人気ブログランキング |

上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

気力も体力も

昨夜あれから胃痛はさらに悪化。相方から電話があったときは「うーっ」と唸っていました。実は彼は会社に提出する「実績&目標シート」の締め切り前で、「●ちゃん、大丈夫?早く寝てー」といいつつも、(でも、シートは直してほしいんだけどぉ)という思いとのせめぎあいがこちらにも伝わってきて、愛の力で彼のシートを修正したのでした。

修正し終えて寝ようとしたら、数分おきに胃をぐわっとつかまれるような痛みがやってきて、電気あんかと湯たんぽをダブルで抱えていても体がどんどん冷たくなっていって、「このまま死んじゃうのか、あたし」とマジで思っていました。

今朝になって痛みはだいぶんおさまっていたけれど、ダメージ大きく、会社は休むことに。午後からは出勤するつもりだったけれど、お昼が来てもどうしても起き上がれず、結局一日休み。以前なら午後からは会社に行けたはずなのに、体力も気力も弱っている自分にショックを受ける。

15時過ぎにやっと起き上がって、どうしても返品しないといけないものがあったので近所の郵便局へ出かけました。朝から飲み物しかとっていないので、ゆうパックの住所書くのも脳は働かなくてぐだぐだでした。その後、食料を調達して帰宅。そのままベッドに直行してまた寝ました。

次に起きたのは21時半、彼からの電話で。「●ちゃん、何も食べていないの?欲しくなくても何か食べて。胃にはピーナッツがいいよ。お粥炊いたら?」料理する気力もなければ、圧力鍋を持つ体力もありません。「●ちゃん、からだボロボロやんかー。」と変な大阪弁で言われたけれど、本当にボロボロです。
c0069036_2385055.jpg
病人用のラインアップ。でも本日口にしたのは、DAKARA、フルーツジュース、ホットミルク、クッキー2枚のみ。食べるとまた胃が痛くなりそうで怖いです。
by yu_ppie66 | 2009-03-12 23:13 | 戦いの日々2 | Comments(0)