人気ブログランキング |

上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2012年 09月 29日 ( 2 )

うちの会社が出店したショッピングモールまでちょい遠出。いつも年末にご馳走をしてくれるKさんが出勤しているというので、相方にも「いつもお世話になってます、と挨拶してね。あ、シャツのボタンを一応留めてよ。」とお願いしたら、「シャツが裂けそう」と言いながら、おなかあたりの2箇所を留めてました。

しかしKさんには会えず、メインで常駐するスタッフさんにあいさつだけして、ショッピングモール内の書店へ移動。2時間くらい滞在しました。

相方が買った本。
c0069036_17364948.jpg
電子工作系のマニュアル本です。高いっす!この3冊決めるのにたいへん時間がかかり、わたしは待ってる間にフィギュアスケート本でも立ち読みしようかと思ったらしっかりビニールがかかっていた・・・。彼が大阪時代に訪ねていたあっちの店舗の書店ではしょっちゅう座り読みしてたのになあ。大ちゃん熱ピークの頃、懐かしいです。

わたしが買ったのは2冊。
c0069036_1741068.jpg
文芸誌『群像』のバックナンバー。本谷有希子さんの特集があった際のバックナンバーの取り扱いがこの書店にあるという情報を得ていたので、せっかくだから店員さんに尋ねて購入。実はわたし、本谷さんになかなかはまらないんですけど。

もう1冊は、間取りマニアにはたまらない『間取りの本』(株式会社エクスナレッジ,2012)。「コレ買う。」と相方に見せたら、「いいね!」と即答。インテリア雑誌好きなのは共通です。

もう一度うちの店舗に寄ったがやっぱりKさんは居ない。常駐スタッフさんは「打ち合わせみたいです。」と言っていたけれど、相方は「Kさん、さぼってるな」と断言してました。(あとから電話があったKさんにこの話をしたら「打ち合わせ!!」と憤慨してました。)

14時前になっていたのでお店を出て、帰り道の回転寿司屋で昼食にしました。
c0069036_17515786.jpg
最近はめったに回転寿司に行かないけれど、システムがどんどん進化しているので驚きます。食べ終えたお皿を回収するごみディスポーザーのようなものがあって、5枚に1回スロットゲームなどが始まり、当たるとガチャガチャがもらえるという楽しいしかけもあります。13皿+アサリの赤だしをいただいたので2回ゲームができ、1回「大当たり」が出ました。きつねうどんのキーホルダーGet・・・。「高松空港発着記念になったじゃん!」「・・・。」
by yu_ppie66 | 2012-09-29 18:07 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)
残業していたら夫が帰国中なのを知っている同僚から「早く帰らなくっていいんですか?」と気遣われる。「いやいや、晩ごはん作っておくからしっかり働いて帰ってくるように言われてるから」と答えると、「ダンナさまがご飯作ってくれるなんて」とはげしくうらやましがられるけれども、家に居て、時間があって、料理が得意なほうがそりゃつくるでしょう。

20時半に帰宅、いいにおいがしていたけれど、完成にはしばらく時間がかかりそうだったので、母や姉に電話したり(調理中の彼にも会話させる)、アメトーークSPを観たり、「シェフ、まだですかぁ?」「お待たせして申し訳ありません。お客様もう少々お待ちください。」というミニコントをしたりして待つ。

21時過ぎ、やっと「いただきま~す!」
c0069036_811143.jpg
本日のメニュウは、やきとり(皮とごぼう、はつ、肝というツウなラインナップ)と鯛のかぶと煮。うましっ。「お店の味だねえ」まあ、日本料理店でお客さんに出す料理を作っていた人の得意料理なので、美味しいのも当然なんですけれども。

しかし、かぶと煮をつくるのに、わたしがとっておきの日に飲む用にストックしていたアサヒスーパードライを投入していたのが発覚、「料理に使うんだったら第3のビールにしてよ!隣りにあったでしょうが。」と叱るが、「いや、美味しく作るんだったら本物のビールを使った方がいいんだってば」と譲らない料理人でした。

c0069036_8145581.jpg
冷やしていた方のスーパードライで乾杯したあとは、ポルトガルワイン。
c0069036_8162536.jpg
女の子苦手芸人の若林くんを夫婦ふたりで「かわいいなあ」と観ながら飲み食いしてました。

しかし、普段ありえない量の洗い物とかキッチンの片付けに時間がかかり、食後のフルーツとお茶を準備した時点で1週間のハードワークの影響もあり体力の限界!「もう無理、疲れたぁ(片付けまでやりなさいよぉ、これは心の声、でもちょっともれたかも)」と叫ぶと、「ごめん、ごめん。お疲れ~」と口だけのねぎらいを受けました。
by yu_ppie66 | 2012-09-29 08:31 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)