上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:家族 ( 276 ) タグの人気記事

出口の見えない看病生活が続くと、助け合わないといけない運命共同体内に小さな亀裂も入ったりします。姉の態度に「ほんと、口ばっかりだなあ」とキレ気味の今日この頃。いや、地元の病院に入院中は住まいが近い姉がずっとがんばってくれてたんだけどね。

「忙しいんよ」と言う姉に対して、思わず「なにそれ?あたしだって忙しいよ」と返してしまう自分のダメさに落ち込む。

人間の弱さを思い知らされる反面、人間の強さに改めて感心させられるもあり。ずっと父同様に食事が取れなかった母ですが、「10日たったら病院で食べられるようになった!今日なんておとーさんが吐いている隣りでご飯食べてたもん」というたくましい報告をしてくれました。って、吐いてる隣りで食べなくてもいいでしょうよ。

実は今日は母の代わりにわたしが泊まる気持ち満々でいろいろ準備して行ったのだけれど、「あんたじゃ無理、だって寝るでしょ。」と拒否されました。そりゃ寝るよ、どんなとこでも寝られるんだもん。

高級和菓子(いつも買うお店じゃないの、奮発した!)を買って行ったけれど父は寝ていたので、「食べちゃおうか」と母とふたり簡易ベッドに並んでいただきました。
c0069036_23292338.jpg
桜餅とうぐいす餅。どちらも上品な甘さでした。小皿に取るわけでもなく箱からそのままがぶりと。父にはまた改めて買っていこう。

わたしが帰る頃目覚めた父に、「気をつけて帰れよ。横からの飛び出しに注意しろよ。」とまたもやウィンクで見送られました。

相方との定期CALLでは、母のタイヘンさについてしょっちゅう訴えているんだけれど、今夜相方がふと「うちのパパだってずっとだよ」とつぶやいたのでドキッ。そうでした。義母は相方が高校生の頃足が不自由になって以来20年間車椅子生活。それを義父がずっと支えてきているのでした。「ひどいケンカもしていたよ。」と寂しげに言われて、自分だけが不幸の主人公ぶっていることを反省いたしました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-10 23:40 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)
昨夜ブログをUPした後くらいからどんどん悲観モードに陥り、相方と話しているうちに極限状態に!

もとはというと、頼まれて送ったメールを彼が「まだ見ていない」とカンタンに言ったことが発端で、「あたし今ギリギリで生きていて、そんななかでメールをやっと送ったのに!」と叫んだら、「ボクだってぎりぎりだよ」と返された。自分が好きなことやるために傷心の妻を置いて行って、何がギリギリだよーっ!と爆発。父の病状を訴えながら絡みまくって号泣、という・・・。父のこと持ち出すのは掟破りだよなあ。いつもいつもすまぬ。

まあ、わたしの場合号泣5分で、あとお風呂はいったら立ち直るんですけどね。

相方は「●ちゃん、泣きたくなったらまた電話してきて」とやさしかったです。

「ぎりぎりで生きている」と言い合っているとき、実は若林くんの♪Real Faceが脳内再生されたのはナイショです。
c0069036_23344243.jpg

昨日、姉とふたりで4人部屋の窓際の部屋に移してもらうよう看護師Sさんにお願いしていたのに、朝母から「看護師長さんからふたり部屋の窓際しか空いていないと言われた。差額ベッド代がかかるらしいんだけど」と連絡があって、Sさんはおそらく大丈夫と言っていたのに老人相手だからなめてるのか!とまたもやヒートアップ。個室ならともかく差額ベッド代払ってふたり部屋に移る意味がわからん、とわたしから病院に電話しようと思ったけど、結局母がちゃんと交渉して4人部屋の窓側に替えてもらってました。

夜仕事を終えてダッシュで病院へ。新しい部屋の様子を確認しておかなくちゃ、ね。簡易ベッドも貸してもらえていて(以前の部屋だと置けるスペースがなかった!)、母の住み心地(暮らす気満々)も格段にUP。父もベッドから空の色が見えると気分が変わるかもしれない。簡易ベッドに母と二人並んで座って、わたしが淹れてきた熱い中国茶を飲みながら今日一日の父の様子を訊きました。

