人気ブログランキング |

上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

4月22日(水) ◆入院5日目・術後3日目

6:30 起床 ロキシニンが効いてよかった~。麻酔薬はとっくになくなっていて、ただ刺しているだけの背中の針を早く抜いて欲しい。でもこの硬膜外麻酔のおかげで術後の痛みをまったく感じることなく過ごせました。昨日とってもやさしい麻酔科のドクターが巡回に来てくれたときに、感謝の気持ちを述べました。「でも身体がかゆいんですけど」と訴えたら、「痛みを感じさせないと同時に、かゆみを感じる神経を刺激するのでかゆいと感じる方も居ますがアレルギーとかではないので、麻酔薬が切れたらかゆみもおさまります」とのことでした。

8:00 朝食
c0069036_1325079.jpg
今日から完全並食。ポタージュスープ/サラダ/食パン2枚/ブルーベリージャム&マーガリン/バナナ

食パン2枚はムリでしょ。ということで、1枚だけトーストしに行きました。(この時点ではまだ背中に針がはいっているので、薬の容器(薬はもうないというのに!)を首からさげて、レンジやトースターが置かれているコーナーまで。

8:35 「今日もぎりぎりかな」と思っていたら、わりと早く主治医が巡回にやって来てくれたので、「先生、背中の針が痛い~」と訴えて、速攻抜いてもらいました。これですっきり~。シャワー&シャンプー解禁♪
c0069036_13461549.jpg
ってことで、この写真。手術して43時間後、ピース!
c0069036_1349943.jpg
「毎日でもお見舞いに行くつもりだったのに東京出張になっちゃって」と言われていた、会社の先輩からお花が届きました。わたしのテーマカラー(?)、黄色でアレンジしてくれたらしいです。嬉しい!

お花の隣りは病院から貸してもらえる保温ポットです。これに温かいお茶を入れてくれ、術後48hは係の人が補充に来てくれるという至れり尽くせりの待遇。わたしは動けるので辞退しました。ポットには熱湯を入れておいて、好きな飲み物を飲みたいというのもあり・・・。ドリップ式コーヒーとか、MUJIのほうじ茶パックとかもろもろ持参していました。シャワーを浴びた後、カフェオレを作ってレンジで温めに行き戻っていたら、受付のところにこの花を持ったお花屋さんが居て、「いいなあ、ああいうお花が届いたら嬉しいなあ」と横目でうらやましげにみて通っていたのですが、そのお花が自分のところに来たのでめちゃくちゃ感動しました。

12:00 昼食
c0069036_13572767.jpg
ミートローフ/野菜サラダ/筍と蕗の煮物/ごはん/漬物 

14:00 同僚Tちゃんがお見舞いに来てくれました。「何か要る物ある?」「おっさんの読む雑誌」とリクエスト。
c0069036_1445551.jpg
ナイスセレクトですね~。

会社の状況をいろいろ報告してくれて、「会議始まってる・・・・」と帰っていきました。まだ有給休暇3日目なのに、随分別世界の気がします。

18:00 夕食
c0069036_1475310.jpg
ギセイ豆腐/こんにゃく煮物/大根サラダ/ご飯/漬物

ごはんは1/3く食べて、残りはおにぎりに。
c0069036_14114664.jpg
手術の日に、梅干と海苔を母が持ってきてくれてました。夜食にしようと思ったけど、昨日姉が買ってくれていた菓子パン(「身体に悪そう」byTちゃん)を食べちゃいました。

術後はすこぶる順調。痛み止めも昨夜のロキシニン2錠だけで、もう必要ありませんでした。
by yu_ppie66 | 2009-04-22 23:58 | 2009初夏療養の日々 | Comments(0)