上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

微熱親子

昨夕母をマンションに連れて帰り、今朝一緒に病院へ。義兄と姉も来て、にぎやかな病室になりました。母、姉、わたしという女三人だとたわいもないぐだぐだ話しかしないんだけれど、義兄が来て、「おとーさん、車の検査どうする?どこに言おうか?」などという日常業務の話をしていると父もしっかり受け答えしてました。女三人だとただかしましいだけですね~。愛する孫(姪っ子)と電話で話もできて、少しは気分も晴れたのかな?
c0069036_1941295.jpg
お昼は病院近くのセルフうどん屋さんへ義兄と姉と三人で。わたしはかけうどん(小)にオプションはきつねあげ、半熟卵天ぷら。旨かったです。

父は微熱があり、「おとーさん、ちょっと熱いなあ」と手を触っていたら、「おまえも熱いんじゃないか?」と言われ、「そういえば昨日から体がだるいかも」と思って、父の体温計で計ってみたら37.1度の微熱。ついでに母も計ってみると37.2度。親子揃って熱出してました。(病室が暑いからかな、と思って姉も試しに計ると36.1度だった!)

姉たちが残ってくれるのでわたしはお昼過ぎに帰る。帰宅してビタミンウォーター飲んでお昼寝したけれど、微熱は下がらず。緊張状態が続いているのかもしれません。

相方とはマメに電話&Skypeで連絡を取っています。上海に居る彼は生き生きとしています。元上司(日本人。相方が日本で就職すると決めたときすごく引き留めてくれたので、妻は「愛人か?」と疑ったのでした。男同士だけど)に「帰ってきたよー」と報告したら、「仕事はどうするんだ?」と訊かれ、お店の話をしたところ、「お金はあるのか?出資しようか?」と言ってくれたらしい。(ますますパトロン臭が・・・!)

「出資してもらうならきちんと形にしてからだと思っている」と相方。「まず儲けは第2で、味とサービスで信頼されるお店を作ることを目標としている」発言もあり、「えらいっ!松下幸之助かと思ったよ~。さすが!」と褒めまくっておきました。当分収入ゼロ生活、というか借金生活なので、わたしの給与に付き始める「扶養手当をおこづかいとして渡そうか」と言ったら(甘い妻ですかね?)、「要らないよ、大丈夫だよ」と男気ある返事も返ってきました。

そんな相方と話しているときと、女友達Mちゃんからのメールに返信するときに涙が・・・。なんだろうなあ、「わかってくれている人」への安心感から一瞬緊張が解けるのかなあ。

2月も今日で終わり、バンクーバーオリンピックも閉会ですね。どんな3月になるのでしょうか。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-28 19:58 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)
本日相方は上海へ。というわけで、なにげにブログのサブタイトル・説明文を変更しています。今の状況じゃ上海通いはままならない気もしますが。

なんだか身の回りで起こっていることすべてに現実感がないです・・・。

昨夜遅くかかってきた相方からの電話で、あまりにも「大丈夫かなあ」とわたしの心身を心配されるので、「大丈夫だよ~」と答えながらも心の中で「いや、本当は大丈夫じゃないかも」と叫んでいたら、父の病気発覚以来いちばん長く泣いたかも。といっても5分くらいね。

泊まりで付き添いをしている母のことも心配で今朝早く病院へ。給湯室で持参したカセットコーヒーに熱湯を注いでいたら、母が「携帯鳴ってるみたい~」とわたしのバッグを持ってきました。電話は相方からで、「ちゃんと起きて、もうすぐ(関空行き)のバスに乗りに出るよ」という報告でした。毎度毎度、空港バスに乗り遅れるのに、妻がこんな状態だから「しっかりしなきゃ」と思ったのか、珍しく早めの行動を取っていました。やればできるコじゃん!(でも洋服を入れたバッグを部屋に忘れてきたらしい!同僚に電話して保管してもらった、とか。)

今日の父の調子はまずまずで、「おとうさん、これから出勤するから帰るね」「気をつけて行けよ」と見送られて30分くらいで病室を後にしました。その後コーヒーも飲んでくれたみたいです。

1時間遅れのタイムシフトで出勤後はバタバタ働きました。お昼に行きそびれて時間をずらして、梅おろしうどんを食べに行ったら、ちょうど女子フィギュアFPの中継中。安藤さんからヨナちゃん、真央ちゃん迄の演技をみました。にしても、ヨナちゃんは強かった~。素晴らしい!