30分くらい居て、「おとーさん帰るよ」と言ったら、「気をつけて帰れよ」とウィンクをして見送られました。おお、いい調子かも・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-08 23:48 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)
土日ったって、ほとんど病院に居るんだけれど、それでもブログはUPします。自分の記録のために。

今朝は目覚めたら9時過ぎ!大慌てで準備して病院に向かったら、せっかく淹れた熱いお茶や、紙カップなどを最後の最後に忘れて行った・・・。疲れてるな、わたし。

父は昨夜もひと仕事(荷物をまとめて家に帰ると騒ぎ、そうこうしているうちに痛みが出てきて「センセー!」と大声で叫ぶという一連の流れ)をしたらしく、薬でうとうとしていました。朝食も当然取っていないというので、和菓子屋で買って来た好物の桜餅を出したら1個ペロリ。
c0069036_2019565.jpg
桜餅と桜大福のセットを買っていきました。夕方には大福の方もひとつ食べてくれ、買って行った甲斐もあるってもんです。

午後から姉が来たのでタッチして帰ろうと思っていたら、新しく担当になってくれるという看護師Sさんが「話をしたい」と言われたので、結局夕方まで居ました。日中、母は実家に帰ってお風呂にはいったり、必要書類をそろえたりしてからまた義兄に送ってもらって病院に戻ってきました。

Sさんに「窓際の部屋が空いたら替えてほしい」という要望を出したら、明日には替えてもらえるようです。外の明るさを体感しながら人間らしく一日を過ごしてほしかったので、ひと安心。母が泊まるにしても、今より少しスペースが広くなるので簡易ベッドが置けるし。

ほんのちょっと前まで、日曜日のこの時間は実家から野菜やお米をもらって「親が元気でシアワセだなあ」なんて思いながらマンションに帰っていたのに・・・。

先ほど母から、父が晩ご飯を半分ほど食べた、という報告電話がありました。こんな報告で気持ちが少しあがる、という日々であります。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-07 20:41 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)

ひたすらにGo to Hospital

本日会社では休日イベントが開催されていますが、わたしは不参加、Go to Hospital でございます。母とふたりして朝からチオビタ飲んでから出動。

母は「最高によく眠れた!」とすっきり目覚めてはいましたが。そりゃ、病院2連泊後だしね。「おかあさん、前うちに泊まった時もそう言ってたよ」と言ったら、「記録更新!」だそうです。

ひとりにしていた父の様子が心配でしたが、点滴の管を勝手に抜いて、パックの半分くらいを床にこぼしていたくらい(!)だったようです。あわわ。というわけで、母は今夜は付き添うとのこと。
c0069036_15385489.jpg
雨の土曜日。病院の駐車場の植え込み。

土日は治療がないので、朝からずっと寝ていました。食べていないからますます痩せちゃって・・・。その姿を見ると心も折れますが、それでも食べられちゃうわたし!
c0069036_1540295.jpg
近くのローソンで調達してきたチキンと野菜の具沢山サンドイッチをフロアの休憩室でパクパク。

休憩室ではアスペクト患者のおとーさんたちと相変わらずの歓談。でもいちばん仲良しだったおとーさんは日曜日に退院されたので寂しいです。

近所の書店で買って来た雑誌も斜め読み。
c0069036_1543797.jpg
完全なる付録目当てと表紙の永作ちゃん買い!春物ファッションページを見て、かわいいなあとは思っても今わたしの外出先は病院だけだからなあ・・・。

お昼過ぎにやっと父の脳が覚め、固形物をちょっとだけ口にし、「気をつけて帰れよ」と声をかけてもらったので安堵して病院を後にしました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-06 15:47 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)

病院での楽しみは

病院2連泊の母を連れて帰るため、午後から病院へ。「おとーさん、今日はおかーさんを連れて帰るよ。また明日一緒に来るから」と言っても、うなづかない父。拗ねてるし・・・。でも、看護師さんによくよくお願いしてから、母と一緒にマンションに帰りました。

昨晩むくっと起き上がって帰り支度をしながら「●の家まで歩いていくのに道がわからない!」と言っていたらしい。ということは、母が帰ることに対してではなく、自分も一緒に娘のマンションに行きたかったのにひとり残されることに対してのあの表情だったのかもしれないね、とふたりで納得しあいました。

