上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

中秋節快楽!

わが地方は台風17号の影響をそれほど受けず(午前中は激しめの雨も降っていましたが)、夕方からは日差しも出てきました。

「今夜の満月も眺められそうだわ」ということで、もともと予定していた庭園でのイベントは芝生が濡れていそうなのでパスして、「食後に月を愛でながらお散歩しよう」と計画変更。

相方が秋刀魚を焼いている頃、外に出てみたら、きれいにお月様が見えてました。
c0069036_22393060.jpg
本日のメインは秋刀魚の塩焼きソウルで3年前に買った白磁のお皿がやっと出番を迎えました。

c0069036_22443049.jpg
画像では美味しさが伝わりにくいですが、義兄がわたしたち分も買ってきてくれた鶏唐揚げと大判焼き(ピザ味。他にカレー味やツナマヨ味ももらいました)も温めなおして。美味しかった~。またまた相方渾身の(?)大根サラダも。

ピンクレディの歴史(わかるのか?)や、リフォームの番組(ふたりとも好き)を観ながら食べて、相方の実家に電話して、洗い物をして、書道の練習をしていたら、「散歩に行こうか」と突然相方が立ち上がる。

だいぶん冷えてきたのでグレーのスウェットの上下に着替えた相方、「ねずみみたいじゃない?満月の夜にねずみが歩いてるってどうなんだ?」と自分につっこんでました。

わやわやと出掛けたものの、すっかり曇っていて満月を拝むことはできませんでした。ふつうに散歩しただけ・・・。にしても、中国では中秋節は家族で祝うたいせつな季節の行事です。今日の電話にはめずらしくく義父まで出てきた。義母からも「おいしいもの食べてよく寝て健康でいなさいよ」とわざわざ諭されるし。そして「旧正月にはこっちに来るよね」と念押しされ、「行きます、行きます、絶対に。」と答える。

家族みんな、健やかに過ごせますように。2012中秋。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-30 23:03 | 2012国慶節在日本 | Comments(2)

味覚は近づく

昨日の晩ごはんは「簡単にしようよ」ということで、スーパーで買って来たほっけを焼き、彼が大根サラダ、わたしが焼きソバを作りました。
c0069036_1724592.jpg
大根サラダの美しい切り方(かつら剥きにした後千切りにしてたからね~)に比べて、焼きソバの野菜の大胆な切り方!!「もうちょっと薄く切れないの?」と調理中に彼から指摘を受けたけれど、メインの包丁を彼が使っていたため、切れ味の非常にわるいサブ包丁を使っていたせいでもあるのよ。

でも美味しければ没問題でしょ!途中味見したときぼんやりした味付けだったので、オイスターソースと黒胡椒をがっつり振り入れました。パンチの効いた味になって、とてもおいしかったです。あとで喉が渇いてしかたなかったけれど。

洋ナシとアイスのデザートで大満腹。

本日のお昼は彼が滞在中は必ず行くおうどんやさんへ。頼むものも決まってます。
c0069036_1792092.jpg
わたしはハイカラ麺はお蕎麦で。彼はいつもの焼き豚野菜あんかけうどん。安定の美味しさです。
c0069036_1710135.jpg
茄子餃子も追加で。おなかがはちきれそうになりました。

付き合い始めの頃は彼と食の好みがあまりにも違っていて、「これ致命的じゃない?」と思ってました。大陸に行ったときもあっちの料理がほとんど食べられなくて、彼の家族から心配されたもの。しかし長年一緒に居ると味覚も似てくるのかなあ。

同じものを食べて美味しい、と思えること、これってかなり重要です。それは最初は違っていても、お互いを尊重しあっていると自然と味覚も近づいてくる、と思います。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-30 17:18 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)
うちの会社が出店したショッピングモールまでちょい遠出。いつも年末にご馳走をしてくれるKさんが出勤しているというので、相方にも「いつもお世話になってます、と挨拶してね。あ、シャツのボタンを一応留めてよ。」とお願いしたら、「シャツが裂けそう」と言いながら、おなかあたりの2箇所を留めてました。