明日は少し朝寝をして、午後からコーヒー持って父のところへ行きます。相方は店舗とマンション、両方の内装にとりかかるようです。

2010年2月最後の週末。まさかこんな状況になっていようとは!
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-26 23:18 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)

支えられている!

午後から病院。母をマンションに連れて帰って再び母娘で過ごそうと思っていたけれど、「おとうさん、帰っていい?」と訊いたら、「おかあさんだけ残っておいてくれ」と・・・。

気弱になっている父が最終的にソバに居てほしいのは、娘より妻なのであった。そりゃ、娘は普段自分の好き勝手やっているものね。結局は夫婦の絆は強し、ということか。

腰の悪い母の体力を心配しつつもわたしだけ帰宅。
c0069036_21114140.jpg
母に食べさせようと思っていたデパ地下のおしゃれサラダをひとりで食べる。

そんな気弱になった父の様子を報告するだけで姉は泣いたりするのだけれど、次女はふんばってます。さすがに今日はドクターからの説明をひとりで受けたり、弱った父の姿を目の当たりにしたりで堪えたけれど、父のことで泣くのは1日1分かな。

さすがに眠りは浅くて、毎日明け方には目が覚めている。アラームを止めて続けていた日々がすでになつかしい。

明朝も病院に寄ってから出勤します。【持参するもの(自分用メモ)】熱いほうじ茶、ジョアストロベリー味、コーヒーのセット(母用)、伊予柑をタッパーに入れたもの、父のアンダーシャツ、ひざ掛け。

おっと、明日は相方が上海へと発つのであった。わたしが地元の空港発のチケットを抑えるのが遅くて、結局関空発となり、顔を見ることなく行っちゃう。うぇ~ん、って、こっちの件でも泣かないんですけどね。

今のわたしを支えているのは、理解ある同僚、助け合える家族(母、姉、義兄)、いつでも味方になってくれる相方の存在、落ちない食欲、大ちゃんの演技の動画(Euro SportsやNBCの放映分をリピートしてます)、若林くんの出ている番組チェック。おお、支え、多いな。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-25 22:02 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)

きゃ、いい奥さんって!

公私ともにばたばたしていたら、相方の最終出勤日でした。大連出張時にもむこうで得意先の方たちに送別会を開いてもらい、今日は営業所の送別会。社長も出席してくれて、あたたかい締めの言葉をいただいたようで、いたく感激してました。「これって円満退社だよね!」そうですね。3年半、本当によくがんばったものね。「おつかれさまぁ」と労ったら、「いや、これからだよ!」と頼もしい言葉が返ってきました! 

「そういえば、送別会のときに『いい奥さんだね』と言われたよー」という報告を受け、「なに、なに?どういうこと?」とテンションupで詳細を訊きまくりました。相方が有休をほとんど消化できなかった件で、「上司にや○ざ風(!)に訴えて」と頼まれて、一度上司に電話したんだけれど(そういえば最初の頃社長とも5回くらい話したなあ)、一応彼の立場も考えて良識ある対応をしておきました。ほっ、よかった~。ま、たしかに彼同様、わたしもこの3年間、サポートがんばりました。

上海へ帰ったら、妹も居るし、仲間も居るので、そういった意味では心配はないです。中国ビジネスのこともわたしはわからないので口出しできないし。(まだ結婚していない)7年前、彼が留学生活終了→地元の企業に就職→その上海工場立ち上げで上海へ行くことになったときは、めちゃくちゃ寂しかったけれど、さすがに今回は感傷的になったりはしないです。大連1ヶ月出張に行かれるのと同じ感覚?

c0069036_034423.jpg
先日相方のところへ行ったとき、「この街にはもう二度と来ることはないんだね」と感慨にふけっていたら、「来ようと思ったら来れるでしょ!」と相方。「わざわざ来ないよ、こんな街!」

基本月1ペースで通っていた大阪ともしばしお別れ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-24 23:59 | 戦いの日々 | Comments(0)

付き添いライフのなかで

今日も午後からお休みをいただき、父のもとへ。わたしが病室に着いたとき、父はちょうど検査に連れて行かれていて、待機中の母と姉とぐだぐだ。

「今日、病院の売店で帽子買ったんだよ。」「え?売店で?」「見て見て、おしゃれでしょ?」母と姉は売店で買い物を楽しんだらしい!そしてそのニット帽はわたしがかぶったらとても似合っていたので、まんまと次女のものになりました。
c0069036_22103952.jpg
1割引で900円だったそう。しかしなぜ病院の売店で買った?