頑なに父のソバを離れようとしなかった母も、うちに来るとちゃんと食事も取るし、「いったん病院を離れたら割り切れるね」と言っていました。

看護生活も3週間となり、母も姉もわたしもそれぞれくたって来ています。先は長いので、無理をしないようにしないとね。会社も年度末で忙しく(利益に直結しないことばかりで忙しい!)、そろそろ休みにくくなっているけど、「実はわたし第一の限界が来ているな」と判断して、午後から休んじゃったのです。

そして、母とわたしの病院での楽しみは、オトコマエの看護師Tちゃんです。母「今日、Tちゃんだったわ。本当によくしてくれるわ」 娘「うん、さっきすれ違った!やっぱりかっこよかったわ」なんてふたりできゃっきゃっ言い合ってます。ま、父も父で、もう少し頭がしっかりしていた頃、看護師さんたちに悪態をついていても、超美人の実習生ちゃんが来たときは笑顔をみせてたというから、似たもの家族ですね~。
c0069036_212740100.jpg
保冷材を洗って乾かしている図!父の病室には冷蔵庫がないのでクーラーバックにドリンクを入れてます。そのための保冷材の山。

相方とは一応毎晩連絡しあっています。昨夜はパトロンいや元上司(50代日本人男性)と焼き鳥やで飲んでいたようで、ご機嫌でした。「早く相談してくれたら出資したのに!」とサポートしてくださる気満々のご様子。ありがたや。でも「今のお店が成功して2号店を出すときにはお願いしよう」とふたりで言っています。少々疲れ気味だった相方も力強い後ろ盾の存在にまた気持ちがあがってきたようです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-05 21:37 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)

笑いのチカラ

父の病状報告に小さな希望を見出したり、でもやっぱり凹んだり、連泊で付き添う母を心配したり、でも娘のいうことをまったく聞かないので腹を立てたり、自分がこんな状態で社会貢献を謳う仕事なんかしてられないと思ったり、でも打ち込める仕事があってシアワセだと思いなおしたり・・・、心は乱れて続けております。ついでにいうと、昨夜の相方の声のかんじがちょっと違っていたので(女の勘というやつですか)疑惑を抱いて落ち込んだりもしています。

それほど乱高下というわけでもないし、基本は中くらいの気分状況を保っているので、周囲にはわたしがいたって淡々と日常生活をこなしているように映っているかもしれません。
c0069036_2249314.jpg
ケンタッキーの新CM、最後のワンショットのかわいさったら!こういうのみてパワー充電しています。

最近、「笑い」がいろいろなことから救ってくれる、というのを実感しています。本当にオードリー、ラブ!

今日のお昼はケンタではなくマックで。ニューヨークバーガーが食べたかったのに、もう販売終了していて、ハワイアンバーガーをいただきました。ガーデンサラダとオレンジジュース
c0069036_22515322.jpg
美味しさのひとかけらも伝わらない写真ですね~。

確定申告会場に申告用紙をまた取りに行って(前回取って来た分は記入ミスしてしまった)、帰りにマックに寄りました。チームメイトから借りている東野圭吾を読みながらひとりランチ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-04 22:58 | 戦いの日々 | Comments(0)

政令26業務って何かね?

ドクターの説明を聞くために「17:30には絶対病院に来ていてよ!」と母から要請され、フライング退社しました。

仕事中もさすがにテンションが落ちる瞬間があり、「政令26業務なんて今のあたしにはまったくどうでもいいことだわ」とか投げやりになるんだけれど、それでもお昼ごはんも食べず、人選をしたり、ミーティングの設定をしたり、ぎりぎりまで働きました。やらなければならないことがあるから心を強く持てるということもあるし、今の仕事、ポジションがあるから親の看護もできるわけで、今の環境に感謝しています。(でもけっこうぎりぎりで動いているから本当はもうちょっと休暇がとれればいいんだけれど、なんせ年度末ですから・・・)

いったんマンションまで戻って車を出す前に病院に居る母に電話をしたら、「今おねえちゃんが先生の話をききに行っている」と。時間変更になったみたいです。また姉ひとりに説明をきいてもらうことに、おねえちゃん、ごめんなさい。「でも絶対来てよ」と母がいうので、「わかっとるわ!」と半ギレで答えて、車で向かいました。お昼食べられなかったので、サンマルクカフェの卵サンド(ラブ)を運転しながら食べました。「なんでこの状況でおなかがすくの?」と自分につっこみつつ!