しかしKさんには会えず、メインで常駐するスタッフさんにあいさつだけして、ショッピングモール内の書店へ移動。2時間くらい滞在しました。

相方が買った本。
c0069036_17364948.jpg
電子工作系のマニュアル本です。高いっす!この3冊決めるのにたいへん時間がかかり、わたしは待ってる間にフィギュアスケート本でも立ち読みしようかと思ったらしっかりビニールがかかっていた・・・。彼が大阪時代に訪ねていたあっちの店舗の書店ではしょっちゅう座り読みしてたのになあ。大ちゃん熱ピークの頃、懐かしいです。

わたしが買ったのは2冊。
c0069036_1741068.jpg
文芸誌『群像』のバックナンバー。本谷有希子さんの特集があった際のバックナンバーの取り扱いがこの書店にあるという情報を得ていたので、せっかくだから店員さんに尋ねて購入。実はわたし、本谷さんになかなかはまらないんですけど。

もう1冊は、間取りマニアにはたまらない『間取りの本』(株式会社エクスナレッジ,2012)。「コレ買う。」と相方に見せたら、「いいね!」と即答。インテリア雑誌好きなのは共通です。

もう一度うちの店舗に寄ったがやっぱりKさんは居ない。常駐スタッフさんは「打ち合わせみたいです。」と言っていたけれど、相方は「Kさん、さぼってるな」と断言してました。(あとから電話があったKさんにこの話をしたら「打ち合わせ!!」と憤慨してました。)

14時前になっていたのでお店を出て、帰り道の回転寿司屋で昼食にしました。
c0069036_17515786.jpg
最近はめったに回転寿司に行かないけれど、システムがどんどん進化しているので驚きます。食べ終えたお皿を回収するごみディスポーザーのようなものがあって、5枚に1回スロットゲームなどが始まり、当たるとガチャガチャがもらえるという楽しいしかけもあります。13皿+アサリの赤だしをいただいたので2回ゲームができ、1回「大当たり」が出ました。きつねうどんのキーホルダーGet・・・。「高松空港発着記念になったじゃん!」「・・・。」
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-29 18:07 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)
残業していたら夫が帰国中なのを知っている同僚から「早く帰らなくっていいんですか?」と気遣われる。「いやいや、晩ごはん作っておくからしっかり働いて帰ってくるように言われてるから」と答えると、「ダンナさまがご飯作ってくれるなんて」とはげしくうらやましがられるけれども、家に居て、時間があって、料理が得意なほうがそりゃつくるでしょう。

20時半に帰宅、いいにおいがしていたけれど、完成にはしばらく時間がかかりそうだったので、母や姉に電話したり(調理中の彼にも会話させる)、アメトーークSPを観たり、「シェフ、まだですかぁ?」「お待たせして申し訳ありません。お客様もう少々お待ちください。」というミニコントをしたりして待つ。

21時過ぎ、やっと「いただきま~す!」
c0069036_811143.jpg
本日のメニュウは、やきとり(皮とごぼう、はつ、肝というツウなラインナップ)と鯛のかぶと煮。うましっ。「お店の味だねえ」まあ、日本料理店でお客さんに出す料理を作っていた人の得意料理なので、美味しいのも当然なんですけれども。

しかし、かぶと煮をつくるのに、わたしがとっておきの日に飲む用にストックしていたアサヒスーパードライを投入していたのが発覚、「料理に使うんだったら第3のビールにしてよ!隣りにあったでしょうが。」と叱るが、「いや、美味しく作るんだったら本物のビールを使った方がいいんだってば」と譲らない料理人でした。

c0069036_8145581.jpg
冷やしていた方のスーパードライで乾杯したあとは、ポルトガルワイン。
c0069036_8162536.jpg
女の子苦手芸人の若林くんを夫婦ふたりで「かわいいなあ」と観ながら飲み食いしてました。

しかし、普段ありえない量の洗い物とかキッチンの片付けに時間がかかり、食後のフルーツとお茶を準備した時点で1週間のハードワークの影響もあり体力の限界!「もう無理、疲れたぁ(片付けまでやりなさいよぉ、これは心の声、でもちょっともれたかも)」と叫ぶと、「ごめん、ごめん。お疲れ~」と口だけのねぎらいを受けました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-29 08:31 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)

日中婚、やはりこの話題

日本に帰ってくるのに初LCC利用の相方。LCCはCI時間に厳しい、ときいていたので、乗り遅れやしないかと心配してました。朝6時(大陸の5時)にモーニングコールしよう、と思っていたのに、アラームをかけ忘れ、しかし奇跡的に6時20分に目が覚めたのであわてて電話しました!