休日はたいていニット帽を着用しているので今日もかぶっていっていたら、その帽子や購入したての帽子、母の帽子をみんなでかぶりあって、「うわ、おねえちゃん、それじゃあ売れない漫画家だよ」「おかーさん、頭弱い人みたい」とわいわい楽しんでました。つかの間のおふざけタイム。

検査から帰ってきた父は麻酔が効いてぐったりしていました。確実に5歳は老けていて、せつない・・・。

休憩室で持ち帰った仕事をしていたら、アスべクト仲間のおとーさんたちとまた一緒になりました。「おねえさんは朝から来てたね」と言われたので、「おねえちゃん、美人だから目立ってるんじゃない」と姉に伝えて持ち上げておきました。

今夜は母をマンションに連れ帰り、一緒に過ごしています。「やっぱりひとりじゃなかったら落ち込まなくていいなあ」としみじみ言っていました。これからはもっと一緒に居てあげないとなあ、と思っています。

明日は、朝、母を病院へ送り届けてから出勤予定です。当分は毎日母の送迎を姉(義兄)と交代で行います。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-23 22:21 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(2)

今は泣かない

わたしは涙もろくて、しょっちゅう泣いています。

先日の大輔くんの♪道のストレートラインステップや表彰台で涙をこらえる姿には当然もらい泣き。
c0069036_19571590.jpg
c0069036_19572281.jpg
地デジのアップにも耐えうる美しい泣き顔ですね~。

『さんまのからくりテレビ』での若林君が中・高校時代に通っていた中華料理屋さんの話でもうるうる。
c0069036_1959229.jpg
2008M1前にご主人は亡くなったらしい。もうちょっとで大ブレークの彼が観られたのに・・・。

そんなわたしが今回の父のことでは思いのほかしっかりしているので、自分でもびっくり。泣いてる場合じゃないというのもあるけれど、ね。

去年の自分自身の闘病体験(今振り返ればお気楽闘病生活だったけど)も影響しているかもしれないし、歳とともに覚悟ができたのかもしれない。・・・そういうことを今日会社で上司(女性)に語っていたら、「それは●ちゃんが新しい巣を作っているからだわ」と言われました。「え?でもその巣はとっても心もとない巣なんですけど」と答えました。子どもがいたら自分の家庭を持っている気持ちが強くなると思うけれどわたしには家庭を持っている実感がなく、わたしにとってのはいまだ父と母の居る家なんだけどな。

しかしちゃんと自分の家庭を築いているはずの姉は「ひとりになったら泣きっぱなし」だと言います。今回ドクターからの説明はすべて姉が受けているので、ワンクッション置いて姉から聞かされるわたしとはショックの受け方が違うんだろうなあ。うちら姉妹はいまだ親離れができていないんだけれど、もともと親からの自立心が強くて、一人暮らし暦も長い(大学なんて余裕で自宅通学できる距離なのにひとりで暮らしてました)わたしよりも、短大、社会人と自宅から通い、実家から車で5分のところに嫁ぎ、しょっちゅう実家に寄っている姉の方が親への依存度は高いです。

今日は午前中モーレツに働いて午後から有休を取り、転院先の病院へ駆けつけました。今の父の体力で一般車に乗って移動ができるか不安でしたが、なんとかたどり着けたようです。お義兄さん、ありがとう。今日はちゃんとお昼ご飯も食べられたし、水戸黄門の再放送を観る力もあったようです。