病室に着いたら、父は昨日から何も食べていないので、さらにやつれていて、その姿に衝撃を受けました。覚悟を決めて姉からの説明を聞いたところ、決していい話ではないけれど、サイアクの報告ではなかったので、少しだけ救われました。もうしばらくは父と一緒に居たいから。

昨夜母が泊まりで付き添うと聞いた時点で、今夜はうちへ連れて帰ろうと決心していたのですが、一応母に「おねえちゃんちとうちとどっちに来たい?」と訊ねると、わたしを指差したので予定通り一緒に帰りました。そりゃあ、娘ひとりだけの家の方が気を遣わないでもんね。

病院では暗かったり、怒りっぽかったりする母(父同様、食事を取らない!)も、わたしの車に乗ったとたん平常に戻り、晩ご飯も一緒に食べました。

今まで好き放題自由に飛びまわっていた次女は、ここのところかなり両親と時間を共有しております。
c0069036_22212818.jpg
1年前、実家の庭で撮影しました。そういえばしばらく実家に帰っていない・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-02 22:22 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)
昨日、相方は義妹と一緒に義妹マンションの近くにある玉佛寺に行ってきたとか。夏休み@上海にわたしも行きました。
c0069036_21241822.jpg
c0069036_21245047.jpg
c0069036_21251031.jpg
c0069036_21252128.jpg

おそらく商売繁盛を祈願して、なんでしょうが、「●ちゃんのパパのこともお願いしておいたよ~。」と言ってました。「ふーん、神様(仏様か?)なんて言ってた?」「大丈夫、うまくいくって言ってたよ。」気休めでもそんな話をぐだぐだしていると救われます。

しかしながら、今日も父は食事をほとんど取らず、点滴生活に突入です。母はまた泊まり付き添い・・・。母も同じようにほとんど食べていないという・・・。「なんであのふたりは言うことをきいてくれないの」と姉と嘆きあってます。「ところで、おねえちゃん食欲ある?」「わたしはがっつり食べてるよ。」「うん、わたしも。いくら父親の具合が悪くてもおなかは空くもん。うちら薄情な娘かな?」「いや、わたしらが倒れたらどうにもならないよ。」

だって、わたし、自分の血液検査で、サイアクの事態も予想された結果を知らされた日も食べられなかったのはその日のお昼だけで、晩ご飯はもうふつうに食べてたもん。

今日は会社から帰って、モッツレラチーズとトマトとブロッコリーのパスタ(アンチョビオイル)を作り、しっかりいただきました。

明日の夜は内科のドクターの説明を受けます。コワいよ~。でもちゃんと向き合わないと、ね。

お昼休みに確定申告の書類を特設会場に取りに行った帰り、地元のNHK放送局のロビーに大輔くんのパネルを発見(実は外勤営業女子から情報を得ていました)。「撮ってもいいですか?」と受付のおねえさんに許可を得て、携帯カメラでカシャ。
c0069036_21381915.jpg
大ちゃん、ほんとによかったね~。テレビでも特集されまくりだもの。今まではフィギュアといえば女子ばかり取り上げれていたのに・・・。今回、大ちゃんの演技で感動を受けた人がどれだけ多かったか、ということですね。

にしても、このパネル、つくりがカンタン過ぎやしませんか?
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-01 21:44 | 国際別居婚ライフ | Comments(2)

微熱親子

昨夕母をマンションに連れて帰り、今朝一緒に病院へ。義兄と姉も来て、にぎやかな病室になりました。母、姉、わたしという女三人だとたわいもないぐだぐだ話しかしないんだけれど、義兄が来て、「おとーさん、車の検査どうする?どこに言おうか?」などという日常業務の話をしていると父もしっかり受け答えしてました。女三人だとただかしましいだけですね~。愛する孫(姪っ子)と電話で話もできて、少しは気分も晴れたのかな?
c0069036_1941295.jpg
お昼は病院近くのセルフうどん屋さんへ義兄と姉と三人で。わたしはかけうどん(小)にオプションはきつねあげ、半熟卵天ぷら。旨かったです。