そしてその飛行機が到着するのは高松空港!そこからバス、JRマリンライナーを乗り継いで帰ってくるという道のりもとっても不安。チームメイトも「■ちゃん、何かやらかしそう。」「特急乗って高知に行ってたりして」なんてみんなおもしろがって心配してくれてました。今日も内部監査や会議でほとんど席に居ないわたしに、「もしプライベート携帯が鳴ったらダッシュで会議室に届けにいきますから」なんて言ってくれるメンバーなんですよぉ。

そして相方は無事帰ってきました。「せっかく高松に着いたから、讃岐うどんも食べたよ。」という余裕っぷり!

書道教室も休んでまっすぐ帰宅し、夜は焼肉を食べにいきました。
c0069036_22323076.jpg
食べたいお肉のセレクトもサラダの種類も好みが一致。ぼんじりを焼きながら元料理店店主が塩コショウをふってくれるその加減もばっちり好みでした。
c0069036_22331067.jpg
c0069036_2233848.jpg
最後に頼んだチヂミ。まずくはないけれど、「この上の薄焼き卵は要らないよね」とこれまた意見が一致。

とっても楽しい焼肉タイムだったのに、帰りの車から例の尖閣問題の話になり、彼の熱弁が止まらず・・・。マンションに着いてからも「野田さんはダメだ」と大きい声で言い続けるので、本気で口を押さえる。いや、そりゃあわたしも民主党政権は許せないですけどね~。

部屋に入ってからもわたしがお風呂のお湯を入れようとしていたらそこまでついてきて語り続ける。「もう、どこまで追いかけてくるのよ。」

わたしのノートパソコンに大陸のテレビや映画が観られるソフトをインストールし始めてからやっと尖閣トークはおしまい。

ふとテレビを観て「痩せたなあ」と言うからみてみると、『カンブリア宮殿』の小池栄子ちゃんでした。「だんなさんの借金問題とかでたいへんなのかもねえ。」と教えてあげつつも、「ちょっとぉ、小池栄子の体型は気になってるのに妻の体型は気にしてないんじゃないの?」とつっこむ。わたしのほほをつまんで、「痩せて・・・ないなあ、太ってもいないけど」ですって。

相方もこの夏毎日のように泳いでいたわりにはちっともしゅっとしていないんですけれども。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-27 22:46 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)

発熱も乗り越えて

政治家に怒り、うちのトップに対して怒り、システムに怒り・・・、そんな「怒り」をエネルギーに働いている日々。一方こうやって意見が通る仕事をさせてもらっていることに感謝もしているし、周囲(部下たち)のサポートに感謝しています。

しかしながら、あまりに憤慨しすぎてお昼前から熱っぽくなる。あきらかに発熱してる・・・(みんなに「知恵熱だ」と言われました)。

夜はわたしがリーダーをしている1チーム&1ユニットの合同飲み会だったので、「これやばいかも、せっかくなのにお酒も飲めないかも~」とがっくりしていたのだけれど、会社を出たとたん元気復活・・・。気心しれたメンバーなのでのびのび楽しみました。
c0069036_23205632.jpg
c0069036_23211534.jpg
c0069036_23213379.jpg
アラフォー女子セレクトのお店なので、お料理がたいへん口にあう!

