじっとしていてもしかたないので近くの通り(今思えば淮海路でした)に出てみたんだけど、寒いし(春節の時期でした)、うるさいしでどんどん気持ちが滅入っていったのでした。今ならひとりで街をウロウロするのも楽しめちゃうんだけれど、3年半前は上海初心者でしたねー。

今回の彼の日本行きに関して、意外と義母は理解あり。「●と一緒に居られる時間が長くなるならそれがいい」と言ってくれているようです。妹は「実はおにいちゃんが日本に行くのは反対」だと言います。「おにいちゃんは目先の給与のことをすぐ言うけれど、上海に居る方がこれからどんどん昇進、成功していく可能性が高い。」と。たしかに、今まで数社を紹介してくれたテン○○タッフの担当者(日本人小姐)も「日本に行かないで!こっちの方がチャンスは多い」と引き留めてくれているそう。

そして仲良し元上司(4-50代、日本人男性)にはかなり強く引き留められているらしい。1週間に1度は一緒に飲みに行っていますからね~。「お金払ってでも残ってほしい、と言われちゃったよー」と嬉しさ半分、困った半分で彼が教えてくれたので、「おまえは愛人か!」と突っ込んでおきました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2006-07-22 19:46 | 上海生活 | Comments(0)

上海地鉄でときめく

上海ってところは今をときめく都市にもかかわらず、本当にいい男と出逢わない街である。道行くカップルもたいてい女性の方がスタイルもよくてきれいで洋服のセンスもいい。それに御伴のようについている男はまったくさえない。
もうちょっと歳を取ると、おじちゃんたちは暑いときにシャツをまくりあげて平気でおなかだしているし、見ているこっちがトホホな気分だよ。

ところがある日、地下鉄のなかでハンチング帽をかぶった品のいいおじいさん(70代?)を見かけた。「あら珍しく素敵なおじいちゃま!」と思わず熱い視線を送ってしまったら、向こうもこっちを見ている。いつも混雑している上海の地下鉄で2Mくらい離れて立っていたのだが、わたしの前の席が空いたので、目で「おじさま、ここ空きましたよ!」と語ったら、「大丈夫だよ、きみが座りなさい」と返ってきた。これって全て目だけでの会話なんですよ!お得意のジェスチャーなし!

次の駅でわたしが降りたのでその後の展開はなかったけれど(当たり前か)、よく映画やドラマで出逢った男と女が目で会話するシーンがあるが、まさにそれでした。

多分一生に一度のできごとでしょう。

でもそれがなぜに上海の地下鉄の中で、なぜに70代のおじいさまと?

c0069036_22122963.jpg
上海地鉄ホームのハイネケンの看板。なにげにわたしたちが写ってます。
[PR]
by yu_ppie66 | 2005-07-29 22:13 | 上海生活 | Comments(2)