父は微熱があり、「おとーさん、ちょっと熱いなあ」と手を触っていたら、「おまえも熱いんじゃないか?」と言われ、「そういえば昨日から体がだるいかも」と思って、父の体温計で計ってみたら37.1度の微熱。ついでに母も計ってみると37.2度。親子揃って熱出してました。(病室が暑いからかな、と思って姉も試しに計ると36.1度だった!)

姉たちが残ってくれるのでわたしはお昼過ぎに帰る。帰宅してビタミンウォーター飲んでお昼寝したけれど、微熱は下がらず。緊張状態が続いているのかもしれません。

相方とはマメに電話&Skypeで連絡を取っています。上海に居る彼は生き生きとしています。元上司(日本人。相方が日本で就職すると決めたときすごく引き留めてくれたので、妻は「愛人か?」と疑ったのでした。男同士だけど)に「帰ってきたよー」と報告したら、「仕事はどうするんだ?」と訊かれ、お店の話をしたところ、「お金はあるのか?出資しようか?」と言ってくれたらしい。(ますますパトロン臭が・・・!)

「出資してもらうならきちんと形にしてからだと思っている」と相方。「まず儲けは第2で、味とサービスで信頼されるお店を作ることを目標としている」発言もあり、「えらいっ!松下幸之助かと思ったよ~。さすが!」と褒めまくっておきました。当分収入ゼロ生活、というか借金生活なので、わたしの給与に付き始める「扶養手当をおこづかいとして渡そうか」と言ったら(甘い妻ですかね?)、「要らないよ、大丈夫だよ」と男気ある返事も返ってきました。

そんな相方と話しているときと、女友達Mちゃんからのメールに返信するときに涙が・・・。なんだろうなあ、「わかってくれている人」への安心感から一瞬緊張が解けるのかなあ。

2月も今日で終わり、バンクーバーオリンピックも閉会ですね。どんな3月になるのでしょうか。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-28 19:58 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)
本日相方は上海へ。というわけで、なにげにブログのサブタイトル・説明文を変更しています。今の状況じゃ上海通いはままならない気もしますが。

なんだか身の回りで起こっていることすべてに現実感がないです・・・。

昨夜遅くかかってきた相方からの電話で、あまりにも「大丈夫かなあ」とわたしの心身を心配されるので、「大丈夫だよ~」と答えながらも心の中で「いや、本当は大丈夫じゃないかも」と叫んでいたら、父の病気発覚以来いちばん長く泣いたかも。といっても5分くらいね。

泊まりで付き添いをしている母のことも心配で今朝早く病院へ。給湯室で持参したカセットコーヒーに熱湯を注いでいたら、母が「携帯鳴ってるみたい~」とわたしのバッグを持ってきました。電話は相方からで、「ちゃんと起きて、もうすぐ(関空行き)のバスに乗りに出るよ」という報告でした。毎度毎度、空港バスに乗り遅れるのに、妻がこんな状態だから「しっかりしなきゃ」と思ったのか、珍しく早めの行動を取っていました。やればできるコじゃん!(でも洋服を入れたバッグを部屋に忘れてきたらしい!同僚に電話して保管してもらった、とか。)

今日の父の調子はまずまずで、「おとうさん、これから出勤するから帰るね」「気をつけて行けよ」と見送られて30分くらいで病室を後にしました。その後コーヒーも飲んでくれたみたいです。

1時間遅れのタイムシフトで出勤後はバタバタ働きました。お昼に行きそびれて時間をずらして、梅おろしうどんを食べに行ったら、ちょうど女子フィギュアFPの中継中。安藤さんからヨナちゃん、真央ちゃん迄の演技をみました。にしても、ヨナちゃんは強かった~。素晴らしい!

明日は少し朝寝をして、午後からコーヒー持って父のところへ行きます。相方は店舗とマンション、両方の内装にとりかかるようです。

2010年2月最後の週末。まさかこんな状況になっていようとは!
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-26 23:18 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)