人気ブログランキング |

上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

大晦日前日~上海到着→南昌までの道のり~

地元の空港は晴天ながらも離陸前には雪花が舞う。そんななか、飛行機は飛び立ち、いよいよ春節休暇の始まり~。

定刻で浦東国際空港に到着したものの、預け荷物がなかなか出てこなくて1時間近く待つ。出てくるのはアムステル便からのものばかり。AMSというラベルのついた荷物をえんえん見送りました。やっとMyリモアをピックアップし、リニア→地下鉄7号線で上海公萬へ向かう。最寄り駅到着6駅前くらいで夫に電話し、「あと3駅で着く」とさば読み通知。

無事、駅に着いたら車で迎えに来てくれていました。しかし、なぜか左脚を引きずってる!「ど、どうしたの?その足?」なんでも実家へのお土産の果物を大量に買って運んでいたら足元が見えなくてぐきっとやったらしいです。どうやら捻挫みたいで、保冷材を足首にくくりつけてました!あいかわらずやらかしてくれますね~。

公萬で荷物を整理し、実家へ持っていくものを準備して(あれほど、「パンツ×4、靴下×4、Tシャツ×4だけは用意して置くように」と指示していたのにまったくできていなかった!)、簡単に食事をしてから南昌へ出発。

パンツ類の準備とともに車のメンテナンスの指示も出していたのに、そのときになって「そうだ、タイヤチェックしよう!」と動き、結果「左後輪タイヤに釘がささっている」のを発見。我的天!このままじゃ高速道路は走れないのでいつもの修理屋さんに向かうが既に正月休みに入っているのかお店は閉まっていて、、「もう、なんでもかんでもやることが遅いんだよぉ」と妻キレる。

ウロウロしてわたしが大きめの修理工場が開いているの発見。60元で修理してもらいました。助かった~。
c0069036_1238292.jpg
くわえタバコで作業中。火気のある現場だと思うけど・・・。でもプロの仕事でした。超ポジティブ夫は「大きいところでしっかりみてもらえたらから安心だねえ」なんて言ってました。

このときすでに16時。予定よりずいぶん遅れての上海出発となりましたが、実はこれがラッキーだったのです。この工場で待っているとき、先に南昌に出発している義妹から電話があり、「こっちは雪がすごいから、ちがうコースを取ったほうがいい」とアドバイスをくれました。
c0069036_12511737.png
もともと予定では深夜「黄山」で一泊しようと思って、Aコースで行くはずでしたが、Bコースへ予定変更。(実際義妹たちはたいへんな目にあって、結局黄山までもたどり着けず、杭州に引き返して深夜到着した杭州で一泊してから南昌にやってきた!!)

とはいえ、Bコースもかなり危険でした。わたしたちが乗ってまもなく、高速道路は閉鎖。100台以上の事故車を横目に恐怖と戦いながら進みました。

途中、ハムで有名な金貨市のSAで休憩。近年の日本のSAの充実ぶりに慣れている身としては、「中国のSA事情ってどうなの?トイレは使える?」なんて心配していたんだけれど、没問題。とってもきれいでした。
c0069036_1259298.jpg
c0069036_12595189.jpg
あんまんは高くてまずかったけど・・・。おでん4本、あんまん、野菜まんで20元、夫が頼んだ定食44元。計1,000円弱。「上海の3倍価格だね~」と言い合う。

金貨を出てからも雪道との戦い。助手席のわたしは「きゃあきゃあ」言うだけだけど、運転手は相当神経をすり減らしたことでしょう。「もういっきに南昌まで行くよ!」ということで、上海を出てから12時間後の早朝4時、南昌南のインターを降りました。しかしそこから市街までを迷い、途中UFOが降り立つような工場地帯で行き止まったり・・・。とても現実とは思えない世界が広がっていました。なんどか人に訊きながら(既に早起きの人が活動しはじめてました)、やっと市街地へ。

実家近くのビジネスホテルに早朝5時前にチェックイン。とりあえず無事到着できたことに感謝。
by yu_ppie66 | 2013-02-08 12:05 | 2013春節南昌(ちょこっと上海) | Comments(0)