4人部屋に母、姉、わたしといるので座る場所がなく、わたしはそのフロアの休憩室で新聞でも読もうかと思って行ってみたら、そこにたむろっている入院患者のおとーさんたちに話しかけられ大人気状態に!「ここはアスベスト患者が多い」らしい。おとーさんたちとわいわい話していたら、姉が迎えに来て「ちょっと、今先生が来て話をされたのに、またあんたは肝心なときに居ない!」と叱られました。少し前にその休憩室で姉と今後の母の送迎スケジュールなどを話し合っていた様子をみていたらしいおとーさんのひとりに「おねえさんはよく動く人だなあ。姉妹でも性格が違うね。姉はイライラ、妹はのんびり。」と言われちゃいました。「でもいくら娘が気をもんでもしかたないからな。のんびりしていたらいいよ。」とフォローまでされた・・・。

姉に伝えると、「あのじじぃ・・・。」 おねえさま、おくちが悪いですことよ。

明日は午後からちょっときつい検査があるみたいなので、また午後休をもらう予定です。こういうときに今までの働きぶり(とポジション)がものをいうなあ、と思ってます。あと理解ある同僚に恵まれている・・・。

大連からの「●ちゃん、がんばれ、おねえちゃん、頑張れ、パパママがんばれ」というラブコールもあり。がんばりますとも。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-22 20:28 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)

この風景!

朝6時に本日から大連出張の相方へモーニングコールを。いちおう起きていたようです。数時間後、関空からの電話が例によって、「スーツケースの暗証番号いくつだっけ?」だったので、がっくり・・・。「×××!」とわたしの誕生日にかけた3桁の番号を教えました。まったく何度目だよ!年に何回そのスーツケースで旅してるんだよ!ここのところ相方アゲまくりだったのにな・・・。

「これから飛び立ちます」と離陸寸前にCALLあり。2泊3日の大連出張をもって彼の3年半の日本の会社員生活が終了~!です。

モーニングコールを終えて二度寝してから、本日も実家→父の入院している病院へ。実家周辺には今日も気球が飛んでました。
c0069036_17412736.jpg
c0069036_17414089.jpg
グリム童話の挿画のようなこの風景にわたしはすっかり心躍ってしまい、ハイテンションで車のウィンドウを開けて撮影していたのですが、「別に珍しい風景じゃないんだけど」と助手席で母は淡々としてました。

父は明日転院し、いよいよ本格的な治療が始まります。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-21 17:49 | まったり休日 | Comments(0)

最後の月報

一夜明けて大ちゃん、テレビ出演ラッシュですね~。わたしも地元紙以外にスポーツ新聞を買ってしまいました。来年の世界選手権までは競技生活を続ける気持ちになったようで、12月の全日本を「日本で見る最後の試合」と思って観戦に臨み、昨日で「結実感」を噛み締めていたわたしには「あれれ」という気持ちもありますが、まだまだ氷上の大ちゃんを応援することができるのはシアワセですね。心臓は持たないけど・・・。

本日は父の誕生日。病室で迎えることになってかわいそうでした。そして今日はあまり体調がよろしくなく・・・。でも、母、姉、わたしが病室に集い、宮崎の姪っ子からもおめでとうCALLがはいり、例年よりも実は扱いがよく(?)て、父も心のなかで喜んでいるにちがいありません。
c0069036_18474053.jpg
朝、母を迎えにいったとき、実家の近くの上空に気球がいくつも浮かんでいました。(携帯カメラなのでわかりにくい!明日も浮かんでいたらデジカメで撮影します!)

「また明日来るね」と寝ている父に声をかけて病院を出る。「おばあさんひとりじゃ心配」ということで、今日は甥っ子が実家に泊まってくれるらしいです。ピンチのときにわかる肉親愛!!

夕方マンションに戻って、相方の最後の月報の添削をしました。3年半、ということは42回分の月報をワタクシ、添削(添削レベルじゃなくほぼ作成というときもあり!)し終えました。ある意味感慨深い。上海で働いているときもずっと日系企業だったのでずっとわたしが報告もの系は助けてきました。でもこれからはそういう必要もないんだなあ・・・。

ここのところわたしを気にかけて一日に何度も電話をくれる相方。夜の電話も一回切ったあと、もう1回「なんでもないよ。早く寝て」と掛けなおしてきたりする。「もしかして■ちゃん、あたしを置いて上海に行っちゃうことを後悔してる?」と訊いたら、「・・・どうしよっかな・・・。●ちゃんひとりで大丈夫かな?」とつぶやくので、心を打ち抜かれました。そういう存在が居ると思えることでいろいろなことが乗り越えられる気がする。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-20 19:10 | まったり休日 | Comments(0)