生ビール→梅酒ロック→さらに梅酒ロック→白桃ジュースとしっかりアルコールの方もいただきましたぁ。

ほめられたり、おとされたり、感心されたり、あきれられたり、もろもろありましたが楽しい2時間でした。

さて、明日はいよいよ相方来日!予想通りまだパッキングもできていないし、空港までの到着時間を甘く見込んでいるし、心配なことこのうえなし。神様、どうか無事再会させてください。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-26 23:29 | 戦いの日々 | Comments(0)
サービス残業して帰宅したら22時。「この仕事なんでわたしがやってんの?営業部がやるべきことだろ?」とはたと気づいて憤慨する。しかし、わたしがその仕事を受けることでわたし直属の部下たちもとばっちりを受けているのに彼女たちは文句も言わずに助けてくれるので、なんとかがんばれている日々です。

くたっとして帰ったら宅配ロッカーに荷物が。最後の力を振り絞って部屋まで運びました。

ジャン!
c0069036_2258443.jpg
マカオで買いそびれたポルトガルワイン、楽天で購入しましたぁ。マカオでは時間がなくてワインが揃っているデパートへ寄れず、ホテルの近くのスーパーでやっとお目当てのヴィーニョ・ヴェルデの微発泡ワインを1本見つけて購入。

上海に帰ってからいただいたらとっても美味しかったです。本当はこの猫ちゃんのラベルのが買いたかったので、「相方やお姉ちゃんと一緒に飲もう」とネットショッピング。きりりと冷やして飲みましょう。楽しみ~。

ちなみにこれ楽天のポイントを2000円分くらい使って買いました。そのポイントは東京出張のホテル代で貯めたもの、つまりは会社のお金で貯めたものです。まあワインくらい飲ませてもらっても罰当たらないくらい奉仕してますからね!
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-24 23:05 | 戦いの日々 | Comments(0)

受け入れ準備(飲食編)

日本○便で働く姪っ子のダンナのつきあいで年間購入しているふるさと小包み便。今月は「らっきょう」。
c0069036_2312369.jpg
相方が好きそうだからよいタイミングで届きました。

日本○便の制服来たキティちゃんの貯金箱を景品でもらった。これ、けっこうレアでしょ。キャラクターものには昔はまったく興味がなかったのに、最近はフツウに「かわいい!」と思えます。

おどおどオードリー』を観るために(#10、今までので一番おもしろかった!ふたりの関係性がおもしろいのでノーゲストがよいです)早めにお風呂に入って、ちょうど出たところに宅配が届く。今度はこれ。
c0069036_2352335.jpg
ピオーネです。元部下がぶどう農家に嫁いだので毎年一応1箱は買ってます。これもフルーツ好きな相方と一緒に食べましょう。

けっこう夫に甘いですか?でも彼は今日空港まで下見で車を走らせ(初のLCC利用なので「1分でも遅れたら搭乗させてもらないからね」と脅している!)、妻に頼まれたDVDを探して虹梅路へ移動してウロウロしてましたから。

ビデオ屋に到着した頃SKYPEで彼の携帯に電話して買い物中ずっと指示出してました。リクエストしているのは『グレイズ・アナトミー』のDVDBOX。「●ちゃん、韓国語字幕ならあるけど。」「日本語字幕ないの?」「ないよ、韓国語字幕でいけるでしょ?」「韓国語字幕なんてわかるわけないじゃん、せめて英語と中国語(漢字)にしてよ。」

日本語字幕付きはシーズン5・6・7だけあったらしいけれど、今わたしはシーズン2を追っかけているのでちょっと先の話過ぎるなあ。それにそこそこのお値段なのでこっちでレンタルする方が安くあがるかもしれない、ということで、英語字幕のみのシーズン1から8をお願いしちゃいました。医学用語が多いけど理解できるかな。

彼も大型連休前で忙しそうだし、わたしも法改正前でたいへんそうだけど、再会の日まで元気に働く!
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-23 23:18 | 国際別居婚ライフ | Comments(0)

受け入れ準備中

お彼岸。近所の花屋さんでしきびを7束、小菊を6束(実家のお墓参り用と姉から頼まれた分)、さらに仏壇用に百合を4本購入し、それらを抱えて実家に帰りました。お墓参りに行って、母を買い物に連れてゆき、夜には姉もやってきていつものように赤ワインでほろ酔い気分・・・、父も「おまえら、相変わらずだなあ」と安心しているにちがいありません。
c0069036_1392447.jpg
先週よりも若干色づいてきた稲田です。