この道はまだ続く道

フィギュア男子FPの日。

有給休暇明けでたまっていた仕事を猛烈な勢いで片付けつつも、そわそわ感が隠しきれず。いや、実はメダルなんてどうでもよい気持ちでいたんですよー。彼があの舞台に帰ってきてくれて、SPでガッツポーズを見せてくれただけで・・・。でも今までの努力に対するご褒美としてメダルがついてきたらいいなあ、とは思ってました。

で、パソコンたたいていたら、社長が「高橋、メダル確定らしいで。」と教えてくれて、歓喜の声をあげてしまいました。社長、いつも反抗的な態度ですみませんでした・・・。わたしが会社でも相当大輔押しなので、「●さんの話を聞かされていたら、なんか彼が出てたら観るようになったわ。やっぱりアイツは他の選手とはちがうものもっとるなー。」と関心を抱いてくれていたようです。

みんなから「おめでとう!」と声を掛けられ、とりあえず「ありがとうございまーす」と笑顔で返しておきました。「地元の新聞社に訊いたら号外は出ないらしいけどネットに特報が出たようです。」と添付メールをくれたAくん、どうもありがとう。
c0069036_21202171.jpg
いい表情。衣装、モデルチェンジしたんだね。

銅メダルを胸に涙ぐむ大輔くんに涙・・・。

4回転成功していたら金メダルだったのだろうけれど、「金だったら彼の努力をたいして知らない人たちまでもがうるさく騒ぐので、銅メダルがわたし的にはベストでした!」と社長に熱く語っておきました。あはは、仕事のことでもそれくらい熱くなれ、と言われそうですね。

大ちゃんや長光歌子コーチのコメントを聞く限り、まだ競技は続けるのかな?もちろん、ワタクシ高橋大輔をこれからも応援し続けます。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-19 21:30 | 戦いの日々 | Comments(0)

東の病院、西の病院

午前中は父のお見舞いのため、実家のある東隣りの市の市民病院へ。ナースに突っ込みを入れたりしていて、思ったより調子はよさそうでした。
c0069036_17533173.jpg
父の病室の風景。本日の地元紙の一面と、苺大福

父は食べられないけれど、「食欲ない」と朝食抜きの母に無理やり食べさせました。

地元紙の一面を飾るのは当然、大輔くん。今朝のスポーツ新聞各紙の一面も軒並み大ちゃんだったようで、この取り上げられ方すごいですね。今日のスポーツニュースも「高橋、金メダルへの展望」とかあるみたいですが、金メダル、金メダル、騒ぎ過ぎじゃないですかー。

父がお昼ご飯をたいらげるのを見届けてから、自身の術後検診を受けるため、今度は西へと向かいます。平日の国道バイパスは渋滞してますなー。4月に手術を受けた病院は、父の居る病院とはくらべものにならないくらいきれいです。ここでは本当に快適な入院生活を送れました。

同日に手術を受けたTさんや、以前に同じ手術を受けた同僚たちは定期的に検診を受けているのに、ワタクシはというと、術後1ヶ月検診の際、次の検診の案内も特にされず放免となりました。「本当にもういいのかな」と疑心暗鬼なまま、半年検診には行かなかったのですが、年末からちょっと気になる症状があったので術後1年検診を早めに受けようと予約を入れました。

往復で2時間以上かかったのに、受診時間は3分ほど。「はい、異常ナシです!」とのこと。手術以降、とにかくカンタンに扱われている感があるんですが・・・。でも本当に何も問題がないからカンタンに終わるのかなあ。とにかく今後の厳しいモロモロの状況に立ち向かうためにも、自分が心身ともに健康でなければなりませんので、ひとまず安心しました。(という報告を病友、Tさんにメールしました!)

今朝も、お昼も心配して連絡をくれる相方に感謝。「土曜日帰ろうか?」というので、「翌日から大連出張(退職1W前に海外出張させるってどういうことよ?まあ、あいさつ程度の楽勝出張だろうけど)なのに無理をしないで、本当にきついときにはSOSを出すから」と言っておきました。母にこの話を伝えると、「やさしいなあ」と感動してました。婿、好感度上昇中。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-18 18:12 | 戦いの日々 | Comments(0)