そういえば昨日、実家へと車を走らせていたら、家から南に200mのところのうちの田んぼのあぜ道を年配の男性が歩いていて、あまりにも父と似た雰囲気だったのでドキッとしました。よくそうやって田んぼの見回りをしていて、わたしがクラクションを鳴らしたら手を振ってくれてたなあ、なんて思い出してうるうるしまったそんな2012年の秋、お彼岸。

相方の来日が近くなってきたので、先週くらいからいつも手をださないエリアまで掃除中。お風呂の排水溝とか、洗濯槽とか。彼もわたしが上海に滞在する際は前日までに大掃除をしているみたいなので、やっぱりホスト側としてはできるだけよい環境でゲスト(!)を迎えたいもの。

ベッドルームもワックスかけときたいなあ、なんて思い、今日も早めにマンションに戻ろうと、実家を出ました。途中ガソリンを入れていたらGSのスタッフに「今キャンペーンで手洗い洗車がワンコインでできますけど、いかがですか?」と勧誘され、「車もきれいな状態で相方を乗せたいなあ」と思ってお願いすることに。いつもなら1600円くらいするらしいからお徳だし!
c0069036_13192179.jpg
ダ・ヴィンチ』読みながら洗車を待っているところです。(ほら、立ち読みでP.82 しか読んでいないので・・・。「短歌をください」コーナーとか好きなんだよなあ。)同じく「お徳」に釣られた女性ドライバーが何人か待ってました。

車内は実家でもらった葱や黒豆ごはんをラップしたものや、スーパーの買い物袋2つや、トイレットペーパー12ロールが散乱していて、GSスタッフに車を預けるのが実は「お恥ずかしながら・・・」状態でした。「ダメ女じゃねーか」と男性スタッフに思われてるんだろうなあ、と思ったけど、しかたない!ま、車がきれいになって戻ってきたからよし、としよう。点検で指摘された2箇所はぶっちぎって帰ってきました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-23 13:28 | 国際別居婚ライフ | Comments(0)

まぎれもない改悪

日中関連のニュースはできるだけ目にしないように、今週はただただ働いていた。法改正の対応に追われ、「まったく役人は世の中のことをわかってないっ」と憤りまくってます。派○ 労働者保護とかいっているけれど、完全に彼らの就業機会をせばめてるんですけれども。

しかしあと10日で会社の運用が決まって、そのマニュアルを完成させて全社員に周知できるのか、わたし。(もっと上であれこれ決めてくれるのかと思っていたら、今月になって急にあれやこれや任務が振られてきた。こっちもいったいなんなんだ!?)

そんななか、昨日は若林くんの34歳の誕生日でした。その日の朝礼でスピーチ当番だった20代男子が「♪Happybirthday To You♪という歌はもともとはちがう歌だったがマリリン・モンローがケネディ大統領に歌詞を替えてそう歌ったところからお誕生日を祝う歌になった」という話をしていました。わたし的にはたいへんタイムリーで興味深くききました。にしても、Twitterでは「#第34回若林正恭生誕祭」なんてタグもできていて、えらい人気者になったものだな~。

c0069036_23541988.jpg
うちの玄関のディスプレイ、なう。

もみじをさしている一輪挿しの備前焼は10年くらい前備前焼教室で作りました。わたしとAちゃんとしっかりもののKさんの3人で通っていたのです。Kさんは器用で先生にも褒められるような作品を作り上げていましたが、わたしの場合ろくろを廻していたら必ず途中で先生が手を出してきて(多分見ていられなかったんだろうなあ)、毎回毎回先生の作品を持って帰ってました。よってまったく自分で作品を作り上げた達成感を味わうことなく、教室の期間を終了しました。でもAちゃんいわく、「それでもまだいいよ、わたしなんて先生も手伝ってくれず、ひどい作品ばっかりできたわ。」

ああ、なつかしい。三人とも若かったわ、とこの備前焼をみるたびにそんなことを思い出せるので、あるいみ大切な作品ですね。裏に自分の名前をぬけぬけと入れているのを「いやいや違いますけど」と毎度つっこんでますが。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-22 00:05 | 戦いの日々 | Comments